TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ ふたつのスピカ 最終回

'09,7,30放映 NHK総合

ふたつのスピカ 第7話(最終回)「さよなら宇宙学校」感想
最終回でした。全7話というのはちょっと短いかな。創り込む為にはもう少し長さが
あった方が良かったのでは。


シュウの動画メッセージは泣かせる名シーンでした。演じる中村優一の巧さに感心。
 「君が苦しくて、苦しくて、
  逃げたくなっちゃうような毎日の訓練の一日一日をさ、
  僕が生きたくて生きたくて、
  どうしようもなかった一日だってことを忘れないで欲しいんだ。
  だから、一日だって、手は抜いて欲しくない。

  ・・・死にたくないなぁ。
  こんなこと、カッコ悪くて、みんなには言えないけど。
  死ぬのが怖くてたまらない・・・」
いやいや、グッときました。

これは韓国のベストセラー小説「カシコギ」にある一節で、けっこう有名な言葉だそ
うですが、
  あなたが空しく生きた今日は、
  昨日死んでいった者が、
  あれほど生きたいと願った明日。
という言葉が元ネタでしょうか。
(追記:「救命病棟24時~救命医・小島楓~」ep04(09,8,4放映、第3シリーズの
 総集編)を観ていたら、井上真央扮する小久保紗英が上記とほぼ同じようなセリフ
 を言っていました。あちこちで引用されている模様。 以上'09,8,5追記)

また、アスミの父が報道陣にズバッと言い放つシーンも秀逸。高嶋兄カッコいい。
アスミの「絶対大気圏超える!」も泣かせる名セリフ。ただ、それらの良いシーンに
比べてラストの5年後のシーン、締めのセリフはちょっと平凡すぎたかなと。

公式のあらすじ紹介を見ると、後半部分が実際と違うんですよね。引用します。

アスミ(桜庭ななみ)はNASAへの留学生に決まり、正式に発表される。NASA
の広報担当者が来日し、千里(RIKACO)とともに、アスミを最年少留学生とし
てPRするために動き出す。訓練中もアスミへのマスコミの取材が殺到し、アスミは
宇宙学校内で次第に孤立していく。府中野(大東俊介)・万里香(足立梨花)・圭(
高山侑子)は、訓練のため秋(中村優一)の四十九日の法要にも出席できなかったア
スミとの距離を感じる。宇宙へ行くためには、友達を失っても今やるべきことがある
と自分に言い聞かせるアスミだった。佐野(田辺誠一)と友朗(高嶋政宏)は、宇宙
ロケットの会社を設立しようとしていた。佐野は府中野たちに「友達ならアスミの思
いを理解し見守れ」と諭す。アスミは、仲間たちと一緒に参加した最後の閉鎖環境訓
練で、ケガをした万里香を助けることなく、自分の課題をクリアすることに専念する。
そしてアスミがNASAへ向かって旅立つ日がきた。唯ケ浜の実家から駅に向かうア
スミの目に飛び込んできたのは、仲間たちが空高く打ち上げた水ロケットだった。
5年後、アスミは宇宙ステーションから万感の思いをこめて宇宙学校の仲間たちに呼
びかける…。
(追記:既に上記は訂正され、放映通りのあらすじとなっています)

こっちの方が良かったような・・・・
宇宙ステーション内部のセットを造る予算がなかったんでしょうか。当初はこの内容
だったけど予算の都合で脚本変更になったと予想。

視聴率的には良くなかったみたいですが、往年のNHK少年ドラマシリーズを思わせ
る良作だったと思います。

原作 柳沼行「ふたつのスピカ」
脚本 荒井修子
演出 山本剛義
撮影協力 JAXA

◆キャスト
鴨川アスミ …桜庭ななみ
鈴木秋(シュウ) …中村優一(アスミの同級生。一見遊び人風だが成績は優秀)
府中野新之介(ふっちー) …大東俊介(アスミの同級生で幼なじみ)
宇喜多万里香 …足立梨花(アスミの同級生。国会議員の娘で毒舌家)
近江圭 …高山侑子(アスミの同級生。写真が趣味、性格は直情型)
拝島涼子 …本上まなみ (現役女性宇宙飛行士。宇宙学校の特別教官)
鴨川友朗 …高嶋政宏(アスミの父。かってロケットの設計技師だった)
桐生春樹 …向井理(宇宙学校の機械工学科大学院生。父が獅子号で事故死)
宇喜多千里 …RIKACO(万里香の母、国会議員)
大西耕次郎 …ゴルゴ松本(宇宙学校の教官、実技担当)
塩見敏子 …かとうかず子(宇宙学校の教官。学年主任で生活指導も担当)
佐野貴仁 …田辺誠一(宇宙学校の教官だったが、指導方針を巡って退官した)
鈴木さくら …菊里ひかり(シュウの妹)
刈谷譲二 …神保悟志(NASA職員)
ほか

===過去記事===
ドラマ ふたつのスピカ 第6話
ドラマ『ふたつのスピカ』第1話


テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

こんばんは。
回を追うごとに 涙の量が尋常でなかったです。
あの メインな テーマ曲が いまだ 頭から離れません。
全7回 って やっぱ 短かったですね。
もっと ゆっくり たっぷり アスミたちの青春 ずーっと 見ていたかったような気がします。

  • 2009/08/04(火) 00:37:52 |
  • URL |
  • torubido #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

torubido さん ようこそ。コメントありがとうございます。
そうですね、このドラマの魅力の一つに音楽の良さもありますね。
効果的に使われていたと思います。

やはり全7話は短いですねえー。。。
反響が大きければ、特別編で1時間ドラマを制作するとか・・・ないかな。

  • 2009/08/04(火) 13:04:20 |
  • URL |
  • tate #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/90-7f545524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。