TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴォイス~命なき者の声

ヴォイス~命なき者の声~ #11「別れの時、僕らの明日」(最終回)
  '09,3,23放映  脚本:金子茂樹

録画にて鑑賞。
09年1月期(第一四半期)のドラマも一通り、最終回を迎えたと思います。
世間では「ラブシャッフル」と「銭ゲバ」の人気が高かったようですが、私はどちらも
観ていませんでした・・・

私的には今期は「RESCUE~特別高度救助隊」(脚本:山浦雅大、八津弘幸)と「ありふれた
奇跡」(脚本:山田太一)が面白かった。「ヴォイス~命なき者の声~」も全話観ましたが、
今ひとつ、のめり込めませんでした。

法医学という技術、方法を用いて死を解明していくストーリーを期待していたのに、加地
大己(瑛太)の死亡現場での秀でた観察力、カンの良さをもとにした推理で解決していく。
結局、これは推理ドラマであり、法医学のドラマではなかったのでは無いか、と。

と、いいながらも全話観たんですけどね。

最後、細かい所ですが、時任三郎演じる法医学教授が退職になる事に抗議しに来たゼミ生
たちに医学部長が「生徒の自主性を重んじる教育方針が問題だ」というような台詞があり
ましたが、「生徒」ではなく「学生」ですよね。中高生ではなく、大学生なんだから。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/5-93af91ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。