TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 赤めだか

2015,12,28 放映 TBS系列

ドラマ『赤めだか』 感想

とてもよく出来たドラマでした。青春コメディの秀作です。

談春の役をニノこと二宮和也が演じると聞いて、ちょっとイメージ違うなあ、
と個人的には思ったのですが。観ていて直ぐに気にならなくなりました。
「談春」を演じるというより、まだ師匠からは「坊や」と言われる落語家を
夢見る十代の若者として、全く違和感無く演じています。
ちなみに、若き日の談春は女性によくモテたそうですから、この配役を"(笑)"
で片付けては本人に失礼かも(笑)。

落語シーンも、なかなかしっかりとこなしていたのではないでしょうか。
「ジャニタレ」と一潜りにして貶してしまいがちですが、二宮クンは流石に
別格でしょう。上手いと思います。

監督であるタカハタ秀太の演出スタイルは「テストを行わず即本番を撮る」
というものだそうで、さぞや緊迫した現場が想像出来ます。そこで落語を演
じて一発OKとなったというのは、スゴいことだと思います。


談春たちの師匠となる、立川談志を演じるのはビートたけし。これもまた、
決して似てる訳ではありませんが、それでも今、談志を演じるとするなら、
もうたけししかいないよなぁ、と実感させられます。

演芸人としてのオーラ、というか、凄み。
若者たちに親として選ばれた存在であり、人生の師匠としての含蓄ある言葉
の数々。その一方で、人としてどうなのよ、と言いたくなる言動もまた数々。
この唯一無二、強烈なキャラクターを演じるのに彼以外には無いでしょう。

談志の名言である「落語とは人間の業の肯定」や「現実は正解なんだ」など
の名セリフの数々。
「簡単に人に頭を下げるな」というが、高座では誰よりも深々とお客に対し
頭を下げる。そして「何で弟子のためにオレが頭下げなきゃいけねえんだよ」
と言葉を荒げておきながら、その弟子の二ツ目昇進のお披露目会では、弟子
たちには頭を上げさせ、自らは「どうか、こいつらを……」と頭を下げる。
立川談志という鬼才、落語の師匠であり人生の師となる大きな存在を魅力的
に演じきっています。

岸本加世子との電話でのやりとりも、実に楽しゅうございました(笑)。


その他、周囲を固めた脇役の人々も実力派揃いで魅せてくれます。
濱田岳は安心の名演。落語もまた上手い。この人はなにやらせても上手い。
北村有起哉と宮川大輔も、兄さんとしては今イチ頼りないけれども、憎めな
い人物を巧みに演じていました。

リリー・フランキーもまた、胸クソ悪い演芸評論家を安定の名演。
似たようなエピソードを弟子入りたての鶴瓶と、師匠の松鶴との話で聞いた
ことがありますが、これはそれを引用したのか、それとも談春と談志も実際
に、このような評論家とのエピがあったのか……。
談志を批判する評論家は腐るほどいてたでしょうが、面と向かって意見する
ほど勇気のある人物はいないような気がしますが(笑)。

その他、芸人さんが多数出演。『下町ロケット』の記事にてキャストに本業
が俳優以外の人が多すぎるという批判を書きましたが、本作では題材が題材
ですし、基本チョイ役ですので違和感無く、楽しく観ることが出来ました。


落語界の師弟関係、という極めて特殊な世界を描きながらも、夢に向かって
突き進む若者たちの青春グラフィティとして王道。
私は落語会には数回足を運んだ程度、テレビで『平成紅梅亭』などを観るぐ
らいの浅い落語ファンですが、コアなファンの方々も、逆に普段落語に縁の
ない方々にも、きっと楽しめるドラマになっていたと思います。

いっそのこと、この題材で連ドラにしても面白かったかも。
原作は、談春が真打ちになるまでが描かれているそうですので、ドラマ続編
は期待したくなりますね。

見逃した方には、DVD・Blu-rayが2016年3月9日発売とのこと。レンタル
にも多分並ぶでしょう。
ただ、劇中にて実に効果的に用いられたロックの名曲の数々。これは著作権
的にソフトでは変更されている可能性大ですので、若干印象が変わるかも。





【 TBS年末スペシャルドラマ『赤めだか』キャスト 】

立川談春 ---二宮和也
立川談志 ---ビートたけし

▼立川談志の弟子たち
立川談々 ---北村有起哉
 …談春の兄弟子。酒が好き。借金があり、取り立て屋に追われている。
  後に二ツ目昇進、「朝寝坊のらく」と改名するも廃業。故人。
立川関西 ---宮川大輔
 …談春の兄弟子。関西出身。
  後に二ツ目、真打と昇進し「文都」を襲名。故人。
立川志らく ---濱田岳
 …談春の弟弟子。高田文夫の紹介で入門。
立川談かん ---柄本時生
 …談春入門前に辞めた兄弟子。落語家を辞め、たけし軍団に入門した。
立川ダンボール ---新井浩文
 …談春の一週間前に入門した兄弟子。家族の事情を理由に辞めていった。
立川志の輔 ---香川照之
 …談春の兄弟子。二つ目として活躍中。

▼家族たち
談春の父 ---寺島進
談春の母 ---岸本加世子
志らくの祖母 ---正司歌江

▼立川流を取り巻く人々
魚河岸の女将 ---坂井真紀 …師匠の不興を買った談春を一年間面倒見る。
女将の娘 ---清野菜名
魚問屋の店主 ---柳家喬太郎
魚河岸の店員 ---今野浩喜
寿司屋の大将 ---さだまさし

林修一 ---リリー・フランキー …演芸評論家。立川流に批判的。
高田文夫 ---ラサール石井
ナマス亭パンニャ ---松尾貴史
春風亭昇太 ---春風亭昇太
春風亭小朝 ---春風亭小朝
5代目中村勘九郎 ---6代目中村勘九郎
5代目三遊亭圓楽 ---6代目三遊亭圓楽

某テレビ局アシスタントP 幾島 ---高橋洋 …立川関西の学生時代の友人。
プロデューサー ---森下能幸
女性スタッフ ---平井理央

タクシー運転手 ---木村祐一
宅配便の配達員 ---ダンカン
バーテンダー ---笑福亭鶴瓶
取り立て屋 ---山内圭哉 …立川談々の借金の取り立て屋。実は落語ファン。

ナレーション ---薬師丸ひろ子
ナビゲーター ---笑福亭鶴瓶


【スタッフ】
原作:立川談春 「赤めだか」 (扶桑社刊)
脚本:八津弘幸
プロデューサー:伊與田英徳、渡瀬暁彦
演出:タカハタ秀太
製作著作:TBS
==============================

公式サイト:http://www.tbs.co.jp/AKAMEDAKA/


テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/686-b0cb6f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。