TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリウッド白熱教室 第1回

2013,6,7放映 NHK Eテレ

「ハリウッド白熱教室」 第1回「脚本 人生をストーリーにする」感想

マイケル・サンデル教授の「ハーバード白熱教室」以来、大学の講義をその
まま体験出来るような番組がいくつか放映されましたが、今月から、必見の
プログラムが始まりました。

「ハリウッド白熱教室」。教壇に立つのは南カリフォルニア大学・映画芸術
学部のドリュー・キャスパー教授。

南カリフォルニア大学(USC)の映画芸術学部は全米一のレベルと実績を
誇り、監督、プロデューサー、脚本家など、ハリウッドで活躍する卒業生の
数は1万人以上。これまでアカデミー賞を手にした卒業生は、50人を越える。

そんなUSCで入学した学生たちが、一から基礎を学ぶのがキャスパー教授
の「映画論入門」。実際には15回の講義があるそうですが、今回は番組用に
全5回の特別講義。名作映画のシーンを題材に、そこに込められた製作者の
狙いやテクニックを読み解いていきます。


キャスパー教授の授業は人気講義だけあって、とてもユニークで興味深いも
のでした。大きな身振り手振りで派手なパフォーマンス。「君は素晴らしい」
「絶好調だねぇ」「天才だ!」と学生をノセていく授業には引き込まれてい
きます。

一階目の授業は「脚本」がテーマ。
脚本と脚色の違いは? 主題とテーマの違い? 脚本には何が必要なのか? 
人生のありふれた出来事、偶然の出来事に潜んでいることをストーリーにし
て理解する。
冒頭→中間→結末と直線構造で語るのと、エピソードごとで語るのかは全く
違う。
脚本における時間設定の3つの要素…時代設定、季節、期間。
物語の視点…神の視点、一人称、三人称、複数の視点。誰の視点で語られて
いるのかを注目する。
モチーフとは…反復される言葉。
引喩とは…別の映画などを引用することで間接的に意味を伝えたり明確にす
ること。
メモ書きでちょっと分かりにくいですが、そういったことを「いつも2人で」
「サンセット大通り」「ショーシャンクの空に」の3本の映画を実際に観た
上で解説していきました。


映画・ドラマが好きな人には是非、お勧めしたい番組です。

次回、2回目の授業は「ビジュアルデザイン」。照明の当て方や衣装・小道
具の配色など「光」と「色」に焦点を当てていきます。




「ハリウッド白熱教室」
毎週金曜日 Eテレ 午後11時〜11時54分

第1回 脚本 人生をストーリーにする
第2回 ビジュアルデザイン 映画は見た目がすべて 2013年6月14日
第3回 撮影 すべてのショットには意味がある 2013年6月21日 
第4回 編集 時間と空間の魔術 2013年6月28日 
第5回 音響効果 世界は音でできている 2013年7月5日 



テーマ:NHK教育 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/528-05e42870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。