TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 民王 第8話

2015,9,18 放映 テレビ朝日系列

金曜ナイトドラマ 『民王』第8話(最終話)「民王」 感想

もう最終回なんですね。全8話は短いなあ。
そう思える、楽しいドラマでした。

今回もメインの木村ひさしDでしたが、小ネタなどのお遊びは控え目。これ
ぐらいが観やすく、ちょうどいいですね。やっぱ5話はやりすぎでした。


予想通りでしたが、やはり秘書・貝原。裏切ってはいなかった。よっしゃ! 
こうじゃないとね。
「私の忠誠心は山よりも高い!」

壁ドン顎クイに、国民テレビ投票での冷静を装いつつもハラハラ顔、そして。
「貝原茂平、32歳。今、猛烈に感動しております!」
ウルウル瞳からの泰山とのハグ。頭ポンポン。
貝原ファンの女子の方々には、萌キュンなシーン連発だったのでは。たまら
ないでしょうねね、こりゃ(笑)。

「感動しております!」と大声で思いを吐露してからの「総理、再選おめで
とうございます」が、いつものトーンなのが可笑しくて(笑)。
細かい演技で高橋一生、魅せてくれました。もう貝原役はこの人しか考えら
れないですね、今となっては。お見事。


副音声で高橋一生と、カリヤン役の金田明夫による座談会が流れていました。
興味深かったのが、お気に入りの回を尋ねられて、
「1話」
「そうですよねー」
「うん、1話が全て、1話がありきで」
と二人が共通してたこと。

前回のエンケンといい、今回の金田明夫といい、リップサービスではなく、
本当にこのドラマを気に入って楽しんで、共演者を愛しているなあ、と感じ
られるトークでした。
完パケを観るのは初めてのようで、ついつい見入ってしまう二人に木村Dが
進行役として懸命に話しかけているのが微笑ましい(笑)。



さて、今回は控え目だった小ネタ。

・ガードマン、新田くんの変装だった! 
 んなアホな(笑)。このガードマン氏、第1話から翔の面接先にいましたね。
 あれ、ぜんぶ新田くんだったのか……。
・「破壊なくして創造はなし」「時は来た」
 貝原の独り言。これは共に今は亡き新日プロレスの橋本真也の名台詞から。
・新田クリステル
・社長がギャバン
 翔の最終面接、現れた社長を演じるは大葉健二。宇宙刑事ギャバンの人。
 社長がギャバンで人事がシャリバン。スゲエ(笑)。シャイダーの人はもう
 亡くなっているのが残念。
 副音声でカリヤン、千葉真一と間違えてる?
・「よろしく勇気」  
 社長の一言。これは当然ギャバンのOPソングから。
・解散でバンザイのフライング
 去年の衆議院解散でありましたね。あれをパロってます。
・レインメーカーオカダ  
 プロレスファンの木村Dの趣味で登場。
 「オカダ?」「オカダさんだ!」これ笑った。プロレスの熱狂的なファン
 って、さん付けですよね。学生時代「猪木…」「猪木さんや!」と友人に
 つっこまれたのを思い出した。
 ちなみに台詞の「特にありません」は彼の恒例コメント。



裏ではリアル国会がバタバタ進行形な中、民王の国会ではテレビのリモコン
の4色ボタンを使って国民投票。でもこれ、参政権の無い人でも押せるし、
一人でテレビ複数台持ってれば、それだけ投票出来ることになるから実現は
難しいですね。こんな感じで直接投票出来たら面白いけど。


結局、ラスボスは城山でしたが、彼が黒幕というわけではなさそう。携帯で
誰かに電話してる時に「あの武藤のバカ息子、また入れ替えたんですか」と
尋ねてましたし、第1話にて入れ替わり直後を目撃した反応も、首謀者とは
思えない。「CMC」とやらに城山よりも力を持つ何者かがいる、ということ
でしょう。

おおかたの問題やサイドストーリーも収まるべきところに収まり、物語はキ
レイにまとまりました。ただし城山は未だ政界の大物として君臨し、CMCは
謎なまま。あのラストシーンといい、続編が製作される可能性は大いにあり
そう。
個人的には、パート2よりもカリヤンと貝原をメインにしたスピンオフなんて
ものを観てみたいなあ、と思ったり。


「入れ替わりもの」としてとても楽しく、よく出来たドラマでした。脚本、
出演者の演技、ともに素晴らしかった。演出はちょいと遊びすぎてクドかっ
たりしたところはマイナスですが、まあよし。楽しゅうございました。

スタッフ・キャストの皆様には称賛と感謝を。
O川くん、初の連ドラにてチーフP、お疲れさまでした。




【 金曜ナイトドラマ『民王』第8話 主なキャスト 】

武藤 泰山 --- 遠藤憲一(入れ替わり:菅田将暉)
 …内閣総理大臣。息子の翔と身体が入れ替わってしまう。物を知らないおバカな
  息子が心配すぎて、カバン持ちとして総理のそばに張り付くことに。
武藤 翔 --- 菅田将暉(入れ替わり:遠藤憲一)
 …泰山の息子。大人しい性格の「女子力男子」。早背山大学の4年生だが、勉強
  はしてきたとは言えないおバカな息子。先輩・真衣に想いを寄せている。

貝原 茂平 --- 高橋一生
 …泰山の公設第一秘書。クソ真面目でクールな性格。けっこう毒舌家。
狩屋 孝司 --- 金田明夫
 …内閣官房長官。泰山の盟友で女房的存在。涙もろく、情にあつい。
南 真衣 --- 本仮屋ユイカ
 …翔の先輩。職業紹介会社社長で、「キッチンやみくも」の闇雲夫妻の姪。翔の
  憧れの人。貝原たちの作戦により総理の秘書見習い兼通訳として働くことに。
村野 エリカ --- 知英(入れ替わり:草刈正雄)
 …翔の同級生。先輩の真衣を尊敬する一方で、総理の息子である翔には挑発的な
  言葉をかける。実は憲民党党首・蔵本の娘で、3話にて蔵本と入れ替わった。
武藤 綾 --- 峯村リエ
 …泰山の妻で翔の母。翔を溺愛する一方、泰山との夫婦仲は冷え切っている。
新田 理 --- 山内圭哉
 …警視庁公安第一課警視。見た目はヤクザだが、優秀な警察官。泰山と翔の入れ
  替わりの原因を探る。
小中 寿太郎 --- 六角精児
 …政治評論家。翔たちの通う早背山大学の教授。泰山を徹底的に批判する。
冬島 一光 --- 猪野学
 …共和党党首。武藤内閣の連立与党の一員。
江見 芳信 --- 朝倉伸二
 …経済産業大臣。1話で泰山に救われたが城山に寝返る。
師岡 大助 ---四方堂亘
 …蔵元の側近。
城山和彦 ---西田敏行
 …民政党の大物で、泰山を総理の座に据えた政界のドン的存在。新たに前進党を
  立ち上げ、泰山と真っ向から対立する。
蔵本 志郎 --- 草刈正雄[特別出演](入れ替わり:知英)
 …憲民党党首。泰山の長年の政敵。別れた妻との間に娘・村野エリカがいる。

闇雲 渡 --- 原金太郎
 …レストラン「キッチンやみくも」マスター。翔を実の子のように可愛がり、
  部屋まで与えている。
闇雲 郁代 --- 池谷のぶえ
 …「キッチンやみくも」女将。渡の妻。気の強さは旦那以上。
ラム --- 信江勇
 …「やみくも」の常連。体型太めなストリッパー。
マトン --- 谷田川真理子
 …「やみくも」の常連。体型細目で、ショーパブで働いている。
村井 美雪 --- 安藤聖
 …「イノベーションネットニュース」の記者。
村井 大地 ---生駒星汰
 …村井美雪の息子。入院中。
浅田 瞳 ---水上京香
 …翔の同級生。
黒川 正吉 ---池田鉄洋
 …フリースクール「ジャカランダ」の理事長。
タケルの母親 ---ちすん
 …ジャカランダに通う少年・タケルの母。
面接官A ---渡洋史
 …「アグリトラディショナル」の人事担当。翔を最終面接に残した。
社長 ---大葉健二
 …翔の最終面接に同席した「アグリトラディショナル」の社長。
オカダ・カズチカ ---himself
 …「やみくも」に来店したプロレスラー。「レインメーカー」。


【スタッフ】
原作:池井戸潤(文春文庫)
脚本:西荻弓絵
音楽:井筒昭雄
音楽プロデューサー:志田博英
主題歌:miwa『ストレスフリー』
チーフプロデューサー:大川武宏
プロデューサー:飯田爽、菊池誠(アズバーズ)。神山明子
演出:木村ひさし(1,2,5,7,8話)、本橋圭太(3,4話)、山本大輔(6話)、
制作著作:テレビ朝日
==================================

公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/tamiou/



tamiou08001a.jpg

tamiou08002a.jpg

tamiou08003.jpg

tamiou08004.jpg

tamiou08005.jpg




民王 第7話の記事へ




テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

こんにちは、ポトスです。
楽しい話ほどあっという間に終わっちゃうものですね。><
最後、エンケンがカッコ良かったのが大変良かったです(笑)
裏(表?)でごちゃごちゃやってたリアル国会はカッコ良くなかったですけど。

高橋くん演じる貝原は最高でした。
原作池井戸潤でしたから、まあきっと大団円に終わるはずと思いつつも、ちょっと心配だったので。^^;

それにしても、女子も出ていたにしては、やけにおじさんくさいドラマでしたよね?
続編よりもスピンオフ、是非、作って欲しいです!

  • 2015/09/20(日) 23:55:34 |
  • URL |
  • ポトス #Kyq53.yY
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ポトス様 こんにちは。

エンケン、かっこ良かったですね。最後は一回り器のデカい総理になってました。
いかつい(ワニ顔(笑))エンケンのキャラが生きた配役でした。

記事をUPしてから、エンケングッジョブだったことを書き漏らしたことに
気付いたブログ主でした。。。

エンケンが良かったのは確かですが、やはりカリヤンと貝原がこのドラマでは
お気に入りでしたねー。あのコンビ、また観たいです。

おじさんくさいのも、またよきかな(笑)。
そんななか、若者代表で菅田クンと本仮屋ちゃんの若さが光り輝いていました。
菅田将暉も若いのに達者でしたね。
この最終回の日から、auのCMでチャラい鬼役にて登場してるのには(笑)。

  • 2015/09/21(月) 11:00:49 |
  • URL |
  • tate #7EGgl1.w
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/666-504161c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。