TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウントン・アビー シーズン1 第1話

2014,5,11放映 NHK総合

『ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館』第1話「嵐の予感」感想

英国の貴族社会を描いた映画・マンガ・小説などの作品って、女性を中心に
人気がありますね。本作品も本国イギリスやアメリカなどで大人気となり、
エミー賞、ゴールデングローブ賞、BAFTA(英国アカデミー賞)ほか、
数々の賞を受賞したそうです。さらにはラルフ・ローレンが「ダウントン・
スタイル」をテーマにコレクションを発表したり、ギネスに登録されたりと、
世界を席巻する勢いのこのドラマ。NHKでシーズン1が放映スタートです。
ちなみにイギリスではシーズン4まで放映され、今年中にs5が放映とのこと。

予告で貴族たちだけでなく、その下で働く執事やメイドなどの使用人の視点
が盛り込まれている群像劇である様に感じられ、そこが面白そうで視聴。
「黒執事」とか「英國戀物語エマ」とか読んでる方々は、かなりの確率にて
観ておられそうです。私はどっちも読んでませんが、エマは機会があれば読
んでみようかな…。

NHKでは副題が「華麗なる英国貴族の館」と付いていますが、スターチャン
ネルで放映された際には「貴族とメイドと相続人」という副題になっていた
ようです。こっちのほうが似合ってると思うけど、NHK的にはまんま使う訳
にはいかなかったのかな?



『ダウントン・アビー』の舞台は1912年のイギリス。題名の「ダウントン・
アビー」とは、イギリスの田園地帯にある大邸宅の名称です。

ダウントン・アビーで暮らすグランサム伯爵一家に、ある朝届けられた新聞
と電報。新聞にはタイタニック号沈没を伝える記事、電報にはいとこのジェ
ームス、甥のパトリックがタイタニックに乗船しており、救助されなかった
ことが記されたいた。この日から彼らの運命が大きく変わっていく……。

甥のパトリックはグランサム伯爵の長女メアリーと婚約していた。伯爵の爵
位と財産の継承権は男性に限られ、メアリーたち三人の娘には無い。そこで
継承者である甥のパトリックと長女メアリーが結婚することによって、相続
を円滑に行おうとしていたんですね。ところがパトリックが消息を絶った。
これはクローリー家にとって一大事です。
次の継承者は顔も知らぬ遠〜い親戚、マシューにあることになり、遠く離れ
た地にて中流家庭な暮らしのマシューにそのことを知らす手紙が来て、彼が
驚くところで1話終了。以後、マシューを加えての様々な愛憎劇、群像劇が
繰り広げられることになりそうです。

欧米の映画や小説などで、よくこんな風に見知らぬ親戚が死んだとのことで、
突然に莫大な遺産が舞い込んでくる…なんて話ありますね。欧米はカッチリ
と遺産の継承順が血縁で定められているのでそんなことがありえる訳です。
私にもそんな金持ちな親戚、いねーかなぁ……(笑)。


さて、まずは物語の導入となる第1話、文句無しの出来映えです。さすが、
高評価で人気のあるドラマなことを実感しました。
限られた時間で多くの登場人物を見事に紹介、キャラを理解させています。
ストーリーも興味深く、ミニエピソードも面白。いわゆる「腐女子」な方々
も歓喜するような展開もあり(笑)。ま、英国貴族のイケメン、といえばもう
お約束ですな。

時代設定に忠実に再現された豪華な衣装・調度品。ロケも実在の古城で行わ
れ、脚本家は貴族出身だそうで、その辺りのリアリティは文句無しでしょう。
(ロケに使われた館は「ハイクリア・キャッスル」という現在もある伯爵家
が居住する屋敷。キューブリック監督の遺作『アイズ・ワイド・シャット』
やケビン・コスナーの『ロビンフッド』の撮影にも使われたとのこと)
私が興味を抱いた使用人の描写も楽しめました。彼らにも格差があり、衣服
の違いがあったりする。メイドの服装も昼食後は朝と違う服だったり。更に、
これを原語で楽しめるなら、喋り方も違ったりしているのでしょうね。


本作を理解する上で、まずは「限嗣相続制(げんしそうぞくせい)」を理解して
おく必要がありそうです。劇中のテロップによると、
「不動産の分散を防ぐ為に土地や屋敷を主に男子一人のみに相続させること」
相続の順位を親族内で定めるにあたり、殆どの場合は長男を筆頭に男系にて
たどっていき、女性には相続できないことになっています。
劇中では当主ロバートには息子がいないため、爵位、邸宅、土地など財産の
全てを、どれだけ遠い親戚でも男性を辿り、彼一人に相続させることになる
のです。

この件を調べてみたのですが、法的には1837年に定められた遺言法によって
限嗣相続は廃止されたそうです。で、ちょっと混乱してしまったのですが…。
現伯爵夫人のコーラと先代伯爵夫人のバイオレットの会話から判断すると、
先代の伯爵が所領の分轄を防ぐため、限嗣相続にて遺言で指定したと思われ
ます。その為、コーラの持参金さえも遠縁の継承者・マシューに渡ってしま
うことになるのです。

そこで、バイオレットが「限嗣相続制を打ち壊す」と言った。どんな方法で
打ち壊すのかは判りませんが、そうすれば屋敷など、ローラの持参金を含め
た財産は長女のメアリーに相続させることは可能。但し、伯爵の爵位だけは
どうしようもなく、継承者のマシューに渡ることになります。

今後は、
1)メアリーとマシューが政略結婚する。そうすれば爵位も財産も安泰。
2)限嗣相続を止める。爵位はマシューへ受け継がれるが、財産は守られる。
3)マシューが相続。クローリー家は全てを失う。
のどれかになるか、をメイン軸にして、各キャラクターの様々な物語が繰り
広げられることになりそうです。



もう一つ、英国貴族の話では「爵位」についても理解しておく必要がありそ
うです。で、いろいろ検索。

ややこしいのう……(笑)。
中々すぐには理解出来そうにはありませんが、簡単に記しておくと、

貴族には公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵の5階級があります。このドラマの
クローリー家当主・ロバートはグランサム伯爵とよばれますが、この「グラ
ンサム」は地名ですね。ロバートが治めている領地の名です。
公爵、侯爵、伯爵を爵位で呼ぶときは「領地 + 爵位」となるそうです。
ですから、ロバート伯爵もクローリー伯爵も間違い。グランサム伯爵となる
のです。

ちなみに、子爵、男爵を爵位で呼ぶときは「苗字 + 爵位」となり、もしも
ロバートが男爵だったなら、クローリー男爵となるそうです。

詩人のバイロンは男爵であり「バイロン卿」と呼ばれますが、この「卿」は
「Lord」の訳語。これも爵位名の呼び方と同じく、領地と姓を使い分けます。
ジョージ・ゴードン・バイロン男爵はバイロン卿ですし、このドラマのグラ
ンサム伯爵ロバート・クローリーはグランサム卿。クローリー卿とは言いま
せん。
但し、公爵は「Lord」と呼びませんので公爵のみ「卿」は用いません。

以上、いろいろ調べた結果分かったこと。ややこしや。


さて、この『ダウントン・アビー』s1は全7話。英国ドラマは1シーズンが
短めですね。続きのシーズンもどんどん放映して欲しいけど、しないだろう
なあ…(笑)。
全く興味の湧かない、どこぞの国の創作歴史ものがやっとこさ終わって本作
が始まり、喜んでいたのですが、この『ダウントン・アビー』が終わった後
には、またあの国の創作歴史ものをやるそーで。溜息……。
ま、それまでこの英国の良質なドラマを堪能したいと思います。



【 ドラマ『ダウントン・アビー』シーズン1 主なキャスト(声の出演) 】

▼グランサム伯爵家
ロバート・クローリー/グランサム伯爵:ヒュー・ボネヴィル(玉野井直樹)
 …クローリー家当主。邸宅「ダウントン・アビー」と領地を大切に守ることが
  何よりのこと。財産の継承権問題に悩む、心優しき紳士。
コーラ・クローリー:エリザベス・マクガヴァーン(片貝薫)
 …グランサム伯爵夫人。米国の富豪の娘で、持参金目当てのロバートと結婚し
  たが、今は互いを思いやる夫婦。長女メアリーに相続させたがっている。
メアリー・クローリー :ミシェル・ドッカリー(甲斐田裕子)
 …伯爵の長女。美しく聡明、気が強い。限嗣相続制では長女といえど財産継承
  権は無く、継承権を持つ親類のパトリックと婚約していたがタイタニック号
  沈没でパトリックは死亡、相続出来なくなる。
イーディス・クローリー:ローラ・カーマイケル(坂井恭子)
 …伯爵の次女。何かと姉メアリーに対抗心を燃やしている。
シビル・クローリー:ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ(うえだ星子)
…伯爵の三女。自由奔放で、変わりゆく社会に関心が高い行動的な女性。
バイオレット・クローリー:マギー・スミス(一城みゆ希)
 …先代伯爵夫人。現伯爵ロバートの母。誇り高く格式を重んじる。息子が米国
  人と結婚したことが未だに不満で絶えずコーラに嫌味を言うが、メアリーに
  財産相続をさせたい点ではコーラと意見が一致している。
マシュー・クローリー:ダン・スティーヴンス(佐藤拓也)
…ロバートの遠縁の親戚。爵位の継承者。中流階級の弁護士。伯爵家とは面識
 もなかったが、突然継承者と知らされる。
イザベル・クローリー :ペネロープ・ウィルトン(水野ゆふ)
 …マシューの母親。亡き夫は医師で、彼女も看護婦として働いていた。伯爵家
  の人々とは価値観が異なり、典型的貴族のバイオレットと対立する。

▼使用人
ベイツ:ブレンダン・コイル(谷昌樹)
 …新しく雇われた従者。当主ロバートの身の回りの世話をする(従者は主人の
  直轄で、執事の監督下である他の男性使用人とは別扱い)。軍隊時代にロバ
  ートの従卒だった。戦場で左脚に受けた傷が除隊後に悪化し杖が欠かせない。
チャーリー・カーソン:ジム・カーター(中村浩太郎)
 …執事。食器室、ワイン・セラー、食堂および男性使用人の管理責任者。少年
  の頃から伯爵家に仕えており、格式を重んじる。
ヒューズ:フィリス・ローガン(沢田泉)
…家政婦長。家事全般および女性使用人の管理責任者。冷静で公平。カーソン
 のよき理解者。
オブライエン:シボーン・フィネラン(山本留里佳)
 …侍女。伯爵夫人コーラの身の回りの世話をする(侍女は家政婦長の監督下で
  ある他の女性使用人たちとは別扱い)。裏で悪口も多く、自己中心的。
トーマス:ロブ・ジェームズ・コリアー(三上哲)
 …第一従僕。自尊心の強い野心家。従者の座を狙っていて、ベイツが疎ましい。
  似た者同士の侍女オブライエンとよく結託している。
ウィリアム:トーマス・ハウズ(茂木たかまさ)
 …第二従僕。真面目でお人好し。
アンナ:ジョアン・フロガット(衣鳩志野)
 …メイド長。三人の令嬢たちの世話を中心にメイドのまとめ役も務める。聡明
  で機転が利く。ベイツとは気が合う。
パットモア:レスリー・ニコル(美々)
 …料理長。下働きのデイジーに厳しい。
グウェン:ローズ・レスリー (鈴木美穂)
 …メイド。農家の娘。
デイジー:ソフィー・マックシェラ(中司ゆう花)
 …厨房のメイド。一番下の雑用係。主人たちや客の前に姿を見せることが許さ
  れていない。いつも怒られて走り回っている少女。

▼第1話ゲスト
クロウバラ公爵:チャーリー・コックス(T・ラック)
 …ダウントン・アビーに泊まりにきた公爵。訪問の目的、メアリーへの求婚は
  失敗に終わるが、もう一つの目的は果たした。
 

脚本:ジュリアン・フェローズ
演出:ブライアン・パーシバル
制作:カーニバル・フィルムズ、マスターピース
=========================================
Downton Abbey s1 #01 "Episode One"


『ダウントン・アビー』NHK公式サイト
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/downton/




テーマ:海外ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/588-bc10d36f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。