TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマトがハリウッド実写化へ!

====================================
日本の代表的なテレビアニメシリーズ『宇宙戦艦ヤマト』のハリウッド実写化が
再び動き出したようだ。

アメリカでも『Star Blazers(原題)』のタイトルで1979年から放送されたアニ
メ作品『宇宙戦艦ヤマト』。ハリウッド実写化に向け、製作会社のスカイダンス
・プロダクションズが映画化の権利獲得に動いていると2011年に伝えられていた
が、Deadlineによると、そのスカイダンス・プロダクションが、当時も脚本家候
補として名前が挙がっていた『ユージュアル・サスペクツ』(96)でアカデミー
賞脚本賞を受賞したクリストファー・マッカリーを脚本と監督に決めたという。

 マッカリーは『ユージュアル・サスペクツ』の後、『誘拐犯』(01)で監督業
にも進出、最近ではトム・クルーズ主演の『アウトロー』(13)でメガホンを取
っており、『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作となる第5弾でトム
と再タッグを組む予定だ。

 同作でプロデューサーに名を連ねるのはマッカリー監督のほか、『ワールド・
ウォー Z』(13 )や『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(13)のデヴィ
ッド・エリソンとデイナ・ゴールドバーグら。製作総指揮は西崎彰司とポール・
シュウェイクが務める予定だそうだ。キャストや撮影時期などの詳細は不明。

 アメリカでは「ヤマト」号ではなく、「アルコ」号として放送されたアニメ版
『宇宙戦艦ヤマト』は根強いファン層を確保しているようで、『バイオハザード』
シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督なども同アニメのファンであると
公言。フェイスブックなどにもファンページが存在し、IGN選出による「歴代の
SFテレビ番組ベスト50」で22位に選ばれている。
(後略)……

====================================
『宇宙戦艦ヤマト』ハリウッド実写化が再始動 監督はクリストファー・マッカ
リー:クランクイン!

http://www.crank-in.net/movie/news/27562



うーん。。。
こりゃまたビックリな企画が生きていた。。。

まだキャストも撮影日程も未定。果たして無事公開まで漕ぎ着けるかどうか
は全く見えませんが、着実に企画は進行している様です。

監督に予定されているクリストファー・マッカリーは、同じく監督を務める
『ミッション:インポッシブル』のパート5が来年2014年の2月にクランク
インの予定だそうですから、このハリウッド版ヤマトはスムーズにいっても
撮影は2015年になるのでは。それまでに監督降板、変更の可能性も勿論、
ありうる話です。


正確には、あくまでもこれは『ヤマト』の実写化ではなく、米国で公開され
た『スターブレイザーズ』の実写化なんだと思います。
そこは踏まえておかないと、出来上がった作品に日本のヤマトファンは、必
要以上にガッカリすることになりますから。
(なんか、初めからガッカリ作品を前提にしてるような書き方だ(笑))


『スターブレイザーズ(Star Blazers)』は、旧作『宇宙戦艦ヤマト』のアメリ
カ版タイトルです。英語に吹き替え、キャラの名前を変えただけではなく、
あちこち切り貼り編集され、セリフの意味が変えられたりもしているらしい
(これはアメリカのアニメへのレーティングが関係するところも大きいと思わ
れます)のですが、上記記事にもありますように、アメリカでも懐かしアニメ
として今でも人気のある作品です。

Star Blazersでは、艦名「ヤマト」は「アルゴ(Argo)」となり、各キャラも、

艦長・沖田十三 --- キャプテン・アバター Captain Avatar
古代進 --- デレック・ワイルドスター Derek Wildstar
島大介 --- マーク・ベンチャー Mark Venture
森雪 --- ノバ・フォレスター Nova Forrester
真田志郎 --- ステファン・サンダー Stephan Sandor
佐渡 --- ドクター・セイン Dr. Sakezo Sane
古代守 --- アレックス・ワイルドスター Alex Wildstar
デスラー --- デスロック Desslok

と変更されているそうです。佐渡センセは日系みたいです(笑)。
ちなみに、艦名アルゴはギリシャ神話に登場するアルゴー船=黄金の羊の毛
皮(金羊毛)を求める冒険のために、ヘラクレス他50人の勇士が乗り込んだ船
のこと。


今回の実写化でも、このネーミングが継承されるんでしょうね。その時点で
日本のファンには違和感タップリですが、ま、そーいうもんだと思っておけ
ばショックは軽減されるでしょう。

日本のマンガ、アニメをハリウッドで実写化するニュースは再三伝わって来
ますが、現実化したのは少ない様に思います。ルパン三世、寄生獣、コブラ、
エヴァ、AKIRA、MONSTER、カウボーイビバップなどなど……。頓挫した
のも多いですね。

このハリウッド版ヤマトも、果たして今後どうなるか?
無事に完成したら、色んな意味で話題になりそうです。。。




テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/566-82019c3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。