TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ 真田丸 第2話

2016,1,17 放映 NHK総合

大河ドラマ『真田丸』第2話「決断」感想  

先週放送の第1話は視聴率19.9%と、ぎりぎり大台に乗りませんでしたが、
まずまずのスタート。総じて好評な意見が多かったのでは。

そして第2話。ま、面白かったです。楽しめました。
ですが、不満もあり。前々からの危惧、不安要素も消えること無く、むしろ
増しています。

一番気になったのは、前半部において緊迫感の無さ。
主人公たち真田の一行が岩櫃城を目指す行程は、野盗も多い危険なものです。
その緊迫感が今イチ感じ取れない展開。駄々っ子な高畑ママ、信幸無視連発
の草笛ばば、顔に泥塗り→「面白そー!」発言の姉さん。。。
三谷脚本のコミカルさを否定はしません。しかし、そればっかりはチト困る。
緊張と緩和、展開に緩急をつける装置としてのコミカル描写に留めて欲しい
のです。

対する「緊張」として機能せねばならない、野盗の襲撃シーンも迫力不足。
まあ、これは信繁が未だ子供であり剣も未熟である、ということもあるので
しょう。

もう一つ、敗走の身となった勝頼ですが、キレイに陣幕張ってます。あれで
は続々と兵が脱走し、最早行く場所もない切羽詰まった悲壮な状況が感じ取
れません。もっと薄汚れた貧相な陣構えでよかったのでは。


そんな緊迫感の無さが残念でしたが、勝頼パートは前回に引き続き良かった。
平岳大の勝頼は登場シーンこそ多くはなかったですが、今後も語り継がれる
ことでしょう。名演でした。カメラも美しかった。
今回の大河は真田信繁が主人公。言わば「敗者」の物語であり、その意味で
も物語冒頭から勝頼という敗者をしっかり描いたのは大正解だと思います。

そこで登場するは父・信玄公。甲冑に身を固め、黙して語らず。その眼差し。
いいですねぇ。
ここで信玄公の亡霊を演じたのは林邦史朗。1965年の大河ドラマ『太閤記』
以来50年、大河の殺陣はこの方並びに彼が創設した「若駒」が務められまし
た。昨年10月にお亡くなりになり、これが遺作となります。本作では邦史朗
の名を襲名した愛弟子さんが「中川邦史朗」として、殺陣・武術指導を担当
しているとのこと。林邦史朗氏のご冥福をお祈り致します。


さて、勝頼と同じく今回にて退場の小山田信茂。温水さんの悲鳴、良かった
ですねえ(笑)。裏切り者の末路、しっかりと演じてくれました。

この時代は、江戸時代とは違って主従関係は希薄であり、領主から離反する
武将も珍しくはない。しかし、調略にあい、戦の始まる前に離反するのと、
戦も始まり大勢が決した後になって裏切るのとは全く意味が違う。劇中でも、
その辺りをちゃんと説明してました。


終盤、サブタイの「決断」が描かれる訳ですが、ここでも昌幸パパのキャラ
炸裂(笑)。神頼みでくじ引きすると決めながら、そのくじを引かせない(笑)。
引かせてたまるかと、しっかり握って離さない。当主のその心理状況、よく
理解出来ました。
ここでは、コミカルさと緊迫感がしっかり同居しており、面白く出来ていた
と思います。

三谷脚本ですから、軽妙なノリは当然。しかしコミカル偏重はいただけない。
しっかりとバランスはとって欲しい。
まだ始まったばかりです。今後に一抹の不安はありますが、本作への期待は
保ち続けたいと思います。




【 大河ドラマ『真田丸』第2話 キャスト 】

真田信繁(さなだ のぶしげ) ---堺雅人
 …本作の主人公である武将。真田昌幸の次男。通称・源次郎。後世では真田幸村
  の名で知られる。若き日々を上杉景勝、豊臣秀吉の人質として過ごす。秀吉の
  死後、大坂の陣では真田丸と呼ばれる砦を作り、徳川勢を相手に闘う。

▼真田家・家臣たち
真田信幸(信之)(さなだ のぶゆき) ---大泉洋
 …信繁の兄。通称は源三郎。関ヶ原では東軍につき信繁とは敵味方となる。
真田昌幸(さなだ まさゆき) ---草刈正雄
 …信繁の父。知略軍略に優れた武将。
薫(かおる) ---高畑淳子
 …信繁の母。昌幸の正室。公家出身。
松(まつ) ---木村佳乃
 …信繁の姉。
とり ---草笛光子
 …昌幸の母で、信繁の祖母。
高梨内記(たかなし ないき) ---中原丈雄
 …きりの父。昌幸の側近。
佐助(さすけ) ---藤井隆
 …真田家の忍。
矢沢三十郎頼幸(やざわ さんじゅうろう よりゆき) ---迫田孝也
 …真田家の家臣。頼綱の子。信繁、信幸兄弟を献身的に支えていく。
小山田茂誠(おやまだ しげまさ) ---高木渉
 …武田家重臣・小山田信茂の家臣。松の夫。

▼武田家の人々
武田信玄(たけだ しんげん) ---林邦史朗
 …武田家の先代当主。勝頼の父。亡霊として登場。
武田勝頼(たけだ かつより) ---平岳大
 …真田家が仕えた甲斐武田家最後の当主。武田信玄の子。
跡部勝資(あとべ かつすけ) ---稲荷卓央
 …武田家の重臣。最後まで勝頼に従った。
小山田信茂(おやまだ のぶしげ) ---温水洋一
 …武田家の重臣だが裏切り離反。織田信忠に降るも不忠者として処刑される。
小山田八左衛門(おやまだ はちざえもん) ---八田浩司
 …小山田信茂の配下。岩櫃城を目指す真田勢を追う。

▼武田家・真田家のライバルたち
織田信忠(おだ のぶただ) ---玉置玲央
 …信長の嫡男。
滝川一益(たきがわ かずます) ---段田安則
 …織田家の重臣。

徳川家康(とくがわ いえやす) ---内野聖陽
 …三河の戦国大名。信繁の最大最強の宿敵となる。
石川数正(いしかわ かずまさ) ---伊藤正之
 …徳川家の家老。
本多正信(ほんだ まさのぶ) ---近藤正臣
 …家康の家臣。
阿茶局(あちゃのつぼね) ---斉藤由貴
 …家康の側室。
穴山梅雪(あなやま ばいせつ) ---榎木孝明
 …元・武田家の重臣。勝頼から離反後、織田から所領を安堵され家康の家臣に。

北条氏政(ほうじょう うじまさ) ---高嶋政伸(回想)
 …相模の戦国大名。後に関東の覇権をかけて真田家と激戦を繰り広げる。
上杉景勝(うえすぎ かげかつ) ---遠藤憲一(回想)
 …越後の戦国大名。後に若き信繁が人質となる。


【スタッフ】
作:三谷幸喜
音楽:服部隆之
語り:有働由美子
3D地図監修:シブサワ・コウ
制作統括:屋敷陽太郎、吉川邦夫
プロデューサー:清水拓哉、吉岡和彦
演出:木村隆文(1,2話)、田中正、小林大児、土井祥平
==================================

公式サイト:http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/


[真田丸 第1話] へ




テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/691-630d85fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。