TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田孝之の東京都北区赤羽 第1話

2015,1,9深夜 放映 テレビ東京系列

『山田孝之の東京都北区赤羽』第1話「山田孝之、芝居が止まる。」感想

またえらくけったいなドラマが始まりました。さすがテレ東深夜枠。

「ドキュメンタリードラマ」ということで、かなりユニークな作りになって
いるこの作品。予備知識ほとんど無い状態で視聴し、少々混乱しました。
で、公式サイトやネット上の紹介記事を見てみた訳ですが……。
とりあえず、公式サイトのイントロダクションにある、あらすじを引用。


 2014年の夏、ある映画の撮影中に、役と自分を切り離すことが出来なく
 なり苦悩していた山田孝之は、赤羽に実在する個性的な人たちを面白おか
 しく描いた漫画『ウヒョッ! 東京都北区赤羽』に出会い、感銘を受ける。
 「ここに行けば、見失った本来の自分を取り戻せる」と直感した山田は、
 信頼を寄せる映画監督・山下敦弘を自宅に呼び出し、赤羽に向かうことを
 告げる。
 そして、赤羽での自分の姿を撮影してほしいと依頼。



更に、公式サイトに記載されている監督コメントなどを読むと、

こうして、カメラを廻し続けた山下監督。その記録を、ドキュメンタリーの
監督として活躍する松江哲明監督に協力を依頼し、一つの作品にしようとし
ます。松江監督は「2時間前後の映画にまとめてしまうのは、もったいない」
と思いテレビ東京に相談したところ、全12話の番組として放送されることに
なった……。

というのが、この作品の製作の流れとして記されています。ネット上にある
メディア記事にも、これに準じた内容で「ドキュメンタリードラマ」として
紹介されています。

しかし、多分ですが100%ドキュメンタリーではないのでは、と思われます。
フェイクが幾分混じっているのでは。


「モキュメンタリー」というジャンルがあります。ウィキペディアによると
「架空の人物や団体、虚構の事件や出来事に基づいて作られるドキュメンタ
リー風表現手法」とあります。映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」や
「クローバーフィールド」が代表的な作品例です。

この言葉の定義を正確に把握しているかは自信は無いので、断言はできませ
んが本作品もモキュメンタリー、もしくは「フェイク・ドキュメンタリー」
「疑似ドキュメンタリー」である可能性が高いと思います。
この第1話にて語られた、山田孝之が赤羽に行くことになるまでの過程は、
フィクションであると感じられました。

山下監督は、これまでにもいくつもの「フェイク・ドキュメンタリー」と言
える作品を生み出した人。自身も俳優としての出演経験も何本かある方です
し、逆に100%ドキュメンタリーなら、「ドキュメンタリードラマ」とドラ
マを付けないでしょう。

作中にて山田孝之の自宅の棚に並ぶDVDのタイトルが写るシーンがあります
が、「靖国」やら「A」やらドキュメンタリー作品が並ぶ中、最初に写るの
が『容疑者、ホアキン・フェニックス』というモキュメンタリー映画なのも
意味深に感じ取れます。
エンドロールの「協力」にも、同タイトルが挙げられていました。


作品では今後、元ネタとも言えるマンガ『東京都北区赤羽』に登場する実在
する住人たちに山田孝之が会いに行くようですが、果たしてそこは100%ド
キュメンタリーなのかどうなのか。「鶴瓶の家族に乾杯」を赤羽で山田孝之
がやった。って感じになるのか(笑)。

「山田孝之の赤羽に乾杯」も面白いとは思いますが、最低限の演出はあって、
その上で現場のライブ感、インプロビゼーションを重要視した映像になって
いるのでは、と予想しています。


ちなみに、共同監督の松江哲明がtwitterにてこんな発言。

akabane_higekoi002a.jpg


うん、期待しちゃいますね。

役者バカ・山田孝之による異色・異形のドラマ。見逃せません。




公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/akabane/

“誰も見たことがない山田孝之”を映した衝撃のドキュメンタリードラマ
:Smartザテレビジョン

山田孝之が北区赤羽で過ごした夏を追う!異色の密着ドラマ放送!:シネマ
トゥディ


【 『山田孝之の東京都北区赤羽』第1話 キャスト&スタッフ 】

山田孝之 ---本人
山下敦弘監督 ---本人
佐藤宏、加藤正記、大石昭弘、仲野毅

出演協力 清野とおる(漫画家)、
     小出俊雄(赤羽一番街商店街振興組合 理事長)

[第2話以降の出演者]
綾野剛、大根仁、やべきょうすけ、吉井和哉、and赤羽の住人たち


清野とおる 
 『東京都北区赤羽』『ウヒョッ! 東京都北区赤羽』(双葉社) より

監督:山下敦弘、松江哲明
オープニングテーマ:スチャダラパー「中庸平凡パンチ」
音楽:岩崎太整
プロデュース:太田勇
プロデューサー:清水啓太郎、山野晃
制作:テレビ東京、松竹撮影所
製作著作:「山田孝之の東京都北区赤羽」製作委員会


テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/626-acca643f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。