TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐野元春のザ・ソングライターズ

'09/7/4,11 放映 NHK教育

佐野元春のザ・ソングライターズ  ゲスト小田和正(Vol.1・Vol.2)

「ソングライター=現代の詩人」
「ポップソングは時代の表現であり、時代を超えたポエトリー」
「テーマは歌詞。音楽における言葉が一体どのように生み出され、多くの人に届いて
いくのか。学生達と探求していきます」

そんな佐野元春の言葉で始まる「ザ・ソングライターズ」。なかなか興味深い番組が
NHKで放送されています。佐野さんはアレン・ギンズバーグを敬愛していて以前から
ポエトリーリーディングも行っており、かなり「言葉」に対してミュージシャンの中
でも意識の高い人の一人だと思います。
番組の中でも小田和正の「the flag」という曲の詞のリーディングをやってました。

番組進行のスタイルは明らかに「アクターズ・スタジオ・インタビュー」を意識して
ますね。NHKで「(俳優名)自らを語る」というタイトルで放送されたものを何度か観
たことがあります。

第1回ゲストの小田和正と佐野元春って、正直、かなり違和感のある組み合わせで。
それでも、小田和正のフランクな話し振りが印象的でした。



以下、インタビューを抜粋で。

曲を書き始めた頃・・・
 なかなか詞を書けなかった。団塊、政治の季節だったが特に歌いたいことなんてな
 かったから。意識にあったのは同級生の事。聞いてくれる人なんて当時はいなかっ
 たから、同級生が聞いたらどう思うだろう。それがテーマだった。

デビューシングルについて・・・
 なかなか書けなかったけど、ずっと書いてた日記がヒントになった。その後また
 なんか日記が手がかりにならないかと思ったけど、それ一曲だけだった。

好きな言葉・・・
 やってみようぜ

何回も繰り返して使ってしまう言葉・・・
 風。多いね、風(笑)

他にやりたい職業・・・
 プロ野球選手になりたかった

絶対やりたくない職業は?
 締め切りに追われるのがつらくて嫌だから、マンガ家。
 でも締め切りを破った事はない。守る方ですか?
僕はね・・・
 守りそうにないね(笑)
 
人の為に曲を書いているのか、それとも自分の為に書いているのか?
 まあ、人の為にはあまり書かないだろうね。でも最近はタイアップとか、そういう
 いやらしい要素がからんでくるから(笑)。発注してきたドラマを創っている人たち
 の思いがあるだろうから、できるだけそれに近いものを書いてあげたいな、って。
作家性と商業性について・・・
 歌うのは自分だから。商業性に浸食されたものは歌ってても多分気持ち良くない。
 歌うときの自分を考えると、素直に歌う為には作家性が出てくるわけで。

大ヒットした「さよなら」の後に出したシングル「生まれ来る子供たちのために」に
ついて・・・レコード会社から文句が出たって聞きましたが?

 文句は言わせないけど(場内笑)。「さよなら」っていうのは別に否定はしないけれ
 ども、自分が創ったんだけれど、いつまでも他人の顔をしてるというか、それこそ
 商業的な。もちろん歌ってて不快ではないけど、ちょっと自分とは距離があるよう
 な。そんな曲が最初に売れて、次の曲を当然そのような曲をレコード会社は望むけ
 れど、俺は理屈っぽいから。次の曲はどんな曲だ、って聞いてくれる一番のチャン
 スだと思ったから、割と本音っぽいものをって、さっき言った同級生に聞かせるよ
 うな、問題提起になるような曲を出したかった。そこをレコード会社は汲んで欲し
 いなって思ったけれど、全くそんな懐の深さがある人はいない訳で。聞いて、あ、
 そう来たな、って思ってくれる人は殆どいなかった。
 
この曲は小田さんにとってどういう位置づけにありますか?
 この曲に関しては「日本」っていう。若いときは日本ていうのに純粋にプライドを
 持ちたいし、欧米はカッコいいな、と思うその裏で何とか本気で日本を好きになり
 たい思いがある。そういうところからこういうテーマは常にあった。だからこれは
 本音の思いがある。
 時間が経つと、シングルとして出してよかったなって思う。当時は反響も無かった
 けれど、何年も経ってからあの曲が好きだって、言ってもらえて。ああ、よかった
 んだって。

曲が先か、詞が先か、ということで、小田さんはいつも曲が先だそうで?
 9割9分、曲が先ですね。多分、自分の中で、メロディーを犠牲にするというか、
 二の次になるのがとっても不快な感じがするんだろうね。
 
「言葉にできない」について。LALALA・・・ってスキャットの部分、言葉では伝え
きれない部分、でも伝えたい気持ち、伝えられない思いは何なのかって、想像する楽
しみがあるのですが。

 この曲は、最後のツアーで、最後に歌う曲になるだろうと。それなりに重みのある
 曲が欲しいなと。基本的に詞を書くのがとっても大変で、嫌なんです。辛いな、嫌
 だな、詞を書かないで済む方法はないかなあって。詞の無いものでも伝わる、皆が
 勝手にイメージして膨らませてくれるものっていうことで、LALALA・・・の中に、
 皆が見つけてくれるんじゃないかなって。
 で、そういう感情って何なんだろうと思ったら、哀しい、悔しい、嬉しい。そんな
 感情をLALALA・・・に託せば、今までと違う、伝わるものがあるんじゃないかな、
 そう思った。
よく分かります。LALALA・・・に続く言葉、「哀しくて」。これが最初に飛び込ん
でくる言葉。聞き手としてはあの切ないメロディーに押さえられる言葉として、哀し
くて、これは万人がキャッチ出来る感情。そしてLALALA・・・が繰り返された後に、
それと真逆の言葉が出てきますよね。「嬉しくて」。これが僕は、小田さんのソング
ライターとしての真骨頂かな、と。哀しくて、の裏側にはそれと同じぐらいの、嬉し
さも、ありすぎて。それが僕らの感情ではないかと見せてくれる。これが聞いていて、
一番感動するところなんですね。

 君に言われて思い出したけど、そうかあ、嬉しくてが最後にくるんだ、と。レコー
 ディングのスタジオで、曲を書く為に一人残ってピアノ弾いてて、LALALA・・・の
 メロディーになって、最後に「嬉しくて」が出てくるんだなって思った時に、あ、
 これは届くな、って思ったね。
 
学生からの質問。
「先ほど、詞を書くのがあまり好きではないと仰られていましたが、曲だけでも表現
 出来ることもあるのに、それでも、なおかつ詞というものにこだわる理由はなんな
 のでしょうか?」
うん、いい質問だね。
 これはね・・・こだわってないと思う。ただ小さい時から歌うのが好きだったから。
 で、歌は歌詞がついているものだって思ってるから、それは辛くてもやるんだと。
 嫌でも書いて、一所懸命に書いて、皆が喜んでくれたら嬉しい。歌う以上は自分が
 素直に歌える言葉にしたいから、探して、歌う。
 


今後のゲストは、さだまさし(Vol.3・Vol.4)、松本 隆(Vol.5・Vol.6)。
以下、放送予定スケジュールです。

●Vol.3 「さだまさし・I」
7月18日(土) 夜11時25分~11時54分 NHK教育
7月25日(土) 朝 5時00分~ 5時29分 BS2【再】
7月25日(土) 昼 0時00分~ 0時29分 NHK教育【再】

●Vol.4 「さだまさし・II」
7月25日(土) 夜11時25分~11時54分 NHK教育
8月 1日(土) 朝 5時00分~ 5時29分 BS2【再】
8月 1日(土) 昼 0時00分~ 0時29分 NHK教育【再】

●Vol.5 「松本 隆・I」
8月 8日(土) 夜11時25分~11時54分 NHK教育
8月15日(土) 朝 5時00分~ 5時29分 BS2【再】
8月15日(土) 昼 0時00分~ 0時29分 NHK教育【再】

●Vol.6 「松本 隆・II」
8月15日(土) 夜11時25分~11時54分 NHK教育
8月22日(土) 朝 5時00分~ 5時29分 BS2【再】
8月22日(土) 昼 0時00分~ 0時29分 NHK教育【再】


松本隆はかなり楽しみ。9月まで全12回とのことですから、その後のゲストが誰かも
期待です。


Vol.3・Vol.4 ゲストさだまさし編へ →


テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/72-1bc4c48d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。