TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 経世済民の男 第一部「高橋是清」

2015/8/22,29 放映 NHK総合

放送90年ドラマ 『経世済民の男』(1)(2)「高橋是清」 感想

高橋是清という人物はドラマ化したら面白いだろうなあ、と以前からずっと
思っておりました。今回、念願のドラマ化。

時間足りねえぇーーーっ!
是清の17歳から82歳までを、1時間もの前後編2回で描くというのは流石に
無理があったように思われます。駆け足な展開、駆け足どころか全力疾走だ。

もうこれは大河のパイロット版ね、ということで改めて大河ドラマでやって
ほしいですね。一つのテーマで複数の人物を描く大河。そんなのも有りだと
思うのですが。


限られた時間枠で是清という歴史上の人物を描くにあたり、最低限の描かな
ければならないポイントを選択し、後は見事切り捨てられました。若い頃に
アメリカで騙されて奴隷に売られたエピなんて、かなり面白い話しなんです
が「経世済民の男」というテーマでは不要。セリフで語られるのみ。
その取捨選択の潔さ。
ちょっと悪く言うなら、まるで総集編を観ているかのような印象。しかし、
この潔さがひとつのスタイルとなっています。

歴史上の人物を描きながら、歴史を描く行為はあえてしていないように思え
ます。教科書に載るような重大な出来事もテロップでどんどん省略。様々な
重要人物もチョイ役レベルで出ては消え、出ては消え……。
歴史を描くのでは無い、是清という人物を描くんだ。不満があるならもっと
時間枠よこせ。と脚本のジェームス三木が言ってるように思えて…(笑)。


本作は視聴者にある程度の歴史の知識と想像力を必要としていますね。それ
は決して創り手の怠慢ではなく、視聴者の「観るチカラ」、理解力や想像力
を信用しているんだと思います。
最近のドラマや映画は「サルでもわかる」ような分かり易い内容が多すぎ。
コレぐらいのスタンスでも問題無いはずです。

好例がこの2話ラスト。
高橋翁、自宅の二階にてダルマをテーブルに置き窓の側へ。カメラ切り替わ
り外へ。夜。庭には雪がしんしん降り積もっている。
テロップ「昭和十一年 二月二十六日」
うっすら明るい窓に高橋翁の影。そこに木の枝から雪が落ちたのか、誰かが
動いたのか、ガサガサッと物音。画面明転。
テロップ「是清 陸軍青年将校により暗殺 享年八十三」
エンド。

まあなんとあっけないことか(笑)。普通に民放でやってるドラマなら、
「え、これで終わり?」「2.26を描く予算が無かったのかw」
等々、批判される可能性大かも。

しかし、不穏な空気を感じさせるこのハードボイルド小説のような最低限の
描写と情報で、高橋是清の最期と、更には日本の暗い時代への転換を暗示し
ていることは充分に伝わります。

「2.26事件」という単語さえ省略した。
このシンプルな割り切りの良さ。

年表をたどるように歴史を描かずとも、人物を描くことで時勢は見えてくる
し、時代を描写出来る。
日曜夜八時のスタッフは正座して本作を観るべきでは(笑)。


主演のオダギリジョー、「達磨」と呼ばれたコレキヨさんには外見イメージ
が違いすぎましたが、飄々とした雰囲気が抜群で。色気もあってよろしゅう
ございました。

脚本は御大ジェームス三木。流石というしかありません。
この人が書く大河をもう一度観てみたい……。無理だろうけど……。


さて、今回の「経世済民の男」、次回は小林一三。阪急グループの創業者。
宝塚歌劇や東宝の生みの親。そして松岡修造の曾祖父。
これも楽しみ。楽しみですけど、5回の枠があったならそれ全部で高橋是清
を描いたらもっと見応えあったろうに・・・
いや、もう言うまい(笑)。




【 放送90年ドラマ 経世済民の男 第1,2回 高橋是清  主なキャスト 】

高橋是清 ---オダギリジョー

高橋品子 ---ミムラ
枡吉(お君) ---壇蜜
柏屋の仲居 ---岡本玲
かね ---松浦雅
かね(幼少期) ---濱田ここね
お柳 ---柳ゆり菜
高橋喜代 ---草笛光子
ケイコ ---松岡茉優

森有礼 ---谷原章介
小島信吾 ---風間俊介
辰野金吾 ---林遣都
前田正名 ---藤本隆宏
福地桜痴 ---ダンカン
農商務省工務局長 ---本田博太郎
友常典膳 ---苅谷俊介
米国日本公使 ---小宮孝泰
白木随行員 ---小林正寛
儒学者 ---三又又三
末松謙澄 ---本田大輔
幇間 ---古今亭文菊
髭面男 ---勝矢
唐津塾長 ---中山城治
紺野随行員 ---石田佳央
運転手 ---加藤耕誠
南校教官 ---武田鉄矢

深井英五 ---松本利夫(EXILE)
桂太郎 ---風間トオル
原敬 ---堀内正美
田中義一 ---大友康平
井上馨 ---笹野高史
犬養毅 ---舘ひろし
曾禰荒助 ---磯部勉
上塚司 ---尾上寛之
青木理事 ---金児憲史
赤川理事 ---山下規介
川田小一郎 ---伊藤高
松尾臣善 ---坂俊一
アラン・シャンド ---イアン・ムーア
ジェイコブ・シフ ---クリストファー・バッティン
パー頭取 ---ティム・ハリス
シャンド夫人 ---ジル・イトウ
日銀役員 ---青島健介 、西田聖志郎
白川義則 ---大川ヒロキ
前田米蔵 ---田中登志哉
三土忠造 ---永島和明


【スタッフ】
脚本:ジェームス三木 
音楽:佐藤直紀
美術:青木聖和
編集:石川真紀子
撮影:佐々木達之介
照明:内藤宏
演出:田中健二
制作統括:山本敏彦 
制作:NHK(東京)
==============================

公式サイト:http://www.nhk.or.jp/dsp/keisei/korekiyo/index.html



経世済民の男「小林一三」編の記事へ




テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/661-e39a9b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。