TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ 僕だけがいない街 第1話

2016,1,7深夜放映 フジテレビ系列

TVアニメ『僕だけがいない街』第1話「走馬灯」 感想

おそおそですが、新年あけましておめでとうございます。
今年もTATEVISIONをよろしくお願い致します。


さて、新年一発目の記事はフジテレビ『ノイタミナ』枠にて放送が始まった
アニメ『僕だけがいない街』。

面白え!
続きが気になるっ!

キョーレツにそう思わせる、導入部第一話として文句無しの30分でした。


前情報は全く仕入れず、ほとんど偶然に録画予約。ラッキーでした。
原作は角川の「ヤングエース」に連載中の漫画で、『マンガ大賞2014』で
第2位になった人気作とのこと。TVアニメが1月から放送されるだけでなく、
3月には実写映画が公開されるダブル映像化なんだそうです。
ちなみに映画版の主演は藤原竜也、有村架純。


自らの意思とは関係無しに、過去にタイムワープする能力を持った主人公が
ある事件に巻き込まれ、その事件を回避するため、更には過去の忌まわしき
記憶である、幼少時代の連続誘拐殺人事件の真犯人を見つけるために、29歳
の現在と10歳の過去を行き来することになる……という物語。

ちょっと人生につまずいてる29歳が主人公ですから、多用されるモノローグ
は良く言えば朴訥、悪く言えば抑揚無く暗い。でも実感ありますね。その声
を演じているのは満島真之介。俳優さんですが違和感無く、キャラクターを
しっかりと創り上げています。とてもいいと思います。

その主人公が10歳当時の声を担当するのが土屋太鳳。第1話ではほんの一声
だけで未だよくわかりませんが、彼女は達者ですし、いい意味で昭和っぽい
ところがありますので、きっと見事に演じてくれるでしょう。


そんな主人公に、イマっぽい元気な女子高生・愛梨や、妖怪レベルに若くて
元気な母親・佐知子と取り巻くキャラ立ても上手い。
声優よし画風よしテンポよし、緊張感があって惹き込まれるストーリー。
今後が楽しみでなりません。

原作は現時点で7巻まで出てるそうですが、軽く検索してみるともう終わる
だろうとのこと。8巻を全12話でどうまとめるか。そしてタイトルの意味は。
原作を読んで観たくなりますが、ジッと堪えて、このアニメを楽しみたいと
思います。




【 『僕だけがいない街』第1話 あらすじ (エンドまでネタバレあり) 】

2006年、東京。
藤沼悟、29歳。
漫画家デビューはしたものの、今ひとつ目が出ない日々。
ピザ屋の配達アルバイトにて生計を立てている彼には不思議な能力があった。
自分の意志とは関係なく、突然数分前に遡ってタイムスリップするのだ。悟
はその現象を『リバイバル』と呼んでいる。この現象は何か悪いことが起こ
る直前におきる。結果何度となく、そのトラブルを解決、回避してきた。

ある日、バイト中にリバイバルが起き、少年がトラックに轢かれるのを防ぐ
も自らが負傷。事故を聞いて北海道から上京して来た母親・佐知子が退院後
も帰らないのでアパートにて同居することに。

母とスーパーで買い物の帰り道、またリバイバルがおきる。その時には何も
トラブルが起きたようには見えなかったが、母の佐知子は不審な男を目撃。
その男による誘拐が未遂に終わったと感じていた。
そして、これがきっかけとなって過去のある事件の記憶が蘇る。

1988年、まだ幼い悟のクラスメイトが誘拐、殺される事件が起きた。この
事件の犯人として逮捕されたのは、悟たちがユウキさんと呼んでいる、普段
子供たちと親しく遊んでくれていた近所に住む青年・白鳥潤だった。
悟は被害者となった少女の一人を最後に目撃しており、もし僕が声をかけて
いたら……と後悔の念にとらわれ、そして、ユウキさんは犯人じゃないと、
懸命に訴えていたのだ。

スーパーで見かけた不審な男と、18年前の誘拐殺人事件が佐和子の中で結び
つく。あの男は、私を知っているようだった。独自の調査で、真犯人が誰か
気付いた佐知子。しかし、気付かれたことを察知した真犯人は悟のアパート
に侵入、一人でいた佐知子を刺殺する。

帰宅した悟は母の死体を発見。そこに現れた近所の女性に血だらけの手から
誤解される。警察に容疑者として囲まれた悟はパニックになり駆け出した。

必死で駆ける悟。ふと気付くと目の前には、信じ難い風景があった。

昭和63年、子供の頃に暮らしていた北海道の小学校。
悟は、10歳当時にタイムワープしていたのだ……。
(第2話へ続く)



==================================

【 アニメ『僕だけがいない街』第1話 キャスト(声の出演)】

藤沼 悟(ふじぬま さとる)  ---満島真之介(29歳の声)、土屋太鳳(10歳の声)
 …主人公。1977年生まれ。漫画家デビューするもなかなか目が出ず、ピザ屋で
  アルバイトをしている。時を遡るリバイバル能力を持ち、過去を改変したこと
  が何度もある。
片桐 愛梨(かたぎり あいり) ---赤﨑千夏
 …現在(2006年)で悟と同じくピザ屋のアルバイトをしている女子高生。
藤沼 佐知子(ふじぬま さちこ) ---高山みなみ
 …悟の母。52歳。息子の事故を知り上京、しばらく同居することにした。
  息子が幼い頃に起きた連続誘拐殺人事件の真犯人の正体に気づくが…。
白鳥 潤(しらとり じゅん) ---水島大宙
 …1988年時点で悟の近所に住む青年。子供たちと仲良く遊ぶお兄さん的存在で
  あったが、誘拐事件の犯人として捕らえられた。「勇気を出して」が口癖で、
  10歳の悟たちは「ユウキ」さんと呼んでいた。
カズ ---菊池幸利
 …1988年当時、悟の友人。
高橋 ---竹内栄治
 …悟と愛梨が働くピザ屋の店長。

【スタッフ】
原作:三部けい(ヤングエース連載)
絵コンテ・演出:伊藤智彦
シリーズ構成・脚本:岸本卓
キャラクターデザイン:佐々木啓悟
音楽:梶浦由記
OPテーマ「Re:Re:」歌 - ASIAN KUNG-FU GENERATION
…(第1話ではEDテーマとして使用)
EDテーマ「それは小さな光のような」歌:さユり
…(第1話では流れず)
チーフプロデューサー:岩上敦宏、松崎容子
アニメーション制作:A-1 Pictures
制作:アニメ「僕街」製作委員会
==================================

公式サイト:http://bokumachi-anime.com/



テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/687-95266171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。