TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ ダブルフェイス 潜入捜査編

'12,10,15放映 TBS系

ドラマ「ダブルフェイス 潜入捜査編」感想
普段、2時間ドラマはあまり観ないのですが、「インファナル・アフェア」
のリメイクであるということで視聴。

「インファナル・アフェア」といえば、ご覧になった方も多いと思います。
香港ノワールの代表的作品で、私も大好き。傑作と言っていいでしょう。尋
常じゃない面白さです。
香港映画といえば、多くが脚本(ストーリー展開)に齟齬が多く編集なども
荒っぽくて、欠点も多いのですが、映画そのものが持つエネルギーがパンパ
なくて、ハマれば欠点を覆しても有り余るほどの魅力を持つ作品が多い、と
いう印象です。が、この「インファナル・アフェア」はとにかく脚本が良く
出来ています。そして主役の二人、トニー・レオンとアンディ・ラウが持つ
男の色気、渋さ、哀愁が存分に味わえる。男女問わずに楽しめる作品です。
未見の方は是非。パート2、3も製作され、全3部作となっています。
「1」で完結してますが、「2」は「1」の前日譚、「3」は「1」のその
後を描いています。「1」には及びませんが、ハマればきっと「2」「3」
も楽しめるでしょう。

「インファナル・アフェア」のリメイクはハリウッドでも行われ、2006年に
「ディパーデッド」として公開されました。アカデミー賞も作品賞、他3部
門で賞を取りましたが、アカデミーの奴らは本家「インファナル・アフェア」
を観てなかったに違いありません。


アメリカ版リメイクは満足出来る出来では無かったですが、さて、日本版の
リメイクとなる本作品は?

これが、正直に言うなら予想外に良かった(笑)。大健闘といえるでしょう。

日本のドラマ的な安っぽさを画面から感じることもない。
適度にリアル。
適度にファンタジー。
某ジャニタレとか某人気若手俳優とか、視聴率優先な配役もなく。


リメイクですから、どうしてもオリジナルと比較してしまいますが、これは
充分に満足出来る作品となっていました。

そりゃ、欲を言うなら、
「トニー・レオンの魅力には勝てんなあ(でも、西島秀俊案外似てましたね)」
「オリジナルのあの無常観には……」
「ビルの屋上では、やっぱりあの空の青さを再現して欲しかった……」
とか色々思っちゃいますがね。
本当の顔をひた隠し、闇の世界に身を置く主人公だからこそ、待ち合わせの
場所をビルの屋上としていることに映像的意味があります。陽光の下、青空
をバックに素顔を出せる主人公。猥雑で薄暗い街の風景とのコントラスト。
だから、あの青が、、、とかうんたらかんたら。

ま、ま、そんなグチは言うまい。

これだけ骨太でテンポもいい作品にまとめ上げたことには、素直に称賛した
いです。

オリジナルにはない、冒頭のシーンも良かった。偶然に雨宿りで並ぶ、まだ
お互いを見知らぬ二人。側には捨てられた子犬。
強盗犯を退治する、高山の登場シーンはホットドックといい、水柱といい、
「ダーティハリー」へのオマージュですな(笑)。

主役の西島秀俊もなかなかでした。この俳優さん、個人的には何で評価され
てるのか今イチ理解出来ないでいたのですが、本作品では役にハマっていた
と思います。失礼ながら私には前から、この俳優さんは無表情で感情が読め
ない顔付きで、演技の幅が無い様に思えていたんです(見る目が無いのかも
知れませんが)。ですが、本心をいつも隠しているこのキャラクターには、
そういう風に見える彼こそが似合ってるんじゃないかと。
褒めてるのか、けなしてるのか、よく分からないコメントで申し訳ない(笑)。

角野卓造も熱演。この方がこんな役をするイメージが無かったし、オリジナ
ルの警視役、アンソニー・ウォンとは雰囲気が違いすぎるのですが、観てい
て全く違和感なく、好配役でした。



さて、いいところで終わってしまった、この「潜入捜査編」。
続きはWOWOWで10月27日、「偽装警察編」として放映されるそうです。
TBS版では西島秀俊がメインでしたが、WOWOW版では香川照之がメインと
なり、オリジナルには無いキャラクターで蒼井優が登場します。

オリジナルの「インファナル・アフェア」では上映時間102分で、あの警視
の転落死がだいたい60分過ぎたあたり。WOWOW版では、残り約40分に加
えてオリジナルのストーリーがあり、ラストはオリジナルのままだと予想し
ています。

私はWOWOWには加入しておらず、当初は「こんな手法で加入勧誘かよッ」
とムカついていたんですが(笑)、TBSの公式サイトによると WOWOWでの
放映後、TBSでも放映されるとのこと。

 =================================
 WOWOWにて10月27日(土)よる8時に放送される『ダブルフェイス
 偽装警察編』はTBSでも2012年12月〜2013年1月に放送する予定です。

 ※詳しい放送日時および放送地域は検討中です。決定次第お知らせいたし
  ます。

 =================================
 (以上、TBS公式サイト「お知らせ」より引用)
 (追記:偽装警察編の地上波放映は、2013年1月5日(土)よる9時〜 
  と決定しました。
  「ダブルフェイス「偽装警察編」、地上波放映日時が決定」の記事へ→)

WOWOW未加入の方は、おとなしくこの遅れての放送を待ちましょう。
待ち切れないなら、急いでWOWOWに申込。間に合うのかな?

あと、ネタバレでいいからこの後、どういうストーリーなのか知りたい方は、
お近くのレンタルビデオ店にダッシュして「インファナル・アフェア」をレ
ンタルしましょう。
でも、おそらく貸出中の可能性が高そう(笑)。




【 ダブルフェイス 潜入捜査編  キャスト 】

森屋純:西島秀俊 …織田組幹部。実は警察の潜入捜査官。
高山亮介:香川照之 …神奈川県警刑事部捜査一課・主任。実は織田組のスパイ。
西田奈緒子:和久井映見 …精神科医。森屋と診察を通して交流を深める。
ヒロシ:伊藤淳史 …森屋の弟分。
小野寺警視正:角野卓造 …県警組織犯対策本部長。森屋を織田組に送り込んだ。
織田大成:小日向文世 …織田組の組長。高山を警察に送り込んだ。

伊藤かずえ、堀部圭亮、高橋光臣、平田満、他


【 スタッフ 】
原作:「インファナル・アフェア」(2002年・香港映画)より
脚色:羽原大介
音楽:菅野祐悟
撮影:大嶋良教
監督:羽住英一郎
プロデューサー:渡辺信也、井上衛(WOWOW)、
        森川真行・渡邉義行(ファイン)、森井輝(ロボット)
制作協力:ファイン
製作:TBS・WOWOW
================================




ダブルフェイス 偽装警察編 の記事へ





テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/458-2fb20126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。