TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世にも奇妙な物語 25周年記念!2015秋~映画監督編~

2015,11,28 放映 フジテレビ系列

土曜プレミアム
『世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~映画監督編~』 感想


先週の「傑作復活編」に続き今週は「映画監督編」。メガホンをとったのは、
山崎貴監督、本広克行監督、佐藤嗣麻子監督、中田秀夫監督、清水崇監督。

『映画監督篇』というだけあって、どの作品も演出、見せ方がウマいですね。
いつもの『世にも〜』スタッフにも良い刺激になったのでは。

今回、Jホラーの監督が二人もいるので、さぞや怖い話があるかとソワソワ
ドキドキしていたら、二人ともホラーじゃなかったのねん。

では各エピソード毎に。




■『箱』
【キャスト】
竹内結子--- 吉野朔子 …棺桶のような狭い箱に閉じ込められた女性
水橋研二--- 110番の声
高橋一生--- 大輔 …翔子の彼氏
飯田基祐--- 医師
【スタッフ】
音楽:住友紀人
脚本・演出:佐藤嗣麻子


まず1本目は佐藤嗣麻子。『アンフェア』『エコエコアザラク』『K-20 怪人
二十面相・伝』などで脚本・監督を担当。『世にも〜』では2001年にSMAP
の特別編で稲垣吾郎の『僕は旅をする』を演出しています。

エンド後にタモリも紹介してましたが、エドガー・アラン・ポーの「早すぎ
た埋葬」は一つの短編小説ながら、ホラーでは古典的ジャンルの一つとして
浸透しています。例えば映画なら『キル・ビル2』の中でも出て来ますし、
最近は約90分まるごと、埋められた木箱の中だけで話が進む『リミット』と
いうキツい映画がありました。
埋められた棺桶、という制約を外せば、車のトランクの中、電話ボックス、
エレベーター、飛んでる飛行機内、死体が転がってる密室、訳分からん立方
体の部屋、等々、実に様々な「閉じ込められ系」が生み出されています。

本作も、棺桶のような狭い箱に閉じ込められた女の話。『リミット』を観た
人は、パクリだ、なんて思われるかも。しかし、先述のようにこれはもう、
古くからある一つのジャンルであり、パクリとは言えないでしょう。

てゆーか。
一本目にこれかよ(笑)。

閉塞感ある画面、竹内結子の絶叫。なかなかお茶の間で家族揃って観るのに
似合わない、実に『世にも』らしい作品でした(笑)。

後ろから殴られた衝撃、動かされてる感触、パイプオルガンの音、留守電な
のに一瞬彼氏の声が聞こえたこと、光……。これらの謎が明かされる展開は
「なるほど!」と感心。お見事です。
竹内結子の演技も上手かった。箱の中での焦燥、絶望、恐怖を『エイリアン』
のクライマックスのシガニー・ウィーバーみたいにエロチックに見せれたら
傑作になったかも(笑)。いまのテレビじゃ無理でしょうけど。




■『幸せを運ぶ眼鏡』
【キャスト】
妻夫木聡--- 村上涼太 …独身、彼女なし。ある特殊な眼鏡を手にする。
山本美月--- 三浦あゆみ …村上がマッチングサイトで出会った女性。
橋本じゅん--- 紳士
古舘寛治--- ビジネスマン …ウェルサのプレゼンを行う男。
日高のり子---  …ウェアラブルライフサポーター「ウェルサ」の声。
【スタッフ】
脚本:宇山佳佑
音楽:菅野祐悟
演出:本広克行


2本目は『踊る大捜査線』シリーズでお馴染みの本広克行。過去に『世にも』
では筧利夫主演の『見たら最期』、ともさかりえの『友子の長い朝』、保阪
尚輝の『追っかけ』の3本を演出。

今回の秀逸。とっても『世にも〜』らしかったと思います。
実は女性の方も、コンタクトや補聴器のようなカタチで同じようなデバイス
を使用してた……なんてオチになると確信に誓いノリで予想していたら見事
に外れた(笑)。
あと、人命救助を音ゲーで遊ぶ趣味の悪さが可笑しくて(笑)。

思考や選択にネットから提供される情報が大きく作用することは、最早多く
の人が否定出来ない状況だと思います。電車に乗った際に周囲を見渡すと、
殆どの人が手元のスマホに見入って指をクルクル動かしてる。そんな光景に
ゾッとする時があります。電車の車内とか立ち止まっている時だけでなく、
中には歩きながら、自転車乗りながらもスマホいじってるバカも少なくない。
言わばスマホの奴隷。

そんな現状に対する皮肉が効いてます。人間が端末を操っているつもりが、
実は操られてる。当人が幸せならば、それで良し。いや、本当にそう?




■『事故物件』
【キャスト】
中谷美紀--- 早瀬由希子 …娘、朱理と新しい家に引っ越した。元看護師。
新井美羽--- 早瀬朱理 …由希子と真一の娘。
高橋和也--- 早瀬真一 …由希子の夫。現在は別居中。
【スタッフ】
脚本:加藤淳也、三宅隆太
音楽:MAYUKO、森いづみ
演出:中田秀夫

3本目はJホラーの旗手、中田秀夫。『リング』『女優霊』と本当に怖いの
を撮る人ですから、「さあ、くるぞくるぞ」と身構えてみていたら……。
中盤まではそこそこでしたが、まさかの感動エンド。終盤近くで寝落ちしそ
うになった(笑)。
中谷美紀はさすがで演技上手かったけど、話しはガッカリレベル。
何より、タイトルがミスリードというのは何か違うと思う。



■『× バツ』
【キャスト】
阿部サダヲ--- 初野元秀 …ある日、自分の額に「×」があることに気付いた銀行員。
ムロツヨシ--- 邑田英策 …初野と同じく額に「×」がある、ラーメン屋の主人。
吉田里琴--- 初野はづき …初野の娘。
鈴木砂羽--- 初野弥生 …初野の妻。
山谷花純--- 益田江梨子 …初野の部下。
【スタッフ】
原作:原田宗典「×バツ」(『どこにもない短編集』所収(角川文庫刊))
脚本:長谷川徹
音楽:山木秀夫
演出:山崎貴


続いては『ALWAYS 三丁目の夕日』『永遠の0』『寄生獣』の山崎貴。1本目
の佐藤嗣麻子のダンナでもあります。

これも『世にも〜』らしい、素直に面白いと思える作品でした。話的には、
似た感じの小説を大昔に読んだような気はしますが……。
予告では終盤の映像は出さない方が良かった。



■『嘘が生まれた日』
【キャスト】
満島真之介--- 宇佐美正太郎 …嘘を言えることに気付いた男。
白洲迅--- 増谷理 …正太郎の友人。実家が酒屋。
矢本悠馬--- 内田和也 …ウッチー。正太郎の友人。
小市慢太郎--- 正太郎の父
内田淳子--- 正太郎の母
笹岡ひなり--- 市川幸恵 …病気の母親に水を買った少女。
佐藤直子--- 幸恵の祖母
矢柴俊博--- 警官
やべけんじ--- 上司
中村靖日--- ウェイター
杉本有美--- カヨちゃん …正太郎を食事中にふった女性
松野井雅--- 翔子 …冒頭の結婚式の花嫁
藤井ペイジ--- 某野々村議員のような議員
【スタッフ】
原作:渡辺優平『ウソキヅキ』(少年ジャンプ+ 掲載)
脚本:宇山佳佑
演出:清水崇


最後は『呪怨』『魔女の宅急便』の清水崇。この人もホラーじゃなかった。
素直に怖い話を撮ればよかったのに。
ま、本人はホラー監督というレッテル貼りに嫌気がさしてるのでしょうね。

原作は今年4月に「少年ジャンプ+」に掲載された読み切り短編マンガです
が、『ウソから始まる恋と仕事の成功術』という映画にも設定がそっくり、
という指摘がなされています。この映画は2009年製作、日本未公開ですが
2010年にはDVDリリースされていますので、原作マンガとこの映画の関連
が気になるところ。私はどちらも未読・未見ですので何とも言えませんが、
ジャンプ+の編集部はチェックしたのかな?

『世にも〜』では、奇妙な世界に取り込まれていく主人公を描くことが殆ど
ですが、本作では奇妙な世界から普通な世界へと主人公が変えていくことに
なるのがユニーク。

うそ、が嘘を見つけた3人の頭文字"USO"からきてるって(笑)。3人の悪友の
ノリが楽しい。
ちなみに、語源辞典によると「嘘」の語源は諸説あり、
「軽率な」「そそっかしい」を意味する「をそ」が転じたとする説
「嘯く(うそぶく)」の「うそ」からとする説
「浮空(うきそら)」の略を語源とする説
などがあるそうです。

嘘をつかないことで人を傷付けることもあれば、嘘をつくことで人を傷付け
ることもある。そして嘘をつくことで人を救うこともありうる。
嘘に限らず、何事も用い方次第で毒にもクスリにもなることがあるよ、って
ことですね。



近年の不作が多いなか、今回の秋の特別編は良作が多くて楽しめました。
過去作品のリメイク、人気映画監督の起用と話題性もあり、今後の活性化に
つながればいいですね。
映画監督は、他にもオレがやってみたい! と思っている人がいるのでは?
大御所な方にも依頼してみるとか、今後も映画監督篇はやってみたら面白い
と思います。




【過去関連記事】
『世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~傑作復活編~』
『世にも奇妙な物語 25周年sp・春~人気マンガ家競演編~』
『世にも奇妙な物語 2014秋の特別編』
『世にも奇妙な物語 2014春の特別編』
『世にも奇妙な物語 2013秋の特別編』
『世にも奇妙な物語 2013春の特別編』
『世にも奇妙な物語 2012秋の特別編』
『世にも奇妙な物語 21世紀21年目の特別編』
『世にも奇妙な物語 20周年sp・秋 ~人気作家競演編~』
『世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春 ~人気番組競演編~』
『世にも奇妙な物語 秋の特別編2009』
『世にも奇妙な物語 春の特別編2009』


テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/679-4603bcef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。