TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 下町ロケット 第10話

2015,12,20 放映 TBS系列

ドラマ『下町ロケット』第10話(最終回) 感想

ねえ、清原は? (笑)。

えー、ラスボスに清原が出演するぞ、なんて記事が以前出ましたが、あれは
ガセだったのか、変更になったのか……?

出るとしたなら、日本クラインの社長役だったのかな?。それとも杉良太郎
が演じた帝国重工社長の役をオファーする案が当初はあった?
まあ、何にせよ、出なくて良かった(笑)。


さて、最終回となりました『下町ロケット』。放送直前の2時間は特別番組を
放送するとか、TBS的にはもう大騒ぎ。

まずは、面白かったです。楽しめました。
今日の日本の発展を支える技術力。そこには多くの誠実な技術者の艱難辛苦
があってこそ。時には報われないことがあろうとも、ひたむきに、真摯に、
研究開発に取り組んでいる技術者への応援歌として、そして夢を追い続けて
前を見る人々の人生賛歌として、良かったとは思います。
しかし、素直に称賛することは、ちょっと出来ない思いでもあります。

一言で言うと、大味すぎる。各キャラがいかにも、なのばっかり。類型的。
そういう底の浅いキャラクターばかりでは、人間を描いているなんて言う
のは説得力に欠けます。

毎回のように、阿部ちゃん演じる佃社長がアツく語ります。なるほど、いい
こと言ってます。そうだよと、うなずきたくなることも事実です。
でも、どこかにスタッフのしたり顔が透けて見えている感覚があるんですね。
これはやはり、あの演出のせいなんでしょう。

『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』に続く、TBSと池井戸原作作品の
タッグ。時代劇を思わせる演出カラーも共通しています。分かりやすい善と
悪。決してそれが悪いとは言いません。でも、流石に三作目となる本作では、
そのクドさにも磨きがかかり過ぎ。おまけにやたらと表情どアップだから、
クドさ倍増。

さらに、第1話の記事にても書きましたが、キャスティングにおいて、俳優
以外の人が多すぎたのは失敗だったと思います。
落語家、お笑いの人でも演技が上手い達者な人はいます。でも、出し過ぎ。
起用はアクセント的にするべきです。年末隠し芸大会じゃないんだから。


あと、全体的に駆け足な印象でしたね。もう少しじっくり描いて欲しかった。
特にこの最終話、後半はもう、猛ダッシュ。延長してもこれかいな。

なかなかの悪役ぶりだった小泉孝太郎。ラストのあれはどうなんでしょう。
種子島で農家でもやってるのかと思った(笑)。それか、酸素欠乏症になった
テム・レイ(アムロの父)ね。いっそのこと、「これはスゴいバルブだぞ」
とポンコツ部品を取り出したら、バカウケだったでしょうに(笑)。

下手にあの場に登場させたりせず、どこかの町の片隅で、再起を図って必死
に図面を引いてたりとか、そんな登場でよかったのに。そして彼だけでなく、
裏切り者の中里とか、バカリズムとか、サクラダの社長さんとかの、その後
をチョコッとだけでいいから描いて挿入する。技術者としての日々を生き、
頑張り続けている姿を描く。その方が、本作のエンディングに相応しかった
ように思います。


なんか、批判的なことばかり書いてしまいました。決してボロカスにけなす
ほどヒドいドラマではありません。それなりに楽しく視聴は出来ました。
ですが、期待が大きかったせいもあるのか、やはり不満も多かった。
ロケット打ち上げシーンを、とってもキレイに描いてくれた、それだけでも
嬉しくて評価したくなりますが、やはり、残念に思うところも多いのでした。


最後に、本作の第1話出演がドラマとしては遺作になった阿藤快さん。
若い頃は怪優という感じでしたが、年齢を重ねて、気さくで朴訥とした人柄
がそのまま出た自然な演技、レポーター出演は多くの人に愛されていました。

本作で8話でしたか、阿部ちゃんが「なんだかなぁ〜」とアドリブのセリフを
言ったのは、彼なりの追悼、感謝の気持ちだったのだと思います。
最終回直前SPでも、恵俊彰が先輩の弁護士への思いの言葉を、さりげなく入れ
込んでました。こんなカタチのお別れメッセージもいいですね。
謹んでご冥福をお祈り致します。



【 ドラマ日曜劇場『下町ロケット』ガウディ篇 第10話(最終回) キャスト 】

佃 航平 --- 阿部寛
 …町工場ながらロケットエンジンの最先端技術を持つ、佃製作所の二代目社長。
  宇宙科学開発機構の元研究員。ロケットエンジンに必要不可欠なバルブシステ
  ムの研究開発を行い、帝国重工のスターダスト計画に採用されて3年。今度は
  人工弁を開発するガウディ計画に携わることになる。

▼佃製作所
殿村 直弘 --- 立川談春
 …経理部長。メインバンクの白水銀行から出向中の銀行員だったが、銀行を退職
  して佃製作所の正式な一員となる。真面目で不器用だが会社への愛着は人一倍。
山崎 光彦 --- 安田顕
 …技術開発部長。航平の大学の後輩。三度の飯より実験好きな根っからの研究者。
江原 春樹 --- 和田聰宏
 …営業第二部の係長。若手のリーダー的存在。ガウディ計画のサブリーダー。
迫田 滋 --- 今野浩喜
 …経理部の係長。江原と並び若手社員のリーダー的存在。
津野 薫 --- 中本賢
 …営業第一部部長。高卒からの生え抜き。
唐木田 篤 --- 谷田歩
 …営業第二部部長。徹底した合理的思考の持ち主。津野とはライバル関係。
埜村 耕助 --- 阿部進之介
 …技術開発部の若手技術者。ロケットエンジンのバルブシステムの開発に従事。
立花 洋介 --- 竹内涼真
 …技術開発部の若手技術者。ガウディ計画のチームリーダーとなる。
川本 浩司 --- 佐野岳
 …技術開発部の若手技術者。小型エンジンの開発からバルブシステム開発へ異動。
美咲 --- ぼくもとさきこ
 …事務担当の女性社員。
鈴木 健児 ---堀井新太
 …技術開発部技術者。器用で集中力抜群。ガウディ計画のメンバー。
加納 アキ ---朝倉あき
 …技術開発部技術者。粘り強い性格でガウディ計画に加わる。

▼佃家
佃 利菜 --- 土屋太鳳
 …佃航平の一人娘。父の影響で理系大学に進み、技術者として就職を目指す。
佃 和枝 --- 倍賞美津子
 …航平の母。元専務だが航平が社長就任からは退き、利菜の母代わりとなる。
和泉 沙耶 --- 真矢ミキ
 …航平の元妻。夫が町工場の社長となったことで家を出た。自らは宇宙科学開発
  機構にて研究者を続けている。

▼帝国重工
財前 道生 --- 吉川晃司
 …帝国重工宇宙航空部の部長。純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」の
  プロジェクト責任者。
富山 敬治 --- 新井浩文
 …宇宙航空部宇宙開発グループ主任。新型水素エンジンの開発責任者。
石坂 宗典 ---石井一孝
 …宇宙航空部調達グループ部長。財前とはライバル関係で、サヤマ製作所を支持。
水原 重治 --- 木下ほうか
 …宇宙航空部の本部長で、財前の直属の上司。冷徹な性格の持ち主。
藤間 秀樹 --- 杉良太郎
 …帝国重工の社長。「スターダスト計画」を熱心に推進。

▼「コアハート」プロジェクト関係者
▼アジア医科大学
貴船 恒広 ---世良公則
 …アジア医科大教授。心臓血管外科部長。出世のためなら手段を選ばない。
▼サヤマ製作所
椎名 直之 ---小泉孝太郎
 …株式会社サヤマ製作所社長。NASA出身。徹底した実力主義者。
中里 淳 ---高橋光臣
 …開発部技術者。佃製作所技術者だったが、盗んだ図面と共にサヤマへ入社する。
横田 信生 ---バカリズム
 …開発部技術者。第一線から外され窓際族として飼い殺しにされている。
月島 尚人 ---福田転球
 …開発部マネージャー。横田が失敗したコアハート実用化を成功させたが…。
▼日本クライン
久坂 寛之 ---平岳大
 …大手精密機械メーカー「日本クライン」製造部長。
藤堂 保 ---瀧川英次
 …製造部企画チームマネージャー。久坂の部下。

▼「ガウディ」開発関係者
▼北陸医科大学
一村 隼人 ---今田耕司
 …北陸医科大教授。心臓外科医。人工弁「ガウディ」の開発に取り組む。
真野 賢作 ---山崎育三郎
 …北陸医科大研究員。元・佃製作所の技術者。
▼桜田経編
桜田 章 ---石倉三郎
 …株式会社サクラダ社長。娘を心臓の病で亡くしている。

▼その他
咲間 倫子 ---高島彩
 …医療事件を専門にしたフリージャーナリスト。
椎名 直久 ---吉田類
 …椎名直之の父。町工場だったサヤマ製作所の初代社長。
飯塚 ---天野勝弘
 …週刊ポスト編集長。
神谷 修一 --- 恵俊彰
 …知財関係の訴訟のエキスパートである凄腕弁護士。佃製作所の弁護に入る。
中川 京一 --- 池畑慎之介
 …ナカシマ工業の顧問弁護士で、国内最大手である田村・大川法律事務所所属。
  日本クラインが週刊誌のコアハート疑惑記事について弁護を依頼するが…。

ナレーション ---松平定知


【スタッフ】
原作:池井戸潤 (小学館文庫):
脚本:八津弘幸、稲葉一広
メインテーマ:服部隆之
プロデューサー:伊與田英徳、川嶋龍太郎
演出:福澤克雄(1,2,5,6,9,10話)、棚澤孝義(3,7話)、田中健太(4,8話)
==================================

公式サイト:http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/



テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/684-b5afe5a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。