TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ドラマ SHERLOCK シャーロック 第1シーズン

'13/1/16,23,30 放映 NHK総合

『SHERLOCK (シャーロック)』シーズン1 1〜3話 感想
 「ピンク色の研究」"A Study in Pink"
 「死を呼ぶ暗号」"The Blind Banker"
 「大いなるゲーム」"The Great Game"
シーズン1は以上3話各90分。うーん、もっと観たいっ!

各話とも、映画並みに作り込まれたレベルの高い作品でした。誰もが知って
いるキャラクターと言っていい、名探偵シャーロック・ホームズ。原作では、
19世紀後半から20世紀前半のイギリスが舞台ですが、本作品では21世紀の
現代が活躍の場となっています。インターネットやケータイを活用しつつも、
天才的に鋭い観察眼や極端に偏った知識などは、我らのよく知るホームズ像
そのものであり、全く違和感無く「シャーロック・ホームズ」の物語を堪能
出来るドラマでした。


子供の頃、図書館でポプラ社の明智小五郎&怪人二十面相、ルパン、と読破
した後にホームズに手を出した記憶が。子供向けのやつとか、新潮文庫とか、
出版元はバラバラでした。図書館にあった西武タイム(パシフィカ)の版が
挿絵が不気味に感じられて印象に残っています。

映像のホームズといえば、以前NHKで放映されていたドラマのジェレミー・
ブレットのホームズのイメージが強烈です。あれは秀作でした。

現代に生きるホームズを演じたのはベネディクト・カンバーバッチ。今年公
開の『スター・トレック イントゥ・ダークネス』で悪役を演じることでも
注目されている俳優。ゴーイング・マイ・ウェイなホームズを好演していま
す。目がいいですね。巻き毛がチャーミングで女性陣に受けそう。
今週号のTVブロスでもインタビュー記事が掲載されていました。

その他、ワトソン役のマーティン・フリーマンなどの脇を固める俳優陣も上
手い。英国ドラマの質の高さを実感できます。ホームズの兄マイクロフト役
のマーク・ゲイティスは製作・脚本(s1の第3話、s2の第2話)を兼務し
ている達者な人。



なお、シャーロック・ホームズとジョン・H・ワトソンのコンビと言えば、
「ホームズ」「ワトソン(ワトスン)」と呼び合い、記述されている場合が
殆どだと思いますが、本作では「シャーロック」「ジョン」と呼び合ってい
ます。ここに当初、違和感を感じたのですが、

  「ヴィクトリア時代の教養ある男性たちは、親友になってからもお互い
  を「姓」で呼び合っていた。したがって正典の中でも、二人はあくまで
  「ホームズ」、「ワトスン」と呼び合っているのだ。
  (中略)
  今回のBBCドラマ『SHERLOCK シャーロック』では、「シャーロック」、
  「ジョン」と呼び合っているのだが、これは当然、このドラマが現代を
  舞台にしているからにほかならない。」

SHERLOCK シャーロック用語解説&豆知識 | AXNミステリー 海外ドラマ
チャンネル

http://mystery.co.jp/program/sherlock/book/keyword.html


とのことだそうです。



シーズン1の3話が良い出来でしたので、当然シーズン2も期待出来ます。
何せs1の第3話は「そ、そこで終わらせるかっ……」と思わず絶句のラスト。
続きが気になりまくりです。
巷ではシーズン1を上回る出来と評判のシーズン2、NHKはBSでは2度放送
されたそうですが、地上波が待ちどうしいですね。レンタルはウチの近所は
いつも借り出し中です。
本国イギリスでは今年シーズン3が放映されるとのこと、いつまで続くのか
分かりませんが、ぜひこのハイレベルな出来を維持し続けて欲しいです。


sherlock001.jpg


【SHERLOCK (シャーロック)第1シーズン 主なキャスト(吹替え)】

シャーロック・ホームズ …ベネディクト・カンバーバッチ(声:三上哲)
  …自称「世界で唯一人のコンサルタント探偵」で「高機能社会不適合者」。
  難解な事件の捜査協力をロンドン警視庁から請け負っている。
ジョン・ヘイミッシュ・ワトソン …マーティン・フリーマン(声:森川智之)
  …シャーロックの同居人で相棒。医学を学び、アフガニスタンへ軍医として
  派遣され負傷。PTSDにて杖が必要だったが、1話にて改善、杖は手放した。
  
レストレード警部 …ルパート・グレイブス(声:原康義)
  …シャーロックに捜査協力を依頼するスコットランド・ヤードの刑事。
サリー・ドノバン …ヴィネット・ロビンソン(声:三鴨絵里子)
  …巡査部長。シャーロックを面と向かって「変人」と呼ぶ。
アンダーソン …ジョナサン・アリス(声:内田岳志)
  …鑑識官。サリーと同様にシャーロックを良く思っていない。
ハドソン夫人 …ウーナ・スタッブズ(声:谷育子)
  …ベーカー街221Bのアパートの大家。
マイクロフト・ホームズ …マーク・ゲイティス(声:木村靖司)
  …シャーロックの兄。政府関連の職にあるが詳細不明。弟との関係は悪い。
モリー・フーパー …ルイーズ・ブリーリー(声:片岡身江)
  …聖バーソロミュー病院の霊安室に勤める法医学者。シャーロックに片思い。
アンシア …リサ・マキャリスター(声:うえだ星子)
  …マイクロフトの個人秘書。
サラ・ソーヤー …ゾーイ・テルフォード(声:小林さやか)
  …ジョンが勤める病院の医師。
ジム・モリアーティ …アンドリュー・スコット(声:村治学)
  …自称「世界で唯一のコンサルタント犯罪者」。悪事の天才。





テーマ:海外ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/494-833afe9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。