TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 官僚たちの夏 第6話

'09,8,9放映 TBSテレビ系

『官僚たちの夏』第6話「公害問題」 あらすじ&感想
昭和36年、企業局長となった風越は貿易自由化に備えて、国内産業保護法案を提案。
玉木ら国際通商派は、日本の国際化が阻まれると考えこの法案に反対し、逆に石油の
安定供給確保を目指した石油開発基金を提案する。池内総理も保護法案成立を阻もう
と玉木たちを後押しする。

そんな中、東京経済新聞の西丸が、産業発展の光と闇、として公害問題を記事に取り
上げる。風越ら国内産業派は産業育成を第一に考え、公害問題を軽視していた。対し
て玉木たちは問題の深刻さに気付き、局長会議にて公害対策法立案を緊急提案する。
風越は玉木らが産業保護法案の阻止の為に公害問題を利用していると非難する。

しかし、製紙工場からの排水で汚染された川を視察した、山本真が用意した公害問題
の実態報告を見た風越は、自らの認識が間違っていたことに気付く。自宅を訪れた玉
木に風越は手をついて謝り、共に公害対策を最優先で取り組むことを決意する。

丸尾は抵抗を示すが、風越は公害対策委員会の委員長に玉木を推し、委員会は玉木ら
を中心に進められる。委員会は玉木の案を基にして「公害三法」を創案、成立に向け
て動き出す。

風越は丸尾から産業保護法案を急かされたが、更に牧から玉木の公害対策案の不備を
指摘される。牧にはその不備の補完と同時に産業保護法を活かす妙案があった。
玉木は日本企業が中東で掘り当てた油田の視察に旅立ち、玉木不在の中で始まった局
長会議で風越たちは「全国工場再配置案」を提出する。

川に排水を流し続ける製紙工場との度重なる交渉、そして工場再配置計画への融資を
求める政財界への折衝は困難を極めた。結局、銀行からの融資は付かず、工場再配置
計画は全額今年度予算から賄う他無い事態となった。須藤通産大臣は公害対策一本に
絞り、他の省内新規予算請求は切ることを決意した。

数日後、極めて順調に視察を終えた玉木が帰国するが、石油開発基金が来年度に回さ
れたことを聞き、愕然となる。池内総理に接触し、工場再配置計画の阻止を訴える玉
木たち。

須藤大臣の粘りもあり、予算案は大臣折衝に持ち込んだ。これで予算獲得は確定、と
思われたが、池内総理の横やりで工場再配置計画は予算を付けられなかった。怒りに
震え、池内総理に抗議する須藤大臣は内閣と袂を分かつ決意を固める。

意気消沈する通産省内で、丸尾に対し、「国内産業保護法案を本気で通す気なら、人
事で大ナタを振るわないと、また足元をすくわれることになる」と忠告する須藤大臣。

丸尾は忠告を忠実に実行した。玉木を呼び出し、天下る桜塚の後任として特許庁長官
の任に付くよう告げる。「なぜ、私が」呆然とする玉木。

この人事を片山から聞かされ驚く風越。「俺は誰と喧嘩したらいいんだ」風越の言葉
に寂しく微笑む玉木。だが、去り際にうめくように言う。
「僕だって、日本を一流国にしたくて必死になってやって来たんだ。お前と、同じ
 山を登って来たつもりだよ…ただ、道が違ってた」
「後は頼むぞ、ミスター通産省!」
玉木は一人、去っていった。
----------第7話に続く


公害問題。私が小学生の頃は、まだ夏には光化学スモッグ注意報、なんてものが頻繁
に出て、運動場で遊んではいけません、なんて言われたものです。最近聞かないなあ。

ドラマに出て来た「元浦製紙」のモデルは「本州製紙江戸川工場」です。製紙業界は
吸収合併を繰り返しており、現在、本州製紙は王子製紙株式会社に組み込まれました。

「黒い水事件」として漁民たちが海を守る為に工場側と揉めた描写も、実際に乱闘事
件が起きています。
「本州製紙江戸川工場事件」として知られているそうですが、排水による汚染の早い
段階から漁民たちは抗議を行ってきたものの、本州製紙は行政による中止勧告を無視
して操業を続け、ついに汚染に業を煮やした漁民が昭和33年6月、工場に乱入。工場
が要請した機動隊と衝突して漁民から重軽傷者105人、逮捕者8人、その他負傷者36人
を出す大乱闘事件に発展したとのことです。(Wikiの三番瀬より一部引用)

これをきっかけに「水質二法」などが出来たそうですが、浦安周辺の環境は元には戻
らず、埋め立ての拡大、漁業権の放棄に繋がっていったそうです。

今回の公害問題は当初、明らかに主人公が間違った方向に動いています。まあ、現在
から見ればこそ、間違っていると分かる訳で、その頃は軽視してたのでしょうね…。
水俣も四日市も、かなり時間がかかったはずです。

今で言えば、漏れ聞く情報では中国が公害対策がまだまだ進んでいないような話で、
気になりますね。しっかり対策とって欲しいです。ホント。お隣さんなんだから。


(追記:国内産業保護法案については第7話の記事までどうぞ。当記事最下部より
 飛べます。Wikiへのリンク有)


名前だけで出てこなかった、大蔵大臣の田河という人が実際では田中角栄だそうで。
予告で佐藤B作が出ていましたが、彼が扮する古畑は現実では福田一という政治家。
B作がA作を演じたら面白かったんですが。

須藤通産大臣が「足元をすくわれる」と言いましたが、これ、誤用ですね。
正しくは「足をすくわれる」です。
世論調査によると「足元をすくわれる」を正しい表現と思っている人が7割だそうで、
近いうちには普通に辞書に載っちゃうかも。

も一ついうなら、丸尾が須藤大臣に「ご苦労様でした」と言いましたが、ご苦労様、
は目上の人が下の者に対して使う言葉。あれもおかしいです。


●キャスト
《通商産業省》
風越信吾: 佐藤浩市(企業局 局長)
庭野貴久: 堺雅人(企業局 産業資金課 課長)
鮎川光太郎 :高橋克実(官房秘書課 課長)
片山泰介:高橋克典(大臣秘書官)
玉木博文:船越英一郎 (通商局 局長→特許庁 長官)
山本 真:吹石一恵(企業局 産業資金課 課長補佐)
御影大樹:田中 圭(企業局 第一企業課 課長補佐)
丸尾 要:西村雅彦(事務次官)
桜塚 治:矢島健一 (特許庁 長官→西日本特殊鋼へ)
牧 順三:杉本哲太 (企業局 第一企業課 課長)

《その他》
池内信人:北大路欣也 (内閣総理大臣)
須藤恵作:長塚京三(通産大臣)
西丸賢治:佐野史郎 (東京経済新聞記者)
山岡一郎:中原丈雄(帝都銀行頭取 元大蔵省事務次官)
風越道子:床嶋佳子 (風越信吾の妻)
風越貴子:村川絵梨 (風越の一人娘)
舟木三郎:山谷初男(浦安漁業組合長)


ナレーション:安住紳一郎(TBSアナウンサー)


●スタッフ
原作:『官僚たちの夏』城山三郎著(新潮文庫刊)
脚本:橋本裕志
演出:松田礼人
製作著作:TBS


←官僚たちの夏 第5話官僚たちの夏 第7話→


テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/99-e87426db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。