TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ アオイホノオ 第1話

14,7,21 放映 テレビ大阪

ドラマ24『アオイホノオ』第1話 感想

原作のマンガは読んだ時に、まず映像化は無理だろうな、と思っていた作品。
それがまさかの映像化。それもアニメではなく実写。すごい。

芸大を舞台に、マンガ家デビューを目指す若者を描いたコメディーですが、
あくまでもフィクションと断りをいれながらも作者の自伝的作品であり、登
場する人物、作品はほとんど実在。
こんなのを実写化しようとしたら、権利関係の許可をとるのに大変であろう
ことは容易に予想できます。

どうなることやら、今期イチバン期待し楽しみにしておりましたが、いやー、
面白かった。期待を裏切らないクオリティの高い第1話でした。
冒頭に、いきなりダイコン3OPで吹き出した(笑)。

テレ東さんのこの枠、むっちゃハズレが無いなー。
東京から3日遅れの大阪放映は、これまでと変わらず。ただ、字幕が今回か
ら付くようになりました。小声・つぶやきの演技な時にはありがたいです。


感心したのはキャストです。原作のイメージを損なわなずに、実にいい案配
なキャスティング。
主役の柳楽優弥って、こんな感じでしたっけ? もっとスマートなイメージ
でしたが……。焔モユルという、暑苦しくて虚栄心と自尊心がカオスに入り
交じった若者を見事に具現化しています。あの眉毛、あの走り方……(笑)。

ヒロインのとんこさんに山本美月! いい! 
原作者の島本和彦、直々のご指定だったそうですが、ほんと、トンコさんだ。
関西弁は完璧とは言えませんが、若い時の羽野晶紀を思わせるノホホーンと
した口調が似合っていて、全く意識しておらず、そんなつもりもないのに焔
にとっては悪女と化すトンコにバッチリ。
原作者特権で『今日のとんこ』という写真を毎日送ってもらっていた、とい
う島本和彦、うらやましいぞ!

その他、庵野に安田顕、山賀にムロツヨシなど、大学の一年生にしては若干
年齢層が高いけど、面白くて気にならない配役はほぼベストといえるのでは。

画面は他のドラマに比べ、若干明るめ? 開け気味にしてる?
レフ板の替わりに鏡で太陽光を反射させて焔の顔にあててたり、面白い描写
もありました。



1980年が舞台、ということで世代的には私はちょい下になりますが、あの頃
の空気感を知っているので一層楽しいんです。この作品。
ダイコン3、4のOPアニメを観たくてゼネプロに行ったなー。

ケータイもインターネットも無かったあの頃。ビデオがやっと普及し始めて、
映像作品を撮る、となれば8ミリだった。

オッサンホイホイな作品なんですが、あの頃の雰囲気とか、登場する後に名
を成すクリエイターたちの名前とかを知らなくても、きっと楽しめる作品だ
と思います。勿論知っていれば尚のこと。

空気感であえて言うと、服装がまだまだ今っぽい感じ。もっと「ダサく」し
てもいいと思います。それにシャツインしてる奴もいたけどアウトもいた。
あの頃は、ほぼ全員イン。あと芸大生なら長髪率ももっと高いはず。
そんな文化風俗あたりも、らしく描いて頂ければもっと楽しめるかと。



根拠の無い自信。意味不明に増大した自尊心。何にでもなれる気しかしない
けど、何者でもない存在。そのことは薄ら気付いてはいるけれど、気付かぬ
フリして隠蔽して、とてつもない物語の主人公であると自らを信じ込ませて
いた。

一言で言うと、「イタい」です。
でも、その一言では済ませられない何かがあって。

ひたすらにアツく、寄り道回り道空回りの若き日々。
青春ものの快作となる予感で一杯です。最終回まで堪能したいと思います。





テレビ東京「アオイホノオ」公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/aoihonoo/index.html


アオイホノオ会見で監督「許可は全部降りた」:コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/news/121386
〜監督記者会見。
「あれやこれやの許可は、全部降りております!」
「ドラマにはあの映像もあの人の名前も、余すところなく登場します」
 との発言。期待!


TVドラマ「アオイホノオ」特集:コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/pp/aoihonoo
〜原作者の撮影現場レポートあり。公私混同で楽しんではります。


【 ドラマ『アオイホノオ』第1話 キャスト 】

焔 モユル ---柳楽優弥
 …本作品の主人公。大阪芸術大学映像計画学科一回生。18歳。自分がその気に
  なればいつでもプロデビューできると考えている自信家だが、何一つ行動を
  起こしてはいない。
森永 とんこ ---山本美月
 …バドミントン部のマネージャー。三回生。関西弁を用いる。主人公の焔が密か
  に想いを寄せている。近眼であるが、眼鏡が嫌いで裸眼で暮らしている。主将
  の村上と交際している。
庵野 ヒデアキ ---安田顕
 …焔の同級生。アニメ・特撮に詳しく、人並み外れた作画能力を持つ。作品制作
  において次々と焔の自信を打ち砕く。後に「新世紀エヴァンゲリオン」を監督。
山賀 ヒロユキ ---ムロツヨシ
 …焔の同級生。絵の才能は全く無いが、人の才能を見抜く能力はあり、プロデュ
  ーサーとして一儲けしようと企んでいる。後に「オネアミスの翼」を監督。
赤井 タカミ ---中村倫也
 …焔の同級生。山賀や庵野と共に行動。柔らかく、可愛いもの(女の子)の作画
  に秀でている。後に「プリンセスメーカー」などを製作。
岸本 ---大水洋介(ラバーガール)
 …焔の同級生で友人。きっちゃん。焔の言動に毎回いいリアクションを返してく
  れるいい奴。
高橋 ---足立理
 …焔の同級生で友人。仮面ライダーマニア。当時、高価だったビデオを所有。
村上 ---川久保拓司
 …3回生で。後輩の筋トレ中に落語を聞かすバトミントン部主将。とんこの彼氏。
南 マサヒコ ---遠藤要
 …焔の同級生。映像制作実習で焔とグループを組む。後にアニメ制作会社ボンズ
  の社長となり「鋼の錬金術師」などを作った男。
大学教授 ---きたろう
 …映像計画学科の教授。学生に制作課題を伝える。

金子伸哉(バトミントン部の先輩)
川並淳一
今中菜津美
北尾貢次
市橋直歩

声の出演 古谷敏、鶴ひとみ(共に漫画「ナイン」の声で)


▼第2話以降の登場人物
津田 ヒロミ ---黒島結菜
 …焔と同期。バトミントン部部員。焔に好意を持っている?
MADホーリィ ---佐藤二朗
岡田 トシオ ---濱田岳
武田 ---ぎたろー(コンドルズ)
凩 マスミ ---小嶋陽菜
ミノムシミノコ ---上地春奈
岩瀬 ジュン ---市川由衣
みゆき ---竹富聖花
山賀の妹 ---葵わかな
矢野 ケンタロー ---浦井健治

【スタッフ】
原作 ---島本和彦『アオイホノオ』(小学館「ゲッサン」連載中)
監督・脚本 ---福田雄一
音楽 ---瀬川英史
オープニングテーマ ---ウルフルズ「あーだこーだそーだ!」
エンディングテーマ ---柴咲コウ「蒼い星」
原作画監督 ---一本木蛮
特別協力 ---小学館、大阪芸術大学、円谷プロダクション
チーフプロデューサー ---中川順平(テレビ東京)
制作 ---テレビ東京、電通
制作協力 ---レスパスフィルム
製作著作 ---「アオイホノオ」製作委員会
=============================

アオイホノオ 第2話へ


aoihonoo0101.jpg



テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/599-7a53fe1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。