TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ 八重の桜 第5話

13,2,3 放映 NHK総合

大河ドラマ 八重の桜 第5話「松陰の遺言」感想
全体的には45分手堅くまとめた感じ。悪くはない。悪くはないんだけど……
吉田松陰関連、桜田門外の変あたりはもう少しジックリと描いて欲しかった
ように思います。

オープニング、ちょこっとだけ変わりましたね。リニューアルとしては妙に
早いし、中途半端であまり効果無いよーな…。


第5話トータルでは、山本家のゆるやかなシーンと政局を描いた緊迫感ある
シーンとの緩急が効いていて、バランスが良かったと思いました。

菜園に語りかけるうら。あれは豆や大根に対してだけではなく、お腹の子に
も語りかけていたんでしょうか。すくすく育てよー、と。流産してしまった
後に、八重が野菜に語りかけ、育ちやすい様に支柱を足しているのを見て涙
するうらが切ないです。

攘夷派の浪士が覚馬を急襲。大人しいうらが身体を張って守ろうとしました。
後に会津戦争にて籠城戦を闘う一員となるうら。大人しいだけではない、た
くましさを兼ね備えていることが描写されています。

しかし、あの八重のガラス玉攻撃。私ら世代はビー玉のお京を連想した方が
多数いるはずだ(笑)。2代目スケバン刑事ナンノの相棒ですな。
彼岸獅子の時に子供を守ろうとしたスーパージャンプといい、今回の八重は
スケバン刑事状態でした。

あの彼岸獅子のシーンは、観ている時には「なんか意味ないよなー。ああ、
これは福島の人たちへのサービスシーンか…」なんて思いながら観ていたの
ですが、終わってから気付きました。あれ、伏線ですね。
彼岸獅子に山川大蔵がいたこと、これは覚えておいたら後の会津戦争の時に、
「あぁ〜、あれかぁ」と思い出すことができるでしょう。

ところであの獅子踊りのエキストラ、シロート? 地元の保存会とか?
微笑ましいぐらい演技出来てませんでしたが…
この5話から二人目の演出家、一木正恵Dの登場ですが、あれは撮り直した
方が良かったような…。


そんな会津に対し、今回、江戸では多くの血が流れました。

「至誠にして動かざるものは未だこれあらざる也」

吉田松陰、魂の叫び。
これぞ名言。本来は孟子の言葉だそうですが、誠心誠意をもって行動するな
らば,人の心は必ず動く…という意味ですね。もし、人の心を動かせないな
らば、それは誠の心を尽くしていないから。信念の人、松陰先生の座右の銘
です。

松陰の死を知り、悲嘆に暮れる覚馬。ですがこの時、吉田松陰は攘夷を説い
ており、松下村塾には後に会津を攻める長州藩士が多数属していた訳ですか
ら、佐幕派の会津藩士である覚馬にとって皮肉すぎます。


この松陰が最後の刑死者となった安政の大獄。これがサラッと流れたせいで
井伊直弼が暗殺される桜田門外の変もあっさりと終わってしまった感があり
ます。その辺り、ちょと残念。

桜田門外の変は幕末の動乱期に起こった代表的なテロ行為ですから、もっと
陰惨に、禍々しく描いてもいいと思うんですが。襲撃シーンも迫力不足。
あくまでも会津中心の「八重の桜」だから、一貫して政局はあっさり描く…
という演出方針なのでしょうか?

何より井伊直弼に榎木孝明を配しているのですから、もっと時間をかけて描
かないと勿体ない気がして(笑)。

ちなみに桜田門外の変で井伊大老を襲撃したのは、ナレーションで「水戸脱
藩浪士ら18名」と説明されていました。「ら」と付いていますが、1人だけ
薩摩の脱藩浪士がいたんですね。名は有村次左衛門。彼が井伊直弼を駕篭か
ら引きずり出し、とどめを刺した(斬首した)と伝わっています。

実は昔、伯父から聞いたのですが、この方、私の遠縁にあたる方だそうで。
まあ、4、5代前の遠い親戚となれば、かなりの人数が挙げられるでしょう
から、どこまで血のつながりがあるのか正直怪しいのですが(笑)。
家系図なんてウチには無いですからねー。よく分かりません。


さて、事件後に大騒ぎの幕閣。水戸藩を攻撃する計画が進んでいたと劇中で
語られますが、これは初耳。ドラマ状の創作かな。
訴状を持って走る覚馬。「やむにやまれぬ」思いで訴えます。西島覚馬さん
は走るシーンが多いですね。「太陽にほえろ!」じゃないですが、走ること
は覚馬の隠れテーマなのかも知れません。

会津藩主の松平容保は養子であり、血統的には水戸徳川家の子孫だそうです
から水戸の味方をするのは当然かと。脱藩した者の行為から藩を責めるのは
無茶すぎですし。


次回はいよいよ会津が京都守護職を任せられることに。佐幕派の中心的存在
として尊攘派と戦い、幕府と運命を共にする会津の悲劇が進み出します。




【 大河ドラマ 八重の桜 第5話 キャスト 】

山本八重(やまもと やえ)[→新島八重]:綾瀬はるか
 …会津藩の砲術師範・山本権八、佐久夫妻の子として誕生。会津戦争時には断髪
 ・男装し、スペンサー銃を手に奮戦したことから、「幕末のジャンヌ・ダルク」
 と呼ばれる。後に新島襄と出会い結婚。夫の同志社大学創立に協力する。激動の
 時代をエネルギッシュに生き、世間からは「天下の悪妻」と、夫からは「生き方
 がハンサム」と言われた先進的な女性。

▼山本家
山本覚馬(やまもと かくま):西島秀俊
 …八重の兄。弓馬刀槍の師伝を得、蘭学・洋式砲術を学び教授した文武両道。
山本佐久(やまもと さく):風吹ジュン
 …八重の母。気丈で聡明、合理的思想の持ち主。会津戦争では八重と共に戦う。
山本権八(やまもと ごんぱち):松重豊
 …八重の父。山本勘助を遠祖にもつ山本家に婿入り、会津藩の砲術師範となる。
山本うら(やまもと うら):長谷川京子
 …覚馬の妻。従順で大人しいが気丈な一面も併せ持つ。八重と共に籠城戦を戦う。
山本三郎(やまもと さぶろう):村山謙太(少年期)
 …八重の弟。山本家の末っ子として、姉の八重にかわいがられる。   
徳造(とくぞう):戸田昌宏
 …山本家の下男。
お吉(おきち):山野海
 …山本家の女中。

▼会津藩主・家老
松平容保(まつだいら かたもり):綾野剛
 …会津藩第9代藩主。藩を象徴する存在として、藩士、領民から尊敬を集める。
西郷頼母(さいごう たのも):西田敏行
 …会津藩家老。藩に忠誠を尽くした忠臣。
梁瀬三左衛門(やなせ さんざえもん):山野史人
 …先代・容敬からの老臣。古来の武芸を重んじ、軍政改革を図る覚馬と対立。
萱野権兵衛(かやの ごんべえ):柳沢慎吾
 …会津藩家老。侍大将を勤める名家の出。容保の側近として補佐役を務めた。
神保内蔵助(じんぼ くらのすけ):津嘉山正種
 …会津藩家老。横山主税に替わり京に勤め、禁門の変では奮戦。
田中土佐(たなか とさ)[田中玄清]:佐藤B作
 …会津藩家老。容保に仕え、その上洛に従う。

▼会津藩・八重の周囲
高木時尾(たかぎ ときお):貫地谷しほり
 …山本家の隣家、高木家の長女で八重の親友。
山川大蔵(やまかわ おおくら)[山川与七郎→山川大蔵→山川浩]:玉山鉄二
 …国家老・山川家の長男。幼馴染みの八重を女性として意識している。
小出鉄之助(こいで てつのすけ)[小出光照]:白石朋也
 …山川大蔵の日新館の同期。秀才として知られた。
竹村幸之進(たけむら ゆきのしん)[竹村俊秀]:東武志
 …山川大蔵の日新館の同期。籠城戦にて精鋭部隊「狙撃隊」の隊長となる。

▼志士たち
川崎尚之助(かわさき しょうのすけ):長谷川博己
 …但馬出石生まれの有能な洋学者。江戸の佐久間象山塾で覚馬に出会い、会津へ。
  八重と結婚し、鶴ヶ城籠城戦では八重とともに大砲隊の指揮を執って戦う。
佐久間象山(さくま しょうざん):奥田瑛二
 …西洋学を極めた俊才。彼の開いた塾には俊英たちが思想を越えて集まった。
吉田寅次郎(よしだ とらじろう)[吉田寅次郎→吉田松陰]:小栗旬
 …長州藩士。象山塾に学ぶ。後に長州で松下村塾を開く。安政の大獄で刑死。
宮部鼎蔵(みやべ ていぞう):宮内敦士(回想)
 …熊本藩士。佐久間象山塾に学ぶ。攘夷派として活動するも池田屋事件で自刃。
 
▼幕閣・諸侯・幕臣
井伊直弼(いい なおすけ):榎木孝明
 …近江彦根藩主。大老兼掃部頭。桜田門外の変にて暗殺。
勝麟太郎(かつ りんたろう)[勝麟太郎→勝海舟]:生瀬勝久
 …幕臣。佐久間象山とともに覚馬の洋学の師となる。
安藤対馬守(あんどう つしまのかみ)[安藤信正]:倉石功
 …老中。井伊直弼暗殺後、幕政を取り仕切る。公武合体を進め穏健政策を取る。
井戸対馬守(いど つしまのかみ):長谷川公彦(※2話では脇坂奎平)
 …江戸北町奉行。米国使節応接掛を命ぜられ、日米和親条約の交渉に従事。

▼その他
覚馬を襲撃した浪人:松田ジロウ
覚馬を襲撃した浪人:尾関伸嗣
評定所の役人:酒井康行


【スタッフ】
作:山本むつみ
テーマ音楽:坂本龍一
音楽:中島ノブユキ
語り:草笛光子
撮影:大和谷豪
制作統括:内藤愼介
演出:一木正恵(5話)、加藤拓(1,2,3,4話)
==============================


八重の桜 第4話へ八重の桜 第6話へ



テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/496-4343e26a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。