TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 信長協奏曲 第1話

14,10,13 放映 フジテレビ系列

ドラマ『信長協奏曲』第1話 感想

原作は未読。ドラマ版も当初はスルーするつもりでしたが、先日深夜放映さ
れたアニメ版を視聴、思いの外良かったので、ドラマ版も観てみることに。
ただ、これ映画も公開予定なんですね。ということは、ドラマはいいとこで
終わって、続き&ラストは映画で……ということでしょう。こういう前提の
実写化は商売っ気丸出しな感じで、どーも好きになれないなあ。


で、第1話視聴。台風19号の上陸でL字放映なのはやむを得ません。大阪も
久しぶりにもろ直撃コースでしたし。市内はそれほど影響なかったけど。

まず、アニメ版を見たものとしては、いろいろと設定が改変されていたのが
気にかかりました。
なかでもサブロー信長と帰蝶のキャラ設定の変更、平手政秀の存在カットは
改悪に思えます。サブロー信長はヘタレになってるし、帰蝶はツンツンした
向こう気の強い女性に。その他家臣も槍の使い手で豪傑だった森可成が小柄
で気の弱そうなおっちゃんになったのを始め、違和感だらけ。
特に平手の爺がいないのは納得出来ない…。どう信長を語ろうとも、この人
は欠かせないと思うんですがねえ。出るなら1話から出てないとおかしいし。

また、リアル信長が明智光秀と名乗って終了、という衝撃のラスト演出でし
たが、これも「え、もう言っちゃう?」と気になりました。

アニメ版では、5話ラストでリアル信長再登場、そして6話冒頭で明智光秀
と名乗る、という展開。いろいろとストーリーが進んだ上で、やっと登場す
る訳です。ここで遂に、タイトルの「協奏曲(コンツェルト)」が俄然意味を
持ち始めて物語が収束し、観てるコチラも気分がアゲアゲになる! という
アニメに対し、ドラマの第1話じゃ早過ぎないかい? と思ってしまう。
見始めた視聴者を、まずは2話にも引っ張るための最大効果を狙ったんでし
ょうけど、それなら道三のこととか、引っ張るネタは他にもあったろうに。

まあ、アニメ版を観ただけで原作を読んでない奴が「原作ガー」「キャラの
性格ガー」と言う資格がそもそもあるのか、とツッコまれそうなので、この
話題はこの辺で。


何よりも、時代劇と見えないのが残念なところ。『戦国自衛隊』を時代劇と
は見ないように、本作もフジの月9なんだし、本格時代劇など期待せずにSF
ファンタジーと思ってみればいいんですが、アニメ版がよく出来ていて時代
劇として見れたもんですから……。

美術、照明など、時代劇としてはどうなんだろ…と思える箇所が多過ぎ。
山田孝之とか柳楽優弥は少ない出番ながら存在感を示し、良い演技を見せて
くれましたが、向井理は私的にはダメでした。武士に見えない。

合戦シーンは大河ドラマよりエキストラ揃えて、それなりの迫力を出してい
たし、柳楽信行の切腹では勝家がまさかの介錯仕損じで2度斬るなど、思わ
ぬ演出で壮絶さを生んでおり、いいポイントもいくつかあります。

視聴切り捨てに未練が残るのが、脚本家が『妖怪人間ベム』の西田征史だと
いうこと。
果たして、原作レイプのグダグダドラマとなるか、オリジナリティを巧みに
取り入れた意欲作となるか、見極めるのにはもう少し視聴継続する必要があ
りそうです。教科書の行方も気になるし。




公式サイト==信長協奏曲:フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/nobunaga-concerto-drama/index.html


【ドラマ『信長協奏曲』第1話 キャスト 】

▼織田家
サブロー / 織田信長 ---小栗旬
 …主人公。勉強嫌いなごく普通の高校生。歴史には興味無し。目の前の困難から
  すぐ逃げ出す傾向がある。戦国時代にタイムスリップし信長と出会う。二人は
  瓜二つの顔立ちであり、頼まれて信長として生きていくことになる。
明智光秀 ---小栗旬(二役)
 …本当の信長。病弱であり、乱世を織田家跡継ぎとして生き抜いてはいけないと
  自覚していた時に瓜二つのサブローと出会い、自分の替わりに信長として生き
  ていくことを託す。その後、明智光秀として現れ信長の家臣として彼を支える。
帰蝶(濃姫) ---柴咲コウ
 …信長の正室。信長とは折り合いが悪く、常に冷ややかな態度で接する。
池田恒興 ---向井理
 …信長とは乳兄弟。信長が最も信頼する筆頭家臣であり、常に信長の支えとなる。
織田信秀 ---団時朗
 …信長・信行の父。
織田信行 ---柳楽優弥
 …信長の弟。家督を継いだ信長に不満を持ち、命を狙う。
織田信清 ---麿赤兒
 …犬山城城主。信長の従兄弟。信秀はおじとなる。
森可成 ---森下能幸
 …信長の忠実な家臣。後に信長の近習となる森蘭丸の父。
丹羽長秀 ---阪田マサノブ
 …信長の忠実な家臣。
柴田勝家 ---高嶋政宏
 …織田家家臣。信行に仕えるが後に信長の家臣となる。
重平 ---澤部佑
 …信長の家来。お守りとして家族が持たせた火打石を持つ。
ゆき ---夏帆
 …帰蝶の侍女。
沢彦 ---でんでん
 …信長の教育係。本物の信長(光秀)に仕え、光秀が師と仰ぐ和尚。

▼斎藤家
斎藤義龍 ---新井浩文
 …道三の息子、帰蝶の兄。使者として尾張に現れ、織田家の家督相続に加担する。
斎藤道三 ---西田敏行
 …”美濃の蝮(まむし)”との異名を持つ戦国大名。娘の帰蝶を信長に嫁がせた。

▼今川家
田原伝二郎 ---山田孝之
 …今川義元の間者。織田方の情報を探る。後に名前を変え、織田家の家臣となる。
段蔵 ---早乙女太一
 …今川義元の間者。伝二郎と共に織田方の情報を探る。

▼第2話以降に登場する人物
前田犬千代 ---藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)
佐々成政 ---阿部進之介
竹中半兵衛 ---藤木直人(友情出演)
徳川家康 ---濱田岳
今川義元 ---生瀬勝久


【スタッフ】
原作 : 石井あゆみ『信長協奏曲』(小学館「ゲッサン」連載中)
脚本 : 西田征史
音楽 : ☆Taku Takahashi
主題歌 : Mr.Children「足音〜Be Strong」
プロデュース : 村瀬健、羽鳥健一
演出 : 松山博昭、金井紘、林徹
制作著作 : フジテレビ



テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/618-60c9d51d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。