TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 官僚たちの夏 第4話

'09,7,26放映 TBSテレビ系

官僚たちの夏 第4話「黒船来襲」あらすじ&感想
昭和34年秋、綿製品の対米輸出自主規制により、日本は深刻な繊維不況に。通産省へ
の繊維業界の怒りは高まるが、池内通産大臣は国際貿易自由協定GATTの東京総会
を乗り切ることしか頭にない。国内産業保護派の風越は池内の政敵である須藤大蔵大
臣に直談判し、繊維業界への金融支援策を働きかける。

GATTの東京総会が開かれた。会議席上、日本の保護貿易主義に批判が集中、貿易
自由化勧告を突きつけられた。玉木は話が違うと池内大臣に抗議するが、池内にとっ
ても予想を超えた動きだった。対応を迫られた池内は対米協調を第一に、繊維産業の
貿易自由化を玉木に求める。

通産省各局では貿易自由化に関する会議が開かれた。繊維局での会議では、一度香港
に奪われたマーケットは簡単には崩せない、自由化になれば化学繊維導入で乗り切ろ
うとしていた日本が化繊先進国のアメリカに乗っ取られると、鮎川を始め、山本真、
御影ら保護派は反対する。省内の局長会議でも、時期尚早との反対意見が多数を占め
ていた。

風越は玉木の自宅を訪ね、改めて説得するが玉木の考えは変わらない。敵になる事を
宣言する風越。

池内・玉木陣営は自由化に向け、多数派工作に動き出した。まず局長会議に池内自ら
乗り込み、充分な意見交換を行うよう決定までの時間稼ぎを行った。その上で、各個
局長に接触を図る池内。対する風越は金融支援策に奔走し、多数派工作などの裏工作
は考えようとはしなかった。

そのころ、オカヤ織物は女工を大量解雇し、難局を乗り切ろうとしていたが不渡りを
出すところにまで追いつめられる。大手の共同繊維との合併を泣く泣く決意する岡屋
社長。再び女工達が帰って来たが、社長ではなく、工場長として出迎える岡屋。

繊維業界への金融支援策は難航していた。その黒幕は帝都銀行頭取の山岡だった。し
かも山岡は池内と深く繋がっていた。

最終決定の為の省内局長会議が開かれた。時期尚早論が多数を占めた前回とは異なり、
様々な意見が白熱する。池内大臣も同席し、他の予定は全てキャンセルして会議の動
きを操る。夜を徹して会議は行われ、朝を迎えた。首相への報告が控えている。池内
は妥協案として3年後の貿易自由化、それと金融支援策の実施を提案する。総理大臣
が納得出来る答えを持ち帰らなければ、大臣を辞職するとまで言い切る池内。その言
葉で次官の柏原は賛成に廻り、決着はついた。敗北感に打ちのめされる風越。

翌昭和35年、新日米安保条約が調印された一方、繊維不況は改善せず、中小の倒産は
相次いだ。須藤大蔵大臣からの金融支援策も不十分なものだった。その裏には池内と
須藤との次期総理を巡る争いがあり、須藤は敗れたのだ。

そんな時、風越にとって衝撃的なニュースが飛び込んで来た。岸谷総理が閣議決定で、
9割に及ぶ品目の貿易自由化を実施すると発表されたのだ。しかも、まず繊維の貿易
自由化に踏み切った通産省の考えに沿ったものだという。「ふざけるな!」激昂する
風越。

新安保条約自然成立後に岸谷総理は辞職、7月、池内信人が新総理大臣となり、高度
成長期は新たな局面を迎える事となった。

政治家に振り回されるのはもう沢山だ。風越は日本の産業を守る為の法律を創る事を
決意する。ついに、国内産業保護法案を研究していた牧がフランスから帰国した…
ーーーーーー第5話に続く・・・


私たちは国会は立法機関である、と中学校で学びます。しかしながら、実際には官僚
主導で話が進むことが多い訳で。政治改革で「霞ヶ関をぶっつぶす!」なんて掛け声
が挙がるのも、そんな事が理由の一つなんですが・・・
ドラマの中では、風越の「政治家に振り回されるのはもう沢山だ!」のセリフに対し
て「そうだよなー」とすっかり同意してしまいます。
本当に国を思い、未来の国民の生活の為にそれこそ無私の精神で。ならばいいのです
が、自分たち官僚が動きやすい為に、という考えで動かれてはたまりません。

しかし、ドラマとして純粋に面白い。会議シーンなど迫力もあって魅せますね。池内
大臣(北大路欣也)の演技見応えありすぎ。
現実世界では池内信人通産大臣は池田勇人、須藤恵作大蔵大臣は佐藤栄作だそうです。

玉木(船越英一郎)も国際通商派とはいえ、いけいけどんどんでは無く中小企業の実情
に心を痛めながらも、自分が泥をかぶっての行動がわかる熱演です。いっそのこと、
この人が主役だった方がここら辺の話は面白いかも。

次回、第2話に続いてコンピュータ業界。大沢無線の社長岡本信人が再登場。さらに
風越の国内産業保護法案による逆襲が。楽しみです。


なお、世界陸上ベルリン大会を8/15からTBSが中継します。23日はその為にこの
「官僚たちの夏」はお休みとなります。さらに30日は衆議院議員選挙の為、特別番組
になる可能性大。そうなると、2週連続でお休みとなってしまいます。残念~。
でも、30日に放送すると当確速報入りまくりでしょうし。特番でしょうね、多分。

●キャスト
《通商産業省》
風越信吾: 佐藤浩市(重工業局 局長)
庭野貴久: 堺雅人(通産大臣秘書官)
鮎川光太郎 :高橋克実(繊維局 繊維輸出課 課長)
片山泰介:高橋克典(繊維局 綿業課 課長)
玉木博文:船越英一郎 (繊維局 局長)
山本 真:吹石一恵(繊維局 繊維輸出課 課長補佐)
御影大樹:田中 圭(繊維局 綿業課 課長補佐)
丸尾 要:西村雅彦(企業局 局長)
柏原 満:春田純一(事務次官)
桜塚 治:矢島健一 (通商局 局長)
牧 順三:杉本哲太 (在仏大使館 通商担当書記官)

《その他》
池内信人:北大路欣也 (通商産業大臣→内閣総理大臣)
須藤恵作:長塚京三(大蔵大臣)
西丸賢治:佐野史郎 (東京経済新聞記者)
山岡一郎:中原丈雄(帝都銀行頭取 元大蔵省事務次官)
風越道子:床嶋佳子 (風越信吾の妻)
風越貴子:村川絵梨 (風越の一人娘)
池内瑞江:柏木由紀子(池内信人の妻)
牧 百合子:奥貫 薫(牧 順三の妻)
玉木かず子:栗田よう子(玉木博文の妻)
玉木  :近藤里沙(玉木博文の娘)
岡屋社長:桂ざこば(オカヤ織物社長)


ナレーション:安住紳一郎(TBSアナウンサー)


●スタッフ
原作:『官僚たちの夏』城山三郎著(新潮文庫刊)
脚本:橋本裕志
演出:大岡 進
製作著作:TBS

===過去記事===
ドラマ 官僚たちの夏 第3話
ドラマ『官僚たちの夏』 第2話
ドラマ『官僚たちの夏』 第1話



テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/84-c402ff40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

官僚たちの夏 あけぼの自動車

官僚たちの夏改版商品価格:580円レビュー平均:4.2 飯綱遣いの部屋 官僚たちの夏 第4話「官僚たちの夏」の補足情報は→ランキングよりどうぞ。 ★ちょこっと感想 居酒屋から出てゆく風越を追うようにでてゆく一同。 最後に飯をかきこんで食べてる堺雅人さんがとてもよか

  • 2009/07/28(火) 07:42:21 |
  • ★youtube動画+最新ニュース★

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。