TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世にも奇妙な物語 2014春の特別編

2014,4,5 放映 フジテレビ系列

土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 '14春の特別編』感想

総評として、良。『世にも〜』らしいプログラムでした。
各話の出演・スタッフリストと感想は以下に。



■『ニートな彼とキュートな彼女』
【キャスト】
玉森裕太--- 秋田雅志・MM2020α
 …就職浪人。単身者用の公団アパートに引っ越してきた。
木村文乃--- MM2020α・五木美優
 …ネットワークシステムによるホログラム映像の専用コンシェルジュ。

【スタッフ】
原作:わかつきひかる(「灰色の想像力2」創元SF文庫所収)
脚本:小澤俊介
演出:高丸雅隆


まず大前提として、主人公はニートじゃないと思うのですが(笑)。
ちゃんと就職活動してるし。あんな公団入りたい。
お話はちょっぴり切ない系。ゆるーいけど、それはかわいい、微笑ましい、
と好意的にとらえましょうか。
それなりの美男美女でないと、この話は成立しないよね…。
あと、主人公がずっと無表情に見えるのが気になるところ。あえて、の演技
なのか、棒なのかは判断不能(笑)。ま、これも好意的に…(笑)。




■『墓友』
【キャスト】
渡辺えり--- 軽部千代美 …桜の木の下にある共同墓を購入した女性。
真野響子--- 伊能夕子 …千代美の隣の墓を購入した女性。
円城寺あや--- 江上 …千代美の職場の同僚。
よしのよしこ、菅谷哲也、兎本有紀、上野山浩 他

【スタッフ】
脚本:吉井三奈子
演出:松木創


怖い。怖いよ。
展開は既視感ありありだし、オチは『キャリー』です。脚本としては正直に
言えばバツ、なのですが演出が上手い。ちゃんと怖がらせる演出がなされて
います。『キャリー』オチに夢オチの合わせ技エンドも良かった。
主役二人が、それなりの年齢のベテラン女優さんであることも大きいですね。
若かったら、この怖さは出せない。真野響子、久しぶりに見た。変わりよう
にビックリ。自殺した、と見せかけての目ん玉カッ! にはビビった(笑)。




■『空想少女』
【キャスト】
能年玲奈--- 朝比奈薫 …歴女。理想のタイプは石田三成。
入江甚儀--- 美沢春斗 …下校時のバスが同じで、薫のあこがれの君。
飯豊まりえ--- 土田恵美 …薫と同じバスに乗る女子高生。
ミッキー・カーチス--- 老人
伊藤幸純、千葉ペイトン、小杉幸彦、窪寺昭、南優、夏居瑠奈、他

【スタッフ】
原作:おかもと(仮)「空想少女は悶絶中」
 (「5分で読める!ひと駅ストーリー 乗車編」宝島社文庫所収)
脚本:向田邦彦
演出:植田泰史


うーん、妄想系はキライじゃないけど、これは今イチかなー。能年がまんま
「あまちゃん」だったのがツライところ。
薫の「ライバル」役の女子高生・恵美の合戦シーンでの見栄えが良いので、
調べてみるとキョウリュウジャーなる戦隊もので戦隊メンバーを演じたこと
がある子だそう。アクションでの見得が判ってるんでしょうね。
メインの女の子二人が共にカワイイので甘い採点になってしまいますが(笑)、
妄想のイカレ度も弱いし、冗長に感じられるのが残念。




■『ラスト・シネマ』
【キャスト】
榮倉奈々--- 星野綾乃 …テレビ局勤務。映像制作に関わる。
金子ノブアキ--- 岩崎和彦 …綾乃の彼氏。
きたろう--- 支配人
大鶴佐助、三上市朗、野間洋子、広瀬諒人、太田美恵、西澤愛菜、黒澤宏貴、他

【スタッフ】
脚本:小峯裕之
演出:山内大典


これもどこかで見たことあるような話。既視感があっても『墓友』のように、
演出と演じ手が巧いと気にならずに見られますが、本作はそこまでのレベル
には達せず。
オチも予想通りで、「ありがち」と思わせない何か、が欲しかった。




■『復讐病棟』
【キャスト】
藤木直人--- 医師 …道夫の息子の担当医。足を引きずっている。
赤井英和--- 石田道夫 …高校の体育教師。息子が事故に会い、病院へ駆けつける。
奥田ワレタ、清水尚弥、豊友大、田中秀幸(声)

【スタッフ】
原作:清水義範(「アキレスと亀」角川文庫所収)
       (「黄昏の悪夢―自選恐怖小説集」角川ホラー文庫)
脚本:高山直也
演出:石川淳一


後味悪い話を最後のエピにしないで欲しいなー(笑)。
なかなか怖かった。ここまでの復讐に至るほどではなくても、理不尽だった
り、無理解だったりの教師の行動・言動に嫌な思い出のある人は結構いるの
ではないでしょうか。だからこそ、この話は恐い。
原作が清水義範とのことで納得。巧い作家さんですからね。
途中出てくる看護婦が点滴に何かを注入するシーンで、彼女も復讐に加担し
ているかと思ったのですが、違ったみたい。ミスリードを誘う演出だった?
あの看護婦も、ラストで腕をまくって「センセイの竹刀の傷、まだ残ってる
んですよ」と妖しく微笑みながら言う…とか、そんなのを予想してた。
エンドのメタルなBGMは少々ヤリ過ぎな感はありますが、怖がらせる演出は
『墓友』に負けず劣らず。最後にタイトル表示も効いてます。



危篤→死亡、の展開が2つあり、更にラストのエピも重篤となって緊急手術。
そしてあのエンドですから…教師の息子は助かりそうにないなあ…
コワイコワイ。




【過去関連記事】
『世にも奇妙な物語 2013秋の特別編』
『世にも奇妙な物語 2013春の特別編』
『世にも奇妙な物語 2012秋の特別編』
『世にも奇妙な物語 21世紀21年目の特別編』
『世にも奇妙な物語 20周年sp・秋 ~人気作家競演編~』
『世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春 ~人気番組競演編~』
『世にも奇妙な物語 秋の特別編2009』
『世にも奇妙な物語 春の特別編2009』



テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/582-3e322909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。