TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 官僚たちの夏 第3話

'09,7,19放映 TBSテレビ系

官僚たちの夏 第3話「大臣との対立」あらすじ&感想
昭和34年、日本製の綿製品は対米輸出が飛躍的に増大し、アメリカ繊維業界を脅かす
存在となった。結果、日米繊維摩擦を引き起こし、アメリカ繊維業界は日本の綿製品
の閉め出しを訴え始めた。そんな中、池内信人が通産大臣に就任し、風越は重工業局
長に任命される。繊維局長にはアメリカに渡っていた風越のライバルであり国際通商
派の玉木が呼び戻されることになり、同じ考えの片山も繊維局へ異動となった。この
人事に国内産業派として不安を抱いた風越は、庭野に大臣秘書官、鮎川には繊維輸出
課長を任命し、それぞれ池内大臣と玉木の動きを探らせる。

鮎川と山本はオカヤ織物を視察していた。新工場を建設し、集団就職の金の卵たちも
大量採用すると社長はご機嫌だ。鮎川に新製品のシャツを手渡す岡屋社長。「ちょっ
とやそっとじゃ、破けまへんで。メードイン、ジャパンは超一流ですわ!」好調なよ
うに見える綿業界だが、急速に暗雲は立ちこめつつあった。

風越の不安は的中する。玉木は池内のもと、1年以内の綿製品の輸出自主規制に動き
出す。風越は池内大臣に直訴するが、日米安保条約の継続の為にも、アメリカに配慮
する必要があると池内は撥ね付ける。自主規制は避けられないと悟った風越は、せめ
て3年の猶予を貰うよう願い、池内大臣は交渉する事を約束した。

しかし、アメリカの姿勢は想像以上に強硬だった。多くの企業が倒産する現実に苦悩
する玉木に池内大臣は腹をくくれと叱咤する。

繊維局にて綿製品輸出自主規制を巡る最後の会議が開かれた。席上で玉木は、大臣通
達であると2週間後からの自主規制実施を一方的に決定する。アメリカに隷属するだ
けの植民地外交だと激しく抗議する鮎川。しかし、もう流れは止められない。

繊維業界関係者が通産省前にて抗議デモを行う中、岡屋社長の姿もあった。対応役の
鮎川に岡屋社長は激しく詰め寄る。「通産省は俺らを殺す気か!」鮎川の胸ぐらを掴
む岡屋社長。それを制止しようとする御影。しかし鮎川は大丈夫だ、と御影を止める。
「岡屋さんのシャツは、簡単には破けない!立派な一流品だ。必ず、持ちこたえるさ
 ・・・・・・ね」
最後は岡屋社長への言葉だった。その言葉に思わずその場に突っ伏し、号泣する岡屋。
------4話へ続く



「俺たちは大臣に雇われてんじゃない、国民に雇われてんだ!」
玉木との激論で風越が吐く言葉。今、霞ヶ関でこんな思いの人はいるのでしょうか?

今回、次回は綿製品業界を舞台に物語は進みます。国内産業派の風越にとっては今回
は負け戦となるわけですが、どちらの言い分も間違ってはいないんですよね。国内産
業派も国際通商派も。それぞれが己の信念に基づいてひた向きなのが分かるだけに、
単純に玉木たち国際通商派を主人公に対する悪役とは思えない。

次回、ますます激化する貿易自由化への動き。そして風越と玉木の対立は決定的に。
どうなるか、楽しみです。なんか玉木にいやなフラグが立ったような予告が気になる。


昭和のおっちゃん社長、桂ざこばが熱演していました。落語家はいつも一人芝居をし
ているようなもんですから、役者させても達者なひとが多いです。ラストのシャツの
エピソードは泣かせます。
但し、ざこばはん・・・
「これ、新しい新製品、使うてやって下さい」
新しい新製品はあかんでしょう(笑)。スタッフも気がつかなかったのか、あえてOK出
したのか・・・

今回の現場サイド代表は「オカヤ織物」という会社でしたが、工場風景がそんな時代
らしいリアルな雰囲気出てました。それも当然、公式サイトによれば、
ーー愛知県内にある「葛利毛織工業」という会社にお邪魔して撮影が行われました。
画面に映っていたあの織機は、「ションヘル織機」という織機の原型ともいえる機械
だそうで、昔ながらの手法にこだわり丁寧な織物を作っている、その業界では知られ
たところ。ーーだそうです。この「ションヘル織機」は日本製で、戦前から動いてい
るとか。



●キャスト
《通商産業省》
風越信吾: 佐藤浩市(重工業局 局長)
庭野貴久: 堺雅人(通産大臣秘書官)
鮎川光太郎 :高橋克実(繊維局 繊維輸出課 課長)
片山泰介:高橋克典(繊維局 綿業課 課長)
玉木博文:船越英一郎 (繊維局 局長)
山本 真:吹石一恵(繊維局 繊維輸出課 課長補佐)
御影大樹:田中 圭(繊維局 綿業課 課長補佐)
丸尾 要:西村雅彦(企業局 局長)
柏原 満:春田純一(事務次官)
前園 繁:国広富之(事務次官→大東製鉄副社長)
牧 順三:杉本哲太 (在仏大使館 通商担当書記官)

《その他》
池内信人:北大路欣也 (通商産業大臣)
西丸賢治:佐野史郎 (東京経済新聞記者)
風越道子:床嶋佳子 (風越信吾の妻)
風越貴子:村川絵梨 (風越の一人娘)
池内瑞江:柏木由紀子(池内信人の妻)
牧 百合子:奥貫 薫(牧 順三の妻)
岡屋社長:桂ざこば(オカヤ織物社長)

●スタッフ
原作:『官僚たちの夏』城山三郎著(新潮文庫刊)
脚本:橋本裕志
演出:平野俊一
製作著作:TBS


テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/76-cc913a91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。