TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 高校入試 第13話

'12,12,29 放映 フジテレビ系列

ドラマ「高校入試」第13話(最終回) 感想
とりあえず、メモ書きから。もはや気になった点を列記ではなく、あらすじ
になっていますが。


・先週に続き杏子の独白。杏子の交際相手だった寺島の死に関連しているだろう
 採点ミス。なぜ、入試から半年も経って採点ミスが発覚したのだろう?
 それを調べるうちに、杏子は田辺光一のサイトを見つけたのだった。
 
・光一は開示請求にて、英語が0点だったことを知る。彼の受験番号の書き忘れ
 によってだった。明らかに彼自身のミス。しかし入試の際、別の会場では終了
 前に、受験番号の書き忘れがないか、試験監督から呼びかけられていた。さら
 に別の会場では、回収後に試験監督が番号のチェックを行い、書き忘れた生徒
 にその場で番号を書き込ませていた。会場によって対応の差があったのだ。
 光一のビデオは、学校側に監督によって対処法が異なるといった不公平が起こ
 ることの無いよう、問題の解決策を統一して欲しいと呼びかけて終わっていた。
 
・この光一のビデオは一高の教師たちも知っていた。これで開示請求が殺到し、
 採点ミスも発覚して坂本などが減給処分をうけていた。
 
・光一はこの問題に真正面から問いかけた。その後、採点用の模範解答例には、
 たくさん注釈がつくようになったらしい。効果はあったのだ。
 しかし、光一は返り血を浴びた。
 
・光一のサイトの掲示板は、多くの非難、中傷の言葉が並んでいた。それが光一
 の心を壊したのだった。彼は高校を中退し、サイトは弟の淳一が管理するよう
 になった。淳一は兄を否定する書き込みをしている匿名たちの調査を試みる。
 すると、一高の教師が書き込んでいたことを知る。しかも、それは光一の試験
 を監督していた教師だった。
 
・淳一は復讐計画を考えた。杏子はそれに参加したのだ。杏子は教師が誰なのか
 を知らされていない。誰なんだ? 
 「私です」その声の主は荻野だった。
 
・しかし、もう一人の計画参加者もまた、荻野だった。試験問題の流出、前日の
 「入試をぶっつぶせ」の張り紙、わざとB組の注意事項を昨年度のものにした
 こと。これらは荻野なら出来る。そう杏子が問いかけ、荻野は認めた。
 
・荻野の独白。光一の試験を0点にしたことは間違っていない。入試要項にそう
 書いているから。しかしネットに書き込んだことは深く後悔している。光一の
 通う私立高校で情報処理の試験があり、そこで偶然光一と出会う。彼が掲示板
 の書き込みで心を病んでいるのを知り、自分が得体の知れないものと闘ってい
 ると思っていたら、相手はまだ子供だったことに愕然としたのだった。

・兄に続いて、受験生を裏切らない入試制度のあり方を問いかけようとしている
 弟の光一に、荻野は償いをしたいと協力を申し出たのだった。実況などが書き
 込まれた例の裏掲示板を仕切っていたのは荻野。彼が中心となり、計画は進め
 られた。そこに杏子と衣里奈が加わった。衣里奈に指示を出していたのも荻野。
 答案用紙を持っていたのも、空欄の入試番号欄に55番と沢村の番号を書き込み、
 貼り出したのも彼だった。沢村会長が見つけたのは予想外。
 
・過去の償いだけでない。校長に、かつての教職に真正面からぶつかっていた昔
 の様な教師に戻って欲しかったから、ここまで事態を複雑化させた、と荻野。
 校長は、県に要望書を作成し、統一した対策をとってもらうよう働きかけるこ
 とを約束した。
 田辺兄弟のやったことは無駄ではなかった。
 
・一週間後、合格発表。芝田麻美、沢村翔太、松島良隆の三人は合格。田辺淳一
 の番号はなかった。入試要項に基づき、白紙、受験番号記入漏れは0点とする、
 校長の判断だった。
 
・淳一が呼び出されることは無い。杏子も辞表を提出したが、校長は受け取らな
 かった。全ての責任は校長がとった。それが上に立つ者の責任だ。校長は杏子
 にこれからの教育を託し、リタイアさせてもらうとにこやかに語る。
 
・春。光一は定時制の高校に通うことになった。松島・村井は三高に転勤。水野
 は教育委員会へ。荻野は県内一、荒れている柏木工業へ。若干は懲罰人事か。
 相田も柏木工業。男子ばかりの高校で修行のし直し。これまた懲罰人事かも。
 みどりは相田と別れたが、一人でいったインディゴリゾートで出会いがあった
 らしい。小西は生活指導になる。坂本先生の下僕です、と宮下にコソコソ。そ
 の宮下は総務部長。教頭の次の立場となる。
 
・入学式。春山杏子は1年A組の担任となる。ここはゴールではない、新しいス
 テージのスタートだ。どんなことにも、真っ直ぐ前を向いて歩いて行こう。
 生徒たちに語りかける杏子。
                                END
                          




はい、じゃあこれから反省会を始めまーす。
集合して下さ〜い。

(笑)。
えー、皆様いかがでしたでしょうか。
一本のドラマとして、私的にはまあ楽しめました。面白かったですね。悪い
出来ではなかったと思います。
しかし、この「高校入試」は推理ドラマとして、いろいろ推理し、予想して
いた視聴者が多かったと思います。そういう方々は、いろいろとツッコミた
くなるところが多かったのではないかと。


結局、高校内部の事件協力者は3人だけ、杏子、衣里奈、そして荻野でした。
ここまでは当ブログも予想通り。この3人を予想した方も多かったと思いま
す。しかし、当ブログではみどりも第4の協力者と予想。これは大ハズレに
終わりました。一応、荻野が中心人物の可能性も指摘した点はアタリでした。

ですが、最終話を観終わっても、「みどりも協力者説」の方がしっくりする
気がしてならない(笑)。

淳一の提出しなかった満点解答用紙は、結局どういう経緯で荻野の手に入っ
たのでしょうか?
なぜ、荻野はその解答用紙に55番と書き込んだのか?
荻野は相田の二股を事前に知っていたとしても、みどりのインディゴリゾー
ト行きはどうやって知った?

その辺り、納得のいく説明、描写がなかったのは残念です。

私が気になっていた、坂本の更衣室ロッカーにあった「入試をぶっつぶす」
のメモは荻野がやった? ひょっとしたら、これは杏子がやったのかも知れ
ませんが、彼女は何も言わなかった。なぜ、女性教師3人のうち、坂本先生
にだけこのメモがあったのか、それも不明なままです。

その他、前回の記事にて書いた村井のB組キーの件、村井が杏子のケータイ
をポケットから取り出そうとした時の表情の件など、細かな描写で気にかか
るところも殆ど未回収に終わりました。

まあ、そういう細かい描写の方は「ミスリードを誘うためですチャンチャン」
で仕方がないとしましょう。ムカつくけどね(笑)。
しかし、荻野の行動と、直接事件に関わる事柄はちゃんと描いてくれないと、
こういうジャンルのドラマでは欠陥ではないでしょうか。


松島の外出時、息子からのメール時間の件は、おそらくスタッフのミスでは
ないか、と思っています。
残念ながらこのドラマ、記録、小道具に関するミス(と思われる)カット、
シーンがいくつか見受けられました。(私の勘違いならゴメンなさい…)
1話では試験準備が整った後の廊下なのに机が無いシーンがありましたし、
この最終話でも、荻野がよろめいて書庫にもたれ掛かると、丸めた「入試を
ぶっつぶせ」と書かれたあの大きな紙がバラバラと落ちてくるシーンがあり
ましたが、その直前に書庫の天井部がしっかり写るショットがありました。
そこでは丸められた大きな紙は全くありません。なのに次の瞬間、ああして
落ちてくる。手品か。
私は気付きませんでしたが、麻美の答案内容が放映話によって違う、という
話も聞きました。

ほんの数秒のシーンでも、こういうドラマでは視聴者は何かヒントがあるの
では、何か意味があるのでは、と観ています。それなのに、スタッフサイド
でミスをしていては、シーンによってはそこで視聴者は混乱してしまう可能
性が出て来ます。そんなことで、結果的にミスリードを生じさせることを創
り手は望んでいないはず。
その辺り、ちょっと残念です。



あと、書き残しておきたいのがエンドあたりの描写なんですが。

杏子先生、熱血教師モードでアツく、生徒たちに語りかけています。しかし、
そのセリフ内容と裏腹に、どうにも不安感を抱かせるBGM。

あれは一体なに?

「嫌ミス」で有名な湊かなえの脚本です。この演出も後味の悪さを狙ってい
るのでしょうか?

思えば、合格発表で麻美はそれほど嬉しそうではありませんでした。この後、
「入試の時にケータイを鳴らした子」としてイジメ、ツライ仕打ちに遭うの
かも知れません。

松島良隆は、沢村翔太から「これからは仲良くしような」と差し出された手
を一応握り返しはしましたが、まだわだかまりは残っている様です。
翔太も同窓会会長の息子で2枚の答案があったこと、カンニング疑惑などが
掲示板で書かれていました。麻美と同じく蒸し返されたなら、今後の学校生
活は楽しいものとはならないでしょう。

杏子も、これだけの騒ぎを起こした人間です。周りの教師たちが大人の対応
を心がけるでしょうが、今までとはどうしても違ってしまうでしょう。特に
坂本あたりは。
そして、これだけ問題となる可能性を持つ生徒三人が皆、若手の杏子のクラ
スにいる。うち二人はモンペ付き。担任として苦労しない筈がありません。
芝田母は、水野を信頼してクレームを取り下げたのに、その水野がいないの
ですからヤイヤイ文句言うに違いありません。

このように杏子やあの生徒たちの今後を思うと、杏子の熱弁もムナシク聞こ
えてなりません。

と、いうわけで、この作品もしっかり「嫌ミス」してる、と私は思ったので
すが。。。
皆さんはどう思われたでしょうか?



最後に、毎週放映の連続ドラマでこのような作品はあまり例が無く、あえて
チャレンジしたスタッフ、キャストには「お疲れさまでした」と言いたいで
す。

過去、関西ローカルですが1〜2年おきに「安楽椅子探偵」というドラマが
放映されていました。2週連続で、1週目は出題編、翌週に解決編が放映さ
れ、その1週間に何度も出題編を見直し、推理し倒すわけです。あれは楽し
かった。原作が推理作家の綾辻行人と有栖川有栖の書き下ろしであることも
あり、関西以外の方の中には放映日にわざわざ来阪してホテルで視聴する熱
心な方もいたそうです。2008年以降「安楽椅子探偵」は制作されていません
が、是非新作をお願いしたいドラマです。

この「高校入試」は、その「安楽椅子探偵」を思い起こさせるものがありま
した。毎週放映される内容から、予想、推理していく楽しさ。

一般的なドラマ視聴者には、ちょっとウケが悪かったかも知れません。特に
第1話がかなり会話劇してて、盛り上がりに欠けていました。いわゆるヒキ
が弱かったように思います。
それでも私のように、ハマる人はハマるんですけど。

今シーズンはこの「高校入試」と「ゴーイングマイホーム」という挑戦的な
作品があったことが、私には収穫でした。結果は決して大成功ではなかった
様に思われます。ですが、この2作は私にとって、少し甘めな評価ですが、
いい点数をつけてあげたいドラマでした。





【 ドラマ 高校入試 第13話(最終話) キャスト 】

▼県立橘第一高校 教職員
春山杏子 (28):長澤まさみ
 …英語教師(1年目)。2年B組の担任。帰国子女。大手旅行会社から転職した。
滝本みどり (25):南沢奈央
 …音楽教師。地元の私立女子高OG。杏子と仲が良い。校内の誰かと交際中。
相田清孝 (28):中尾明慶
 …体育教師。一高OB。2年B組の生徒・石川衣里奈と交際している。
小西俊也 (33):徳山秀典
 …英語教師。杏子の初任者研修を指導。クールな二枚目風。杏子に気がある?
村井祐志 (25):篠田光亮
 …数学教師。常勤講師。何かとそそっかしい。一高の出身ではない。
宮下輝明 (43):小松利昌
 …美術教師。一高OB。職員室では杏子の隣席で、何かと助言している。既婚。
水野文昭 (43):阪田マサノブ
 …社会教師。一高OB。真面目で気軽に接しにくい雰囲気がある。独身。
松島崇史 (45):羽場裕一
 …英語教師。数学の村井はかつての教え子。息子が今年、一高を受験する。
坂本多恵子 (48):高橋ひとみ
 …英語担当。一高OG。娘も一高の卒業生。
荻野正夫 (55):斉木しげる
 …情報処理担当。入試部長で入学試験要項を取りまとめた。
上条 勝 (50):清水一彰
 …教頭。
的場一郎 (58):山本圭
 …校長。

▼学校関係者
石川衣里奈 (17):山崎紘菜
 …杏子が担任する2年B組の女生徒。体育教師・相田と交際している。
沢村幸造 (50):入江雅人
 …同窓会会長。母校愛が強い。受験生・翔太の父。
芝田昌子 (38):生田智子
 …受験生・麻美の母。夫は県会議員。

▼受験生
芝田麻美 (15):美山加恋
 …入試の際、ケータイを提出せず隠し持っていた。過呼吸で倒れる。
田辺淳一 (15):柾木玲弥
 …兄が5年前に一高受験に失敗した。
松島良隆 (15):高杉真宙
 …翔太と中学の同級生であり、いじめを受けている
沢村翔太 (15):清水尋也
 …同窓会会長の息子。

▼その他
田辺光一:中村倫也
 …淳一の兄。引きこもり。5年前に一高受験に失敗、私立高へ。


【スタッフ】
脚本:湊かなえ
演出:星護(1,2,3,4,6,11,12,13話,5,8話[共同演出])、
   北川学(4話[共同演出],5,7,8,9,10話)
主題歌:back number「青い春」
企画・プロデュース:羽鳥健一
プロデューサー:栁川由起子
制作著作:フジテレビ
==============================


高校入試 第12話 へ




テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

覚めてみると

明らかな「小道具さんのミス」が多かったですね。最初から最後までぶっ通しで撮影しているわけではないですから仕方がないとはいえ、それ気づくでしょ?が多かったような。村井が杏子の携帯を出そうとして「あれ?」と言ってその場では出さなかった、これは編集ミスでしょうね。本来、カットする予定だったのでしょう。
1話・2話を消してしまったのでDVD購入を考えていましたが、急に覚めてしまいました。確かに、面白かったですが。
それにしても、石川が校舎内外を行き来していたとは。なんという行動範囲。というか、もっと早くバレるでしょう。

  • 2013/01/07(月) 15:28:49 |
  • URL |
  • アイク #-
  • [ 編集 ]

Re: 覚めてみると

アイク 様
こんばんは。2重投稿になっているようでしたので、1つは
消させて頂きました。

「映像にはっきり写っている制作サイドのミス」
一般的なドラマでも好ましくないのに、こういうジャンルのドラマでは
かなり問題ですね。視聴者に不要な混乱をまねき、予想・推理に支障が
出てしまう恐れ大です。

村井のアレ?っという表情。わざわざカットを変えています。ああいう
撮り方をして、特に意味が無いのはねぇ。
そういうやり方でミスリードさせるのはいかがなものでしょうか。

実況も、結局は衣里奈が一人でやってましたね。確かにその行動範囲、
恐るべき。

DVDではミスショットを修正して完全版に…
しないだろーなぁ(笑)。

  • 2013/01/08(火) 02:48:58 |
  • URL |
  • tate #7EGgl1.w
  • [ 編集 ]

なんだか、録画したものも消していいような気がしてきた。一体、ドキュメンタリーの最後に何が???と期待させておいて「受験番号は必ず書いてほしい。」って??? 100点取ったけど名前書き忘れて0点になったのび太じゃあるまいし。

  • 2013/01/17(木) 10:06:42 |
  • URL |
  • アイク #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/483-a25c314a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。