TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 半沢直樹 第1話

2013,7,7 放映(1時間拡大スペシャル) TBS系列

日曜劇場『半沢直樹』
第1話「やられたら倍返し!悪い上司に立ち向かうニューヒーロー誕生!!
    5億を取り戻せるか?社宅での妻たちの戦い出世か?友情か?」感想

予想外にエンタメしてて面白かったです。視聴前の印象では、勝手にもっと
社会派な、リアルな経済ドラマなイメージでいたんですが、結構突き抜けて
ました(笑)。

銀行を舞台にした経済ものですが、作品の雰囲気はむしろ刑事もの、時代劇
に近いものがあります。ワル・嫌なヤツと善人を単純明快に描き、主人公が
どうやって悪に立ち向かうか。

さらに言えば、主人公があの銀行に入った目的も、壮大な復讐譚として描か
れそうな感じ。なぜ、自分の父親を自殺に追い込んだ銀行を就職先に選んだ
のか? 入社の面接でわざわざウソを言ってまで。
恐らく、徐々にその辺りも明かされていくでしょう。


ドラマですから多少の誇張はありますが、現実でもああいう感じの上司って
いますからねー。普段は責任は俺が取る、みたいなこと言って、実際に何か
トラブると「現場に任せてある」と自分は知らないフリ。

半沢直樹が査問会で反旗を翻し、上役に言いたいことを言うシーン。
サラリーマンしてる人には、スカッとするシーンだったと思います。あんな
こと、現実では中々出来ませんからねえ。。。

会社の為に必死になって働き、結果、体を壊す。そうなると簡単に切られ、
関連子会社へ出向。そしてそのまま転属。
主人公の友人、近藤の運命にも身につまされる人が多いのでは。


脚本的には少々荒っぽい気がしますが、初回の2時間スペシャル、そんなに
ダレるところもなく視聴出来ました。原作は未読ですので、どれぐらい手が
加えられたのか分かりませんが、なかなか原作も面白そうです。


主演の堺雅人が適役。この方、演技は上手いと思いますが、素顔もうっすら
笑ってるようで、やたら眉間にシワ寄せた表情が多い印象が。役柄によって
はそんな見栄えが損して見えますが、この役には似合っていて、なかなかの
熱演です。

その他のキャラも、ありがちっちゃあありがちなんですが、分かり易い配役。
この明快さ、シンプルさは否定的に捉えると「ベタすぎる」となりますが、
私は好意的に見たいと思います。

ただ、社宅の主婦連中はねー。大阪弁がちょっとダメ過ぎました。関西出身
を入れといて欲しかったかな…。夫の銀行員が標準語なんだから、奥さんも
標準語で良いような気もしますが。

あと主人公の妻を上戸彩が演じていますが、彼女と堺雅人ではちょっと合わ
ないように思えます。カワイイですからね(笑)、そんなに不満は言いたくな
いですけど。もう少しアネゴ肌な女優の方が似合ってるようには感じました。


主人公の勤務先が「東京中央銀行大阪西支店」ということで、大阪でもロケ
してました。大阪西支店の外観は梅田の阪急百貨店だったのが、地元民とし
ては可笑しかった。もろにデッカく「阪急」って出てるし(笑)。
梅田新歩道橋とかヒルトンプラザとかでもロケしたようですし、大阪周辺で
の撮影もドンドンやって欲しいですね。
でも、安易に新世界とかで撮るのはヤメてね(笑)。大阪ロケといえばベタベ
タにあの辺りで撮影。それはもう飽きたから。


「華麗なる一族」「官僚たちの夏」などの骨太で硬派なドラマも好きですが、
視聴率的にはしんどいようですし、暑苦しい日々が続くこんな夏には社会派
なドラマより、本作のようにエンタメ度が高い方が好まれるんじゃないかと
思いました。適度な配分の誇張とリアリティ。重過ぎず軽過ぎず。


今後の展開、大いに気になります。当然、継続視聴。楽しみです。




【 『半沢直樹』第1話 主なキャスト 】

半沢 直樹(はんざわ なおき):堺雅人(少年期:中島凱斗)
 …東京中央銀行大阪西支店融資課課長。'92年、合併前の産業中央銀行に入行。
  慶応大学卒。性善説を重んじるが、やられたら倍返しが信条。
  
▼半沢家
半沢 花(はんざわ はな):上戸彩
 …半沢の妻。社宅に住む専業主婦。根アカだが夫には少々口うるさい。
半沢 慎之助(はんざわ しんのすけ):笑福亭鶴瓶
 …半沢の父親。金沢でネジ工場を経営していたが、直樹の少年時代に産業中央
  銀行から融資を打ち切られ、資金繰りに苦しみ首吊り自殺した。
半沢 美千子(はんざわ みちこ):りりィ
 …半沢の母親。内海信用金庫から融資を受け、夫が残した会社を持ち直した。

▼半沢の同期・親友
渡真利 忍(とまり しのぶ):及川光博
 …東京中央銀行東京本店融資課。慶応大学経済学部卒。社内人事の情報通。
近藤 直弼(こんどう なおすけ):滝藤賢一
 …大阪本店システム課→地方関連企業に出向。慶応義塾大学商学部卒。かつて
  上司の小木曽からノルマ獲得の圧力によりストレス性統合失調症を発症した。
近藤 由紀子(こんどう ゆきこ):山崎直子
 …近藤の妻。
 
▼東京中央銀行関係者
大和田 暁(おおわだ あきら):香川照之
 …東京中央銀行常務取締役。旧産業中央銀行出身。
中野渡 謙(なかのわたり けん):北大路欣也(特別出演)
 …東京中央銀行頭取。旧東京第一銀行出身。
岸川 慎吾(きしかわ しんご):森田順平 
 …取締役業務統括部長。大和田派。
小木曽 忠生(おぎそ ただお):緋田康人
 …秋葉原東口支店支店長 → 東京本店人事部次長。かつて浅野は上司だった。
定岡 崇之:小須田康人
 …東京本店融資本部。
川原 敏夫:井上肇
 …東京本店融資本部担当調査役。
 
▼東京中央銀行・大阪西支店
浅野 匡(あさの ただす):石丸幹二
 …東京本店人事部 → 大阪西支店支店長。大和田派。
江島 浩(えじま ひろし):宮川一朗太
 …大阪西支店副支店長。浅野支店長の腰巾着。
中西 英治(なかにし えいじ):中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
 …入行2年目の融資課行員。半沢の部下。
垣内(かきうち):須田邦裕
 …融資課。半沢の部下。
角田 周(かくた):モロ師岡
 …融資課。半沢の部下。課の良きまとめ役。

▼国税局査察部
黒崎 駿一(くろさき しゅんいち):片岡愛之助
 …大阪国税局統括官。金融庁から出向。おネエ口調で神経質。
相模(さがみ):石黒英雄 …黒崎の部下。
大塚(おおつか):永岡佑 …黒崎の部下。
脇屋(わきや):岡あゆみ …黒崎の部下。

▼西大阪スチール関係者
東田 満(ひがしだ みつる):宇梶剛士
 …西大阪スチール社長。東京中央銀行からの融資金5億円を粉飾決算で騙し取る。
藤沢 未樹(ふじさわ みき):壇蜜
 …東田の愛人。東田が半沢に追い詰められた際、彼の逃亡を助ける。
波野 吉弘(なみの よしひろ):ラサール石井
 …西大阪スチール経理課課長→鳥谷造船。西大阪スチールの裏帳簿を隠し持つ。
竹下 清彦(たけした きよひこ):赤井英和
 …竹下金属社長。西大阪スチールの不渡りで連鎖倒産した。半沢に協力する。
牧野社長:志賀廣太郎
 …マキノ精機社長。手作業の技術にこだわる。
板橋(いたばし):岡田浩暉
 …淡路鋼材社長。
西大阪スチール本社・受付警備員:菊田大輔

▼奥様会
浅野 利恵(あさの りえ):中島ひろ子
 …浅野の妻。単身赴任の夫を気遣う優しい女性。
江島 沙苗(えじま さなえ):田中美奈子
 …江島の妻。社宅のリーダー的存在。
角田 美津代(かくた みつよ):中田優子
 …角田の妻。社宅の理事会での連絡係。
垣内 芳江(かきうち よしえ):宇田川さや香
 …垣内の妻。おとなしい。

▼その他
夏目三久:本人
 …東京中央銀行のイメージキャラクター。


【スタッフ】
原作:池井戸潤
   『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』(文春文庫刊)
脚本:八津弘幸
脚本協力:坪田文
音楽:服部隆之
ナレーション:山根基世
プロデューサー:伊與田英徳、飯田和孝
演出:福澤克雄(1話)、棚澤孝義
製作著作:TBS
=======================================


「半沢直樹」 第10話(最終回)の記事へ



テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

こんにちは~ポトスです。
関東地方、かなり暑い日が続いておりますが、tate様、お元気でお過ごしでしょうか?

自分的に日曜日に集中していた春ドラマが終わったと思いきや、広報室の後釜は半沢直樹に決定しました。^^
時代劇大好きですし(笑)

ワタシも原作は未読なのですが、初回から池井戸さんらしい作品だなぁと感じました。ものつくりとか生活感とかがそばにある作品なんだと思うんですよね。

「リーガルハイ」での堺雅人さんが最高だったので、こちらもエンタメ性にも期待しています。^^
ワタシは上戸彩ちゃん、なかなか良いなと思って見ました。
確かに、最初ちょっと年齢が釣り合わないかな? とは感じましたが、役どころ的にナイス!

今後が楽しみですね♪

  • 2013/07/12(金) 08:05:35 |
  • URL |
  • ポトス #Kyq53.yY
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ポトス 様
いらっしゃいませ。

毎日あっついですねぇ。私はもう溶けそうです。8月になったらどーなることやら。

ポトスさん的にも、このドラマは時代劇ですか(笑)。
広報室に続き、日曜劇場枠は気になるドラマをやってくれてますね。

私は「リーガル・ハイ」観てないんですよ。あれ、人気ありましたね。
なんとなく共通性もある感じみたいで、あれを観てた人の多くはこっちも観てる
みたいですね。

上戸彩、決して悪くはないんです。
仰る通り、役どころ的にナイスです。でも年齢的には合わないかな、と。
「ねたみだ」「やっかみだ」と言われても否定は出来ないかも…(笑)。

  • 2013/07/13(土) 00:59:41 |
  • URL |
  • tate #7EGgl1.w
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/539-484125a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。