TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・ウー監督が大阪で新作映画を撮る!

「ミッション・インポッシブル2」「レッドクリフ」で知られる香港出身の
映画監督、ジョン・ウー氏が大阪を舞台にした香港映画を製作することにな
り、19日に松井一郎知事と吉村洋文大阪市長を府庁に訪ねた。大阪市内で
ロケ撮影をするという。松井知事らは全面協力を約束した。

作品名は「MANHUNT(マンハント)追捕」。2014年に亡くなった
高倉健さん主演のサスペンス「君よ憤怒の河(かわ)を渉(わた)れ」(1
976年)の再映画化だ。同作は中国で文化大革命後に初めて公開された外
国映画で大ヒット。ウー氏は高倉さんのファンで、敬愛の気持ちを込めて製
作するという。
(後略)
==================================
ジョン・ウー監督 知事と市長を訪問…大阪でロケ予定:毎日JP
http://mainichi.jp/articles/20160219/k00/00e/040/201000c



『ブラック・レイン』が大阪でロケされたのは私が学生時代の頃でした。
「リドリー・スコット監督が、我が町大阪で映画を撮る」と聞いた時には、
驚き喜び興奮しました。エキストラにも参加しましたし。

今度は、あのジョン・ウーが大阪に。こりゃまた楽しみです。

『ブラック・レイン』の頃には、ロケーションを誘致し、積極的に支援する
ことでロケ地としての知名度の向上、そして観光振興につながる効果を期待
する考え方もそれほど広まっておらず、そのためのフィルム・コミッション
のような団体もありませんでした。

今はロケには積極的に協力する体制が整っているでしょうから、R・スコット
が思うように撮影出来ず、苦労したようなことにはならないでしょう。
知事も全面協力すると、ゆうてはるし。

『ブラック・レイン』は、大阪をリアルブレランな世界に変えてくれました。
果たして今度のジョン・ウーの『追捕』は、大阪をどんな風に写しとるのか。
ジョン・ウー初期の『男たちの挽歌』『ワイルド・ブリット』とかみたいに、
すげえ男臭いイキのいいヤツを期待したいですね。
とりあえず、鳩は飛ばすんだろーなー。

具体的な撮影時期や公開日、主要キャストなどはまだ明らかにされてません。
大阪以外にも九州で撮影が行われる予定だそうです。




《追加情報》
主演俳優決まりました。
ジョン・ウーの新作、主演は福山雅治!



テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/697-e6c0d38c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。