TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ ストレンジャー

2016,3,27 放映 テレビ朝日系列

ドラマ『ストレンジャー〜バケモノが事件を暴く〜』感想

一時期、「吸血鬼もの」に傾倒して様々な小説、研究書を読み漁ったことが
あります。萩尾望都による漫画『ポーの一族』は、そこで出会った古今東西
の「吸血鬼もの」の中でもトップクラスの傑作でした。

その『ポーの一族』をテレビドラマ化。舞台は日本、役者も日本人。
無茶愚挙暴挙蛮行愚行。文句炸裂、所行愚劣。
普通に考えたら、そんな言葉しか出て来ません。
しかし、「原作」ではなく、「原案」としての扱い。
そこに僅かな可能性を感じての視聴。

存外に悪くない、むしろ、私にとっては好みな作風。いやいや驚いた。
確かに「原案」としただけあって、基本設定は引用されてはいるが、むしろ、
完全オリジナルで「え、ポーの一族? 何ですかそれ知りません」と嘯いて
も通用するのでは無いか、と思うぐらい。
ですが原作を読み、愛する者には、かなり薄めではあるが確実にその「匂い」
を感じることが出来るでしょう。
制作協力に、吸血鬼もののアニメ『BLOOD』シリーズのプロダクションI.G
の名が。どんな協力だったのか、ちょっと気になります。


『ポーの一族』と言えば、ゴシックロマン、耽美で幻想的……。そんな言葉
が思い浮かびますが、そんな世界観をやり過ぎるとギャグになり、やらなけ
れば「原案」の意味が無い。そこを実に丁度いい案配で映像化した本広演出
に拍手。
ただ、現在のテレビドラマ的にはかなり冗長であり、テンポが悪い、と感じ
る方も多かったかも。ですが、本作品ではこれぐらいのゆるやかなテンポで
正解と思います。但し、CM入りの際に再三流れるクドい映像、CM明けでは
直前映像がリピート。あれらが本作品をより冗長に感じさせる悪因となって
います。ああいう下らないことは辞めるべき。

交わされる会話のあちこちに舞台的なものを感じたので、脚本家・鈴木勝秀
を調べるとやはり演劇の方でした。それもまた、この作品のスタイルとなっ
ているのでこれで良いと思います。
『ポーの一族』テイストを適度に取り入れた脚本、大変だったとは思います。
いい仕事されたと拍手を送ります。次回作があるなら是非続けてこの方で。

主演の二人も好演。『ポーの一族』なら主役は少年だろ、というツッコミも
当然あるかとは思いますが、演技が心もとないジャリタレが主役するよりは、
心に闇を抱えた大人の主人公、という設定にての香取クンの起用は良かった
のでは。

真理亜役の中条あやみも雰囲気抜群。見覚えある子だな、と思ったらドコモ
・dポイントのCMとか、ポカリのCMでクイーンの曲をバックに街中を疾走
してた子ですね。ハーフで正統派美少女、吸血鬼(=バンパネラ)としての
ビジュアル的な説得力は申し分無し。

刑事たち、主人公らに相対する側には実力派の俳優を揃えてます。出て来て
速攻で死んじゃう女の子で、ももクロの黄色の子が出てますが、これは昨年
に本広克行が撮った映画『幕が上がる』で彼女が主演した繋がりでしょうね。

益岡徹演じる稲村なる民俗学者。彼の家の枯れたバラは何を意味するのか。
続編あるなら確実にこの人も登場しますね(笑)。気になるキャラです。



これがモロに、原作のエドガーやアランやメリーベルをまんま日本人化した
だけのキャラクターでドラマ化したりしたら、きっと悲惨なことになったと
思います。フジテレビとかでドラマ化だったらそうなったかも(笑)。

あくまでも「原案」として、そー言えばあの殺された子はリデル人形をイメ
ージしてるのかな、絶版の本はグレンスミスの日記かな、血を集めてる学友
がいたけどそれが犯人に転化したのかな、、、などといろいろ想像してみる
のも楽しいですね。
もちろん、『ポーの一族』未読の方も、全く問題なく鑑賞出来ると思います。

犯人探しのミステリーとしては、かなり物足りないかとは思いますが、これ
はそういう作品ではないでしょう。「吸血鬼もの」が大好物な私としては、
実に楽しく観ることが出来ました。

この世界観で、続編、シリーズ化を是非、希望します。
あ、でもあの副題はねえ。ちょっと止めて欲しいな(笑)。




【 ドラマ『ストレンジャー〜バケモノが事件を暴く〜』キャスト 】

三杉 晃(みすぎ・あきら) ---香取慎吾
 …連続殺人事件の現場に姿を見せる謎の男性。
  不老不死の肉体を持ち、永遠の時を生きる“バンパネラ”。生まれながらの
  “バンパネラ”ではなく人間から変化した存在であり、人間の頃に持ってい
  た感情や記憶が僅かに残っていたり、“バンパネラ”が苦手なものへの反応
  も薄かったりする。

真理亜(まりあ) ---中条あやみ
 …三杉と行動をともにする謎の少女。不老不死の一族=“バンパネラ”の末裔。
  一族の中でももっとも濃い血を継承し、永遠とも思える長い時間を生きる
  宿命を背負う。太陽の光などが苦手という弱点も。

前島康夫(まえじま・やすお) ---段田安則
 …古書店の店主。三杉と真理亜とは旧知の仲で彼らの住居や経歴などを用意
  し、この世界で生きるための手助けをする。
佐伯章二(さえき・しょうじ) ---萩原聖人
 …連続絞殺事件を追う刑事。独断専行のはみ出し者。事件の現場に再三現れ
  る三杉の正体が気になり、独自に捜査を始める。
熊谷明生(くまがい・あきお) ---音尾琢真
 …佐伯の同僚刑事。ともに連続殺人事件の容疑者を追う。
長井秀樹(ながい・ひでき) ---菅原永二
 …連続殺人事件を担当している監察医。佐伯とは旧知の仲。
西崎汐里(にしざき・しおり) ---玉井詩織(ももいろクローバーZ)
 …都内で発生している連続殺人事件の被害者。
相沢陽子(あいざわ・ようこ) ---愛原実花
 …自殺をしようとしたところを三杉に助けられる。
伊東香織(いとう・かおり) ---宮下かな子
 …連続殺人事件の被害者。14年前に三杉と出会い”約束”していた。
内田順平(うちだ・じゅんぺい) ---小野武彦
 …連続殺人事件の所轄警察署長。頻発する事件で自身の経歴に傷がつくことを
  恐れ、容疑者逮捕を急ぐよう佐伯ら刑事を叱咤する。
稲村史郎(いなむら・しろう) ---益岡徹
 …民俗学者の老人。父・稲村一郎の遺志を受け継ぎ三杉の調査を続けている。

 【スタッフ】
原案 …萩尾望都 『ポーの一族』(小学館文庫刊)
脚本 …鈴木勝秀
監督 …本広克行
ゼネラルプロデューサー …横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー …船津浩一(テレビ朝日)
         牧野治康(プロダクションI.G)
         森谷 雄(アットムービー)
制作協力 …プロダクションI.G
制作プロダクション …アットムービー
制作著作 …テレビ朝日
==================================

公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/stranger//





テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/705-d6828119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。