TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世にも奇妙な物語 2014秋の特別編

2014,10,18 放映 フジテレビ系列

オムニバスドラマ『世にも奇妙な物語’14秋の特別編』感想


■『サプライズ』
【キャスト】
多部未華子 ---藤村優希…IT会社の契約社員
馬場徹 ---健斗…優希の恋人
藤井美菜 ---雅美…優希の友人 
津村知与支 ---松田…優希の上司
加治将樹、宮田早苗、渡辺桂子、森富士夫 他
【スタッフ】
脚本:守口悠介
演出:松木創

この悪趣味な感じが『世にも〜」らしいです。らしくて惜しい作品。
これ、最後のサプライズは彼氏なのか、上司なのか、どっちでしょう?
管理人を殺したのは、彼氏と同じ時計をしていた上司。歩道橋で彼氏を突き
落とし、彼氏に指輪を飲み込ませた。ってことで上司だった……と私は解釈
してますが。
彼氏の階段落ちがなかなか豪快ですごかった。



■『走る取的』
【キャスト】
仲村トオル ---信田…サラリーマン
音尾琢真 ---亀井…信田の後輩
水沼天孝 ---取的

【スタッフ】
原作:筒井康隆『走る取的』(「懲戒の部屋 自選ホラー傑作集1」新潮文庫所収)
脚本:高山直也
演出:岩田和行

幕下の序二段・序ノ口などの下級力士を取的(とりてき)と呼ぶことを知ら
なかった。。。
原作未読ですが、おそらく筒井御大の文章で読んだ方が、怖い雰囲気は出て
いるような。ターミネーターのような取的が、どこかコミカルに見えてしま
います。
大体、主人公の話もそれほど怒る内容ではないと思うのですが…。
だからこそ、理不尽で怖い、ということか。
それほどヒネリの無いオチでしたが、話的にはこれで良いと思います。ただ、
最後のボキボキ音はもう少し「らしく」して欲しかった。エグいぐらいに。



■『未来ドロボウ』
【キャスト】
吉田鋼太郎 ---大葉國正…功成し財を得たが、病で死を目前とした大脳生理学者
神木隆之介 ---白井直輝…就職がなかなか決まらない大学生
東根作寿英 ---森元…大葉の執事
大原櫻子 ---楠彩香…白井の彼女
阿南健治、舟木幸、笠井薫明、岸明日香、葉加瀬マイ 他
【スタッフ】
原作:藤子・F・不二雄「未来ドロボウ」
脚本:大野敏哉
演出:後藤庸介

さすが藤子Fセンセイな話。切なくも暖かい、スコシフシギナ物語でした。
吉田鋼太郎の熱演が光ります。最近はCMでもコミカルなことしてますね。
神木クンも、こういう役者さんとの共演で経験値が高まることでしょう。



■『冷える』
【キャスト】
若村麻由美 ---志倉頼子…スーパーでパートをしている主婦
飯田基祐 ---志倉敬介…頼子の夫
大山蓮斗 ---志倉俊平…頼子の息子
内田慈、村松利史 他
【スタッフ】
脚本:山岡潤平
演出:村上正典

夢オチ完全否定派には酷評されると思いますが、私は好きですね。確かに、
古くは「邯鄲の夢」「マッチ売りの少女」から、映画でも「ふくろうの河」
という短編映画の傑作を始め、数え切れないほどの夢オチネタは存在します。
『世にも〜』でも夢オチはいくつもありますね。
それ故、もはや「禁じ手」との扱いもありますが、話の収拾がつかない苦し
紛れの選択ならともかく、ストーリーの持って行き方としては、やはり効果
的だと私は思います。

ただ、本作は消防士になったところで終わらせても良かったかも知れません
ねー(苦笑)。ドンデン返しにこだわったのかも知れませんが、『世にも〜』
ならそれでアリだったのでは。
他人には理解されにくい、病の症状や体調不良に悩み苦しむ人へのファンタ
ジーとしてなら、その方が良かったと感じました。



■『ファナモ』
【キャスト】
戸田恵梨香 ---温子…拓也との結婚を考えている
平山浩行 ---拓也…温子の恋人。ファナモ(次世代排泄物)に替えた。
平田満、橋本真美、緒沢あかり 他
【スタッフ】
原作:前田司郎『ウンコに代わる次世代排泄物ファナモ』
        (「恋愛の解体と北区の滅亡」講談社所収)
脚本・演出:前田司郎

これはまた……(笑)。異色作。数年後も話のネタになりそう。ここ数年で
ダントツにキテレツ。
う○このことをマジメに語るとは。時間帯的にも最後にふさわしいか(笑)。

冒頭の会話などから考えるに、過度に清潔にこだわる都市生活、行き過ぎた
効率化への皮肉なんでしょうね。動物が減ってきている。つまり生態系が崩
れて来ている。そしてオチ。排泄物だけではなく生殖機能にも手を加える。
草食系なんてレベルじゃないです。きっと人類の種の保存に悪影響を与える
ことでしょう。

しかし…マギナスかあ…。ファニスかあ…。それよりファニーなのかぁ……。
うーーん。



■【超短編ドラマ】
『インターホン』 ハマカワフミエ、瑠衣夏
『シャドーボクシング』 真剣佑
『クリームソーダ』 岸井ゆきの、猪野広樹
『捨てられない女』 大久保佳代子
『標識』 宮根誠司 宅間孝行

そーいや、最近はこういうショートショートなの無かったですね。
『インターホン』が好き。貞子さんも、昔の箱形ブラウン管テレビなら出や
すかったでしょうに、今の薄型液晶テレビからは出にくいだろーなー。




【過去関連記事】
『世にも奇妙な物語 2014春の特別編』
『世にも奇妙な物語 2013秋の特別編』
『世にも奇妙な物語 2013春の特別編』
『世にも奇妙な物語 2012秋の特別編』
『世にも奇妙な物語 21世紀21年目の特別編』
『世にも奇妙な物語 20周年sp・秋 ~人気作家競演編~』
『世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春 ~人気番組競演編~』
『世にも奇妙な物語 秋の特別編2009』
『世にも奇妙な物語 春の特別編2009』

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/621-269fcccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。