TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ ど根性ガエル 第1話

15,7,11 放映 日テレ系

土曜ドラマ『ど根性ガエル』第1話 感想

『ど根性ガエル』を実写ドラマ化、と聞いた時には、この企画を考えた奴も
GO出した奴も、いったいなに考えてんだ…と正直呆れました(笑)。
しかし。
河野P、脚本の岡田惠和、演出担当の菅原伸太郎と狩山俊輔といった面々は、
私の大好きな『泣くな、はらちゃん』の制作スタッフ。
河野Pと狩山Dは『妖怪人間ベム』のスタッフです。

となれば、実写化といえど某ぬーべーとか評判が悪かった作品よりも、ベム
のような出来を期待出来るかも知れない。

と若干の期待を込めて第1話視聴。
うん、悪くない。少々気恥ずかしくなるところはありましたが(笑)、決して
悪くない。楽しんで観ることが出来ました。


私たちの世代では知らぬ者はない、と言ってもいいど根性ガエル。本作では
原作から16年後、主要キャラが大人になった世界、という物語設定。このパ
ターンは、最近ではトヨタCMにて大人になったドラえもんのキャラたちが
お馴染みです。おばQも、大人になった正太たちとオバQが15年ぶりに再会
するという短編『劇画・おばQ』があります。こちらはかなりほろ苦い物語
です。
そして、『ど根性ガエル』そのものも、以前ソルマックのCMにて大人にな
ったひろしたちが登場していました。

このように、子供だったキャラクターたちが大人になった世界、はアイデア
としては目新しくはありませんが、原作のマンガ・アニメの設定を生かして、
新たな物語をリビルドするには効果的だと言えます。

本作においても、巧みなVFX、実力のあるキャスト、手練の脚本が効果的に
作用して、見事に『ど根性ガエル』の世界を実写化出来ていました。
さすがです。


一番驚いたのがピョン吉の声、全く違和感ない!(笑)。
完璧。声を担当した満島ひかり、天晴です。
これからも声優業、やっていけるよね。

ちょっと気が早いですが、松ケンと満島ひかりをキャスティング出来たこと
こそ、このドラマの成功を確約していたと言えるのかもしれません。
二人とも、物語世界に視聴者をスムーズに誘導させてくれます。上手いねえ。
個人的には、松ケンのL(エル)を観たかった思いはまだ捨て切れないけど(笑)。

その他、周囲の人々も達者な方々が揃ってます。薬師丸ひろ子、お母ちゃん
役には美人過ぎるけど問題無し。ピョン吉Tシャツが似合う似合う(笑)。
新井浩文、ちょっと意外な配役でしたがガキ大将が大人になった感じ、よく
出せています。
勝地涼、なんか前期の『ヤメゴク』に似たキャラですが、こーいうのやらせ
ると上手いですね。
白石加代子、これはオリジナルキャラですね。『泣くな、はらちゃん』でも
味のある演技を見せてくれましたので、楽しみです。ちなみに京子ちゃんの
両親は亡くなっている模様。京子ちゃんの弟もいない。いいとこの子だった
と思うのですが、今は苦労している様子がこのおばあちゃんの生活やセリフ
から窺えます。
こういった面々のなか、苦戦しているのが前田あっちゃん。まー、周りが上
手すぎるから、ねえ。今後に期待しましょう。



とにかく、実写化のネタとして『ど根性ガエル』は苦しすぎるだろ、という
思いを見事に覆してくれました。殆ど違和感が無かったのはお見事。

あ、一つ大きな違和感が。
ピョン吉Tシャツ。ほぼ毎日着ているのに16年間経ってもあの白さ。(笑)。
テロテロ、クタクタなんてもんじゃないでしょ。16年間着てたら。。。

ま、それを言うのは野暮と言うものか。
それとも、原作ではトックリの長袖だったのがTシャツに変わっていること
に、ナニか意味があるのかな?
(ひろしが着ている服を、タートルネックとは言い辛い(笑)。やっぱトック
リじゃないとね)


ピョン吉に寿命が近付いているような描写が気になります。笑わせてちょっ
ぴり泣かせる感じでいくのでしょうが、最後は大きな別れが待っているのか?
エンディングの映像が意味深。そこに流れる歌がまたいい感じ。
今後も楽しみに視聴したいと思います。



【 ドラマ『ど根性ガエル』第1話 キャスト 】

ひろし(30) --- 松山ケンイチ(少年期:高澤父母道)
 …元気で呑気な慌てん坊だった中学生から全く成長していない30歳・無職。
  京子ちゃんが帰って来たことから、そんなダメ男がど根性で人生をやり直す。
ピョン吉 --- 満島ひかり(声の出演)
 …16年前、ひろしのシャツに貼り付いてしまったこの世で一匹の平面ガエル。
  相変わらずのど根性ぶりだが、ある異変が起きつつある……。
京子ちゃん(29) --- 前田敦子(少女期:松本来夢)
 …ひろしの永遠のマドンナ。結婚して街を出ていたが、離婚して帰って来た。
五郎(29) --- 勝地涼(少年期:山崎光)
 …ひろしの後輩。今は交番勤務の警察官。今も先輩ひろしとは仲がいい。
ゴリライモ(31) --- 新井浩文(少年期:菊池宇晃)
 …かつてのガキ大将も、今はパン工場の若社長。強面だが根はやさしい。
梅さん(52) --- 光石研
 …義理と人情の寿司職人。よし子先生一筋だが未だに結婚を言い出せない。
よしこ先生(40) --- 白羽ゆり
 …ひろしが通っていた中学の先生。今も変わらず美人でスタイルが良い。
町田校長(64) --- でんでん
 …ひろしの中学時代の担任。教師生活41年、今は校長先生。
京子ちゃんのおばあちゃん(72) --- 白石加代子
 …精神年齢がやけに若く、おちゃめなおばあちゃん。
ひろしの母ちゃん(50) --- 薬師丸ひろ子
 …ひろしを女手ひとつで育てた強くて優しい母。ゴリライモの工場で働いている。


【スタッフ】
原作:吉沢やすみ
脚本:岡田惠和
音楽:サキタハヂメ
オープニングテーマ:「ど根性ガエルのテーマ」(編曲:サキタハヂメ)
エンディングテーマ:ザ・クロマニヨンズ「エルビス(仮)」
VFXスーパーバイザー:木村康次郎
VFXプロデューサー:大角哲也
プロデューサー:河野英裕、大倉寛子
チーフプロデューサー:伊藤響
演出:菅原伸太郎、狩山俊輔
製作著作:日本テレビ
=========================================

公式サイト:http://www.ntv.co.jp/dokonjyo/index.html


日テレshopで、ピョン吉Tシャツ発売中。
着る機会無いけど、欲しい(笑)。

ど根性ガエル Tシャツ:日テレ屋web



原作の吉沢やすみは本作がデビュー作でしたが、その後はヒット作に恵まれ
ずに苦労されたそう。その思い出を作者の息子が語ったインタビューマンガ
があります。
 【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】第八話:「ど根性ガエル」吉沢
  やすみと練馬の焼肉屋




更に、原作者の娘さんも漫画家だそうで、『ど根性ガエル』大ヒットの陰に
隠された家族の物語をマンガ化、連載開始されたそうです。
第1話がWeb上で読めます。
もう1つの泣ける『ど根性ガエル』連載開始 知られざる家族の再生物語:
『ど根性ガエルの娘』第1話
:週刊アスキー




テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/651-a6d73707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。