TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第151回芥川賞、柴崎友香が受賞!

==================================
第151回芥川龍之介賞(以下、芥川賞 )と直木三十五賞(以下、直木賞)の
選考会が17日、東京都内で行われ、芥川賞は柴崎友香(しばさき・ともか)
さんの「春の庭」(文學界6月号)、直木賞は黒川博行(くろかわ・ひろゆ
き)さんの「破門」(KADOKAWA)に決定した。柴崎さんは候補4度目、黒
川さんは候補6度目にして受賞を決めた。
(以下略)
==================================
芥川賞 : 柴崎友香さん 直木賞は黒川博行さんに決定:MANTANWEB
http://mantan-web.jp/2014/07/17/20140717dog00m200057000c.html


高樹のぶ子選考委員「“ドヤ顔”しない小説」:MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140717/bks14071722570002-n1.htm
〜選考委員からの講評記事。
「こんなにもめた選考会は私の記憶の中でありません。一番大変でした。」


柴崎友香さん「本当は混乱しています」:MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140717/art14071723190010-n1.htm
〜受賞後の会見、一問一答。



柴崎友香さん、受賞おめでとうございます。
彼女は高校の後輩でありまして、学生時代にはお会いしたこともあるはず。
向こうは確実に覚えていないでしょうけど(笑)。
ですから個人的にも応援している作家さんであり、今回の受賞のニュースを
聞き、とても嬉しく思っています。

彼女の小説に登場するキャラクターが話す関西弁は、とても自然で心地よく
読めるんですね。関西弁の会話を文字にするのは意外と難しいもので、関西
女流文学の系譜を受け継ぐ作家さんとしても、活躍を楽しみにしておりまし
た。現在は東京在住で、受賞作も東京が舞台だそうですが、大阪弁の会話も
登場するとか。

今回で4度目の候補でしたが、前評判も高かったので期待も高まっておりま
した。ほんと、よかった。
おめでとう!


テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/597-c2b4f475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。