TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから20年

19950117054652
早いもので、阪神淡路大震災から20年が経ちました。もうそんなにも経った
のか…と感慨深いものもあります。節目の年ということもあり、例年よりも
多くの関連番組が各局より放映されていました。11日深夜には、当ブログで
は傑作認定の『その街のこども』も再放送されていましたね。
当ブログでは、17日に放映された以下の3本を取り上げて感想を。



●『二十歳と一匹』
2015,1,17 放映 NHK総合

「暗がりにぽかっと穴があいて、なんでかでっかいべロが出てきて顔をなめ
 られる...。それが僕の人生の、最初の記憶」
震災で両親を失い、自らは瓦礫の中から犬が助けてくれた。そして20年後、
ふとした偶然から災害救助犬のハンドラーを目指すことになる……。

災害救助犬のハンドラーが、はたして経験も知識も資格もないニーチャンに
務まるのかい? という疑問が大前提にありますが、誠実に作られたドラマ
だったと思います。

20年経って、阪神大震災を知らない世代が大人になろうとしています。過去
の出来事、もはや歴史やから……と切り捨ててしまうのは残念な話。地域の
住民なら、語り継いでいって欲しいし、何があったのか、何が行われなかっ
たのか、何をすべきだったのか。あの出来事から学ぶことで、未来に繋がる
何かもあるはず。

失業したけど、すぐに仕事見つかってラッキー。次の仕事が見つかるまでの
つなぎになればええわ。……そんなノリでハンドラーになった主人公が、命
を救う仕事に意義とやりがいを見つけ、本気で取り組むまでを描いた本作品。
「震災後の世代」が主役なので、直接大震災を描いた悲劇的なシーンや辛い
シーンはありません。それでも充分に、阪神大震災を描いたドラマ、として
機能していました。

もう一人(一匹)の主人公、キューがまた上手い! その表情がいいんだな
これが。ラブラドールが好きな方にはたまらないのでは。

そんなキュー君に押され気味な菅田将暉、大阪出身ということで神戸弁では
なかったですが、関西のコ、って感じはよく出てました。
「ウッソーン」これね、けっこう言いますもんねー(笑)。


脚本の岡本貴也は、演劇にて【舞台|阪神淡路大震災】を作・演出し、高い
評価を受けた方。昨年はNHKの『銀二貫』の脚本も担当。あれも江戸時代の
大坂を描いた良い作品でした。
演劇活動を行い、舞台で阪神大震災を扱った作品を作・演出し、現在は映画
・ドラマの脚本でも活躍……という経歴は昨年のNHKドラマ「ボーダーライ
ン」の脚本家・宇田学と共通していますね。
ちなみに宇田学が阪神大震災を扱った演劇作品『ORANGE』がドラマ化され
ており、この1月19日に放映されます。こちらも楽しみ。


【 『二十歳と一匹』キャスト 】

藤原理人(りひと) --- 菅田将暉
 …失業と偶然の出会いがきっかけで災害救助犬のNPOで働き始める。
馬場昭夫 --- 本田博太郎 …NPOレスキュードッグ協会所長。
木下サラ --- 足立梨花 …災害救助犬ハンドラー
蒔田剛 --- 高橋努 …災害救助犬ハンドラー
谷本空雄 --- 桐山照史 …理人の友人
紳士 --- 堀内正美 …理人の祖父・弘の作る紳士靴を愛用する常連客。
藤原富美子 --- 風吹ジュン …理人の祖母。
藤原弘 --- 小林薫 …理人の祖父。靴職人。

【スタッフ】
脚本:岡本貴也
音楽:松永貴志
演出:盆子原誠
製作統括:岡本幸江




●『神戸在住』
2015,1,17 放映 サンテレビ

あのサンテレビがドラマ制作した! って個人的にはビックリ。
原作は昔、アフタヌーンに連載されていたマンガ。大ベストセラーとは言え
ませんが、一部で高い人気を持つ作品です。私は残念ながら未読。

ただ、原作は震災から数年後を描いているのに対し、本作品では現在を描い
ており、また原作は全10巻ということで、かなりの改変がなされている模様。

作中でも震災に関するエピソードは出ては来ますが、ほんの僅か味付け程度。
現在を生きる女子大生の青春物語で、震災は拍子抜けするほど薄い扱いでし
た。神戸が舞台なら、もう少し関連エピを加えてもよかったように思います。
あえて、震災話にふる分量を減らしたんでしょうけど。。。

震災体験の有無。これが東京出身の主人公と、周囲の友人との間の微妙な違
和感、心理的な壁。そういったものにつながる……原作では、そんな描写に
なっていたのではと想像。しかしドラマでは、皆が震災後世代ですからそう
はなりません、単に、ノーガード戦法で気さくに無作法に、他人の懐に入り
こんでくる関西のノリに戸惑う主人公、といった扱い。
せっかく神戸が舞台なら、もうひと工夫あっても良かったように感じられま
した。映像的には、美しい神戸の街並を充分に描けていると思います。


なお、このドラマ(本編77分)の放映日と同じくして映画版(本編96分)が
公開されました。ドラマ版では主人公・辰木桂の一人称視点だったのに対し、
映画版は桂と友人たち3人を加えた4人の視線で神戸を捉えるように描かれて
いるそうです。



【 ドラマ『神戸在住』キャスト 】

辰木桂 --- 藤本泉
 …主人公。神戸の大学で美術科課程に学ぶ。東京出身。控え目・内気な性格。
日和洋次 - 菅原永二 …桂の尊敬するイラストレーター。車椅子を用いる。
泉海洋子 --- 浦浜アリサ …桂の友人。モデルの仕事もしている。
鈴木タカ美 --- 松永渚 …桂の友人。明るいムードメーカー。
金城和歌子 - 柳田小百合 …桂の友人。婚約者(林浩)がいる。
小西健 --- 松尾貴史 …喫茶店のマスター。
合田和名 --- 田中美里(友情出演) …日和の画廊を手伝う女性
早坂兵衛 --- 仁科貴 …日和の画廊を手伝う。聴覚障害者。
辰木さなえ - 愛華みれ …桂の母。
武内真弓 --- 竹下景子 …東遊園地のベンチで桂が出会う女性。

【スタッフ】
監督:白羽弥仁
原作:木村紺 『神戸在住』 講談社〈アフタヌーンKC〉
脚本:安田真奈
音楽:妹尾武
主題歌:宮崎奈穂子「あのとき」
製作総指揮:朝日義治
製作:サンテレビ






●『「満月の夕」~震災が紡いだ歌の20年~』
2015,1,17 放映 NHK総合

ドラマではありませんが、素晴らしいプログラムでしたので。

間違いなく、名曲、と言い切れる『満月の夕(ゆうべ)』。
この歌の成り立ちを紹介し、歌を巡る20年の歳月を見つめたドキュメンタリ。


阪神淡路大震災をきっかけに中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)と山口
洋(HEATWAVE)によって共作されたこの歌には、2つの歌詞が存在します。

共作の曲は製作中途で留め置かれたまま、中川は神戸の避難所にボランティ
アで通い歌っていた。中川はそこで見た被災地、被災者の姿からインスピレ
ーションを得て、残りの部分を書き上げ、いわばフライングで被災地にて歌
い始める。山口からすれば「それ反則だろ」というところだが、彼は現場の
状況からすればやむを得ないところがある、と理解を示す。

だが、自分がその中川版をそのまま歌うのには、ためらいがあった。

山口「あの時の日本人は、「実際行動した人」と「心を痛めながらもテレビ
 を見ることしか出来なかった人」の2種類だと思うんですね。僕はどちらか
 というと後者のタイプで。ならば、少し距離を離れていろんなことを見て
 いた、テレビを見ていた立場に近い方から、僕は歌詞を書いた」


こうして、ソウル・フラワー・ユニオン版(SFU版)とヒートウェイヴ版の、
2つの「満月の夕」が生まれることになったのです。



どちらも素晴らしい歌詞。優劣はつけようがありません。ですが、私が初め
て聞いたのがヒートウェイブ版なんで、どうしても私はヒートウェイブ版が
好きですね。SFU版の方が知られているようですが。

私が大阪であの地震を体験し、被災した会社の先輩宅へ原付で何日か通った
ことは以前当ブログの『未来は今 10years old, 14years after』の記事にて
書かせて頂きました。
ですが、その後は特に何か出来る訳では無く、5月には福岡に転勤。しばら
くは無茶苦茶忙しく、仕事に追われていました。やっと一息継いで、余裕が
出来たのは秋頃。大阪へのセンチメンタルな気持ちも生まれたそんな頃に、
カーラジオから流れるFMで「満月の夕」ヒートウェイブ版を聞きました。

もう号泣です(笑)。マジ泣きボロ泣き。
運転しながらのボロ泣きで「アカンアカン、事故る事故る」と必死に九州自
動車道を走っていたのを覚えています。
自分は所詮被災地の方々からすれば、よそものです。ですが神戸で見聞きし
たこと。その時の思い。少しでも手助け出来た。あれだけしか手助け出来な
かった。もっと何か出来なかったのか。etc…
いろんな思いと記憶が蘇り、泣けて泣けてたまりませんでした。
この歌と宇崎竜童の「ある風景」は、あの頃にカーFMで聞いてエラい目に
あった名曲です。。。



番組内では、この曲をカバーしたアーティスト達も紹介。そして神戸だけで
なく、東日本大震災の被災者にもこの曲が広まっていったことが語られます。

印象的だったのは、泣くことを忘れた日々を過ごしていたが、この歌のおか
げで泣くことが出来た… という被災者の方の声が、神戸でも東北でもあっ
たこと。音楽と詩が人の心に作用する、その力の素晴らしさ。

あと「この歌を歌うにはもの凄いエネルギーがいる」として半ば封印状態で
あった山口洋が、3,11を経てまた歌うようになったこと。
知らなかったなあ。何かふっ切れたのかな。よかった。


この歌を愛する方には必見のドキュメンタリーでした。ご存じない方は是非、
聞いてみて下さい。いい歌ですよ。


ヒートウェイブ版 歌詞

▼ヒートウェイブ版 曲




ソウル・フラワー・ユニオン版 歌詞&曲






テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/629-9f9099c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。