TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ『官僚たちの夏』 第2話

'09,7,12放映 TBSテレビ

官僚たちの夏  第2話「テレビの時代」あらすじ&感想。
第1話の自動車に続き、今回はテレビ。まだ「三種の神器」と呼ばれる前の頃です。
昭和31年、東京タワーの完成を2年後に控え、やがてくるテレビの時代。テレビ製造
に参入希望の企業は80社に達した。過当競争での共倒れを恐れた風越は、企業の選別
を決断し、業界再編をも考える。外国製テレビの輸入も禁止し、国内産業育成に努め
るが、普及に不可欠な低価格化の為には物品税の引き下げが欠かせない。しかし大蔵
省は首を縦に振ろうとしなかった。

一方、電気通信機課長・庭野は、選定漏れの企業、大沢無線を救う業種転換の方向性
に苦慮していた。そんなとき、フランスに出向中の牧が新しい可能性、コンピュータ
の話を持ってくる。庭野は渾身のレポートを作成、大沢社長に提案するが、テレビに
懸けてきた社長は激しく抵抗する。しかし、庭野の必死の説得により、大沢無線はコ
ンピュータ開発に取り組む事を決断した。

14インチ以下のテレビに限って税率を引き下げるよう風越は大蔵省に提案、池内の口
利きもあって物品税引き下げに大蔵省は同意した。
だが、その代わりに池内は、日本の綿製品のアメリカへの輸出を自主規制するよう、
通産省から繊維業界に働きかけることを風越に求める。そんなことをすれば繊維不況
に陥ると風越は拒否。池内との関係は悪化する。

折しも、内閣改造で池内は7年ぶりに通商産業大臣に就任。玉木、片山ら国際通商派
も池内とのパイプを着々と築いていた・・・
-----3話へ続く


簡単なあらすじはこんな感じです。
前回のアケボノ自動車に続き、今回は大沢無線のモデルが気になるところですが…
前回もそうでしたが、明確な「これ」という企業はないようですね。強いて言えば、
富士通が一番近いのでは。富士電機製造株式会社の電話部門が独立して出来た会社で、
1954年に国産初のリレー式計算機[FACOM 100]を開発、蒲田には今も研究所がある、
等々、その辺りが富士通じゃないかな、という理由です。
でも、庭野(堺雅人)が訪れた研究所に既に完成した電子計算機があり、さらに参画す
る企業を3社ほど求めている、ということでしたから、富士通は既に開発している側
で、その後に参加した会社ということになれば・・・沖電気工業とか?
まあ、モデルははっきりとした1社ではない、ということで。

ドラマ中に登場した、庭野が電気研究所へ訪れたシーンに登場したコンピュータは、
富士通が約50年前に作った[FACOM128B]という、現存する稼働可能なものとしては、
世界最古のコンピュータだそうです。このコンピュータは当時多くの企業・大学で利
用されたそうで、あの稼働可能な機器は、富士通沼津工場内にある池田敏雄記念館に
展示されているとのこと。撮影もそこで行われたそうです。大きさは40畳ほどの広さ
の部屋に設置されているそうですから、無茶苦茶でかいですね…


大蔵省のシーンで、一瞬、「あ、田宮二郎がいる!」とビックリした。本宮税制二課
長を演じていたのは田宮五郎、田宮二郎の次男だそうで、ほんと、父親にそっくり。

次回からは、いよいよ国内産業育成派と国際自由貿易派の対立がはっきり出てきそう。
盛り上がりに期待します。


●キャスト
《通商産業省》
風越信吾:佐藤浩市(大臣官房秘書課 課長)
庭野貴久:堺雅人(重工業局 電気通信機課 課長)
鮎川光太郎:高橋克実(重工業局 電気機械課 課長)
片山泰介:高橋克典(在カナダ大使館 通商担当書記官)
玉木博文:船越英一郎(在米大使館参事官)
丸尾 要:西村雅彦(重工業局 局長)
山本 真:吹石一恵(重工業局 電気通信機課 課長補佐)
御影大樹:田中 圭(重工業局 電気通信機課 課長補佐)
前園 繁:国広富之(通産事務次官)
牧 順三:杉本哲太(在仏大使館 通商担当書記官)

《その他》
西丸賢治:佐野史郎 (東京経済新聞記者)
風越道子:床嶋佳子 (風越信吾の妻)
風越貴子:村川絵梨 (風越の一人娘)
池内信人:北大路欣也 (民自党幹事長→通商産業大臣)

山岡一郎:中原丈雄(帝都銀行頭取 元大蔵省事務次官)
本宮:田宮五郎(大蔵省主税局 税制二課長)
若田茂:奥田達士(通商産業省電気研究所 電算機担当者)
庭野洋子:寺田千穂(庭野貴久の妻)
池内瑞江:柏木由紀子(池内信人の妻)
電気屋の主人:山上賢治
大沢社長:岡本信人(大沢無線社長)
小宮山社長:岩松 了(小宮山電気社長)
安達社長:みのもんた(東京テレビ社長)

●スタッフ
原作:『官僚たちの夏』城山三郎著(新潮文庫刊)
脚本:橋本裕志
演出:平野俊一
製作著作:TBS

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/71-872e51e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

官僚たちの夏 ドラマ

官僚たちの夏改版商品価格:580円レビュー平均:4.29官僚たちの夏 第2話 YOUTUBEドラマまとめて映画も無料視聴『YOUTUBEドラマまとめて映画も無料視聴』は、無料で視聴できるYOUTUBE等のドラマや映画を紹介しています。(続きを読む) Weekly Web Wave デイリー版: 官僚た...

  • 2009/07/15(水) 09:04:44 |
  • らぶ&ぴーす

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。