TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 美女と男子 第20話

2015,8,25 放映 NHK総合

ドラマ10『美女と男子』第20話(最終話) 感想

NHKらしい、丁寧に作り込まれた好感の持てるドラマでした。
最終回も良し。大団円。

タイトルは韓流みたいだし、全体のストーリーもベタと言うか凡庸と言うか。
ですが、見始めるとついつい観てしまう。
多くの人の興味を惹きやすい内容で、しかも共感を呼ぶ。
しっかりとした良質なつくりです。

全20話というのが正解でしたね。ストーリー展開も登場キャラクターの描写
もじっくりと掘り下げることが出来、枝葉のエピソードもきちんと回収され、
破綻無くまとまっていく。脚本と演出が一流であるからこその技。

『江〜姫たちの戦国〜』の脚本家ですから、いかがなもんだろ? と当初は
思いましたけどね(笑)。現代劇なら問題ないようです。人には得手不得手が
ある、ってことで。


主人公の沢渡一子はガンコで負けず嫌い。この性格が災いすることも度々。
そんな主人公が様々な試練に直面し、悩み、傷つき、絶望さえする。
でもしかし。
キッと唇を噛みしめ、諦めず、前を向いて闘う。
自らがスカウトした新人俳優、そして仕事仲間との出会いや交流から学び、
教えられ、やがて困難を乗り越え、人間的に成長していく。
女性のみならず、男性からも共感出来るキャラクターでした。

演じた仲間由紀恵、さすが上手いですね。けっこうプンスカしてることが多
いキャラでしたが、嫌味じゃない。彼女ならではのキャラ造形です。


そんな一子の側にいる二人の男性。一人は仕事の出来る頼りがいのある先輩
・上司キャラ。もう一人は無愛想なんだけど育てがいのある年下後輩キャラ。
勿論、どっちもイケメン。
女性視聴者はもう、たまらないでしょうね(笑)。

高橋ジョージが演じた「たどころ晋也」なるキャラクターもとても良かった。
中の人のリアルが結構透けて見える微妙な設定なんですが(笑)、そこがいい。
愚痴をいい、弱音を吐いてばかりなんだけど、肝心なところでは立ち上がり、
意地を見せ、ひたすらがんばる。正直、演技は上手くはなかったですけど、
このキャラでドラマの深みが出たと思います。

劇中歌「ふたり」も良かった。たどころ晋也名義でCD発売されるそうです。
この歌で、年末の紅白、ゲスト枠でも出場の可能性があるかも。
あ、紅白と言えば忘れちゃいけない。
紅白ステージ登場シーンにはやられた(笑)。まさかのwith一子。そしてその
まま一子フェイドアウト(笑)(笑)。

bijodan020003.jpg



ドラマとしての骨格がしっかりしているだけでなく、細かいところのお遊び
もこのドラマの楽しいところでした。
この最終回でも、紅白の舞台裏、大廊下のシーンではどう見ても北島三郎、
どう見ても和田アキ子な人がいたり。紅白直前番組ではテリー伊藤ぽい人が
浜崎あゆみっぽい子にインタビュー(笑)。白組司会者の新(あたらし)さんは、
嵐のもじり、でしょうね。
あと、審査員の中里麗子が挨拶している時、その右隣にチラリ映ってる女性
は、髪型からして『花子とアン』の蓮子様に間違いない(笑)。

『花子とアン』ネタは多かったですね。だいたい出演者が何人も被ってるし。
一子と三島APが話をする店の名が「花琴庵」だったり、一子の父が昔、一子
の誕生日に贈ったプレゼントが「赤毛のアン」だったり。見過ごしたネタも
多そうです。
ま、『花子とアン』ネタ以上に分かり易かったのは、遼が水泳の練習する時
に一子が赤いジャージで現れたことか(笑)。


楽しくて、共感出来て、感情移入する。そして希望を持たせる。
これぞ、ドラマの王道。ドラマが持つチカラ。
20話、満足です。続編やSPもありえるかも。それも楽しみ。




【 『美女と男子』主なキャスト 】

沢渡 一子(さわたり いちこ) ---仲間由紀恵
 …「斑目コーポレーション」から突然、芸能事務所「ひのでプロモーション」へ
  の出向を命じられたキャリアウーマン。、向坂遼を自らスカウトし、慣れない
  マネージャー業に奮闘するもひのでプロが倒産。決断した彼女は斑目コーポレ
  ーションを退職して石野が設立した「オフィス・イシノ」に遼とともに移籍す
  る。その後、石野社長の解任劇に伴いオフィス・イシノを退職し、遼とは離れ
  ばなれになる。一子は自ら社長となってひのでプロを再結成する。
向坂 遼(さきさか りょう) ---町田啓太
 …街で出会った一子に「私と一緒にレッドカーペットを歩いてみない?」とスカ
  ウトされ「ひのでプロ」所属の新人俳優となる。当初は割の良いバイト感覚で
  しかなかったが、次第に芝居の魅力にとりつかれ、本気で役者の道を目指す。
  実は斑目の息子であるが、父への反発で母親の姓・向坂を名乗っている。下積
  みを経て、特撮ヒーローもので主役の座を勝ち取る。ひのでプロが倒産したこ
  とで一子とともに「オフィス・イシノ」に移籍。ドラマのレギュラーや映画の
  主演決定と順調ながら一子が突如オフィス・イシノを退職。一子と離れ、一人
  レッドカーペットを目指す。ダンスは得意だが音痴。基本無愛想。

▼沢渡一子の家族
日邑 俊子(ひむら としこ) ---田島令子
 …一子の母。娘である一子と梨花の対立に心を痛めている心優しき母親。
日邑 梨花(ひむら りか) ---徳永えり
 …一子の妹。両親と同居していたが一子の夫との不倫が発覚、現在は別居。
日邑 一臣(ひむら かずおみ) ---大西利空
 …一子と敬吾の子。小学生。両親の離婚後は一子のもとに残る。
沢渡 敬吾(さわたり けいご) ---瀬川亮
 …一子の元夫。家一子との夫婦仲は良好でなく、不倫が発覚して離婚・別居。
日邑 篤史(ひむら あつし) ---中原丈雄
 …一子の父。認知症を患う。行方不明騒動の後、入院するが急死(15話)。

▼ひのでプロモーション
石野 悟(いしの さとる) ---前川泰之
 …「オフィス・イシノ」を設立するも、大門の策略で昔からの部下に裏切られ、
  社長の座を追われる。新生ひのでプロに一マネージャーとして参加。
並木 昌男(なみき まさお) ---森本レオ
 …「ひのでプロモーション」元社長。お人よしな性格が災いし、詐欺に会い資金
  繰りがつかなくなりひのでプロを解散する。その後放浪の旅に出ていたが新生
  ひのでプロの顧問となる。
たどころ 晋也(たどころ しんや) ---高橋ジョージ
 …一発屋の歌手。ひのでプロ倒産を契機に引退し、「ロックスナック・ハロー」
  の雇われ店長をしていたが、ひのでプロ再結成に伴い復帰、新ドラマの主題歌
  を担当することになる。離婚により妻や娘とは別居中。
緒方 由美(おがた ゆみ) ---黒坂真美
 …元はデスクとして事務・経理を担当。倒産後は、たどころの店を手伝う。
  新生ひのでプロではボランティアで事務を手伝っている。
樫村 祐次(かしむら ゆうじ) ---松井一憲
 …声優。倒産後は声優専門の事務所に移籍したが、新生ひのでプロに復帰した。
西井 もなみ(にしい もなみ) ---北川絢椛
 …手のパーツモデル(手タレ)。ふだんから常に手袋を着用する。
小暮 亜依(こぐれ あい) ---小間千代
 …仕事の無いグラビアアイドル。実家は深川の料亭。ひのでプロ倒産後、オフィ
  ス・イシノにて大門のプロデュースで台湾アイドルユニット「Tドールズ」の
  一員「愛愛」(アイアイ)としてデビュー。その後日本人であることをカミング
  アウト。今もメンバーとして活躍中。
田中 幸子(たなか さちこ) ---蔵下穂波
 …秋田出身で東北弁丸出しの女優の卵。新生ひのでプロのタレント第1号となる。

▼オフィス・イシノ
大門 龍太郎(だいもん りゅうたろう) ---東幹久
 …業界の風雲児、売れっ子プロデューサー。いくつものアイドルユニットを手が
  けている。オフィス・イシノの取締役になるが愛愛の処遇をめぐって対立した
  石野を解任。自ら新社長となる。
中里 麗子(なかざと れいこ) ---真野響子
 …実力派の大女優。かつてはひのでプロの所属タレントであり、並木やたどころ
  とも親しい。斑目としばしばデートしている。
鷲見 右京(わしみ うきょう) ---中山麻聖
 …石野にスカウトされた新人。遼より早くブレイクして人気俳優となる。オフィ
  ス・イシノで同僚となった遼とは強いライバル意識を感じていたが、その後、
  俳優として限界を感じ芸能界を引退。現在は保育士をめざしている。
新見 正之(にいみ まさゆき) ---IKKO
 …所属タレントの一人。女装の売れっ子料理研究家。
望月 大弥(もちづき だいや) ---井坂俊哉
 …所属タレントの一人。元プロ野球選手。
三好直樹 ---金子岳憲
 …マネージャー。

▼その他
斑目 晴彦(まだらめ はるひこ) ---草刈正雄
 …「斑目コーポレーション」社長。遼の父。芸能界への進出をもくろんでいる。
三島 芳佳 ---大西礼芳
 …東西テレビのアシスタントプロデューサー。その後プロデューサーに昇格して
  連続ドラマ「ツインソウル」の制作を担当。たどころを主題歌に起用する。
朝倉かれん ---吉岡里帆
 …人気女優。連続ドラマ「恋メロ!」の主演をつとめ遼や右京と共演する。
  「紅白うたの祭典」では紅組キャプテン。
藤堂 大毅(とうどう だいき) ---名高達男
 …スター俳優。遼が初仕事で端役出演した時代劇の主演俳優。映画「リ・ターン」
  で遼と再び共演する。
華本 清志 ---池内万作
 …遼の主演映画「リ・ターン」監督。
三条 政春 ---津村知与支
 …遼の主演映画「リ・ターン」プロデューサー。
吉田 努 ---蛭子能収
 …一子が遼を売り込んだJBTテレビのプロデューサー。
藤原 ---カンニング竹山
 …JBTテレビのプロデューサー。「紅白うたの祭典」を担当。
庄野 ---田中聡元
 …JBTテレビのディレクター。「紅白うたの祭典」の総合演出。
浅見奈央 ---山本里菜
 …東西テレビ 「浅見奈央の 天気がいーわ!」のお天気姉さん。
市村 聡美 ---小林麻子 …たどころの元妻。
市村 静香 ---安田聖愛 …たどころの娘。
語り手 --- ジョン・カビラ


【スタッフ】
作 ---田渕久美子
音楽 ---河野伸
主題歌 ---浜崎あゆみ「Step by step」
演出 ---松浦善之助(1,2,3,7,8,11,14,15,19,20)、田中正(4,5,6,9,10,13)、
    安藤大佑(12,16)、増田靜雄(17,18)
制作統括 ---加賀田透
制作著作 ---NHK
==================================

公式サイト:http://www.nhk.or.jp/drama10/bijo/index.html

※第19話・第20話(最終回)の再放送は以下の予定。
第19話 9月1日(火・8月31日月曜深夜)午前0時10分〜
第20話 9月8日(火・9月7日 月曜深夜)午前0時10分〜


bijodan020001.jpg

bijodan020004.jpg

bijodan020005.jpg




テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/659-d47e10cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。