TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャパの有名な写真「崩れ落ちる兵士」はやらせ?=スペイン紙報道

「崩れ落ちる兵士」はやらせ?=キャパの戦争報道写真-スペイン紙

【パリ17日時事】世界的に有名な戦争報道写真家、故ロバート・キャパがスペイン
内戦中に撮影した「崩れ落ちる兵士」と呼ばれる写真が、実は「やらせ」だったとス
ペイン紙ペリオディコ(電子版)が17日報じた。
 「人民戦線兵士の死」と題する写真は、右翼のフランコ軍と戦闘中の人民戦線側の
兵士が撃たれて崩れ落ち、右手からライフル銃が離れる瞬間をとらえたとされる。ス
ペイン南部アンダルシア地方のセロムリアーノで1936年9月5日に撮影したとし
て仏写真誌「VU」の表紙を飾った。
 しかしペリオディコ紙は、実際に撮影が行われたのはセロムリアーノから約50キ
ロのエスペホという町付近だと主張し、最近撮影された同じ場所の写真を並べて説明。
「エスペホ付近で戦闘があったのは36年9月22~25日だけだった」として、「キャ
パの写真は前線から離れた場所で撮られた」と断定している。
 この写真については長年論争があり、やらせでないとすれば完ぺき過ぎるといわれ
てきた。(2009/07/18-06:25)
《時事ドットコム》
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009071800064&j1

同内容記事 《MSN産経ニュース》
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090718/amr0907181227007-n1.htm


写真・カメラが好きな人なら知らない人はいないと思う、ロバート・キャパ。
彼の写真の中でも特に有名なこの写真がやらせ?過去にも論争があった?
いやあ、信じがたいニュースです。
「あの瞬間」を予期していなければ撮れない、とも言われた写真。そんな、
やらせだとは思いたくないですが、詳しくは研究家の方々がいろいろ調査
してくれるでしょう。

capa001_c.jpg


テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/75-bb3656db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。