TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実写映画版「AKIRA」は製作中止?

ワーナー・ブラザースとレオナルド・ディカプリオによって大友克洋の人気漫画
「AKIRA」が実写映画化されるのを世界中のアニメファンが楽しみにしていたが、
どうやら企画は中止されてしまったようだ。

映画サイトBloody Disgustingがスクープとして伝えたところによると、実写映画
版「AKIRA」でメガホンを取ることが決まっていたライリー・ロビンソンが監督を
降板し、「(企画は)完全に死んだ」と語っているとのこと。ライリー監督は、こ
れまでにアカデミー短編アニメ映画賞にノミネートされた『フィフティー・パーセ
ント・グレイ』(原題)や短編映画などを撮ってきた若手監督で、実写映画版「A
KIRA」で長編監督デビューを飾るはずだった。

実写映画版「AKIRA」は、日本資本によって再生されたニュー・マンハッタンを舞
台に新しい物語が展開し、脚本はゲイリー・ウィッタが手掛ける予定だった。また、
映画は2部構成で製作され、当初1作目の全米公開は2009年夏を予定しており、20
09年になってもキャスティングが決まらないことから製作が続行されているのか疑
問の声が上がっていた。

レオナルドは日本アニメの大ファンで、自らが原作に惚れこみ映画化を進めていた。
昨年末のMTVのインタビューでは、レオナルドは実写映画版「AKIRA」へ主演はせ
ず、プロデューサー業に徹しアニメファンたちが納得する作品を作ると答えていた
が、納得できる作品が出来上がらないので製作の中止を決めたのかもしれない。実
際、インタビューでは脚本がきちんと出来上がるまでは撮影を開始しないと語って
おり、レオナルドの妥協を許さないこだわりが実写映画化を止めたのかもしれない。
レオナルドは「AKIRA」のほかに、日本アニメ「獣兵衛忍風帖(じゅうべえにんぷ
うちょう)」の実写映画化も進めており、こちらも『ウォッチメン』のアレックス・
ツェーが脚本を手掛けることが明らかになっただけで、キャスティング、監督が決
まっていない。
[シネマトゥデイ映画ニュース]
http://cinematoday.jp/page/N0018461


「ドラゴンボール」ショックでこれを朗報と見る人が日本では多いかも。
個人的には何となくおもしろそうな気がしていたのでちょっと残念。
日本アニメの映画化の企画は数多く挙がっていますが、幸福な結果になる
のは果たして何本ぐらいになるのでしょうか・・・

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/54-63b0c2f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。