TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 理由

'12,5,7放映 TBS系列

『宮部みゆき・4週連続“極上”ミステリー』 第一夜 「理由」 感想
宮部みゆきといえば、どうも映像化作品には恵まれないというか、ハズレが
多いというか・・・。これは映像化には向いてない、と言うべきなのか…。
そんな宮部みゆき作品を、TBSが月曜ゴールデン枠で4週連続放送するという
から、これは挑戦?冒険?暴挙?

で、第1週が「理由」。はい、今回もハズレでした(笑)。

原作は直木賞を受賞した600ページ超の長編です。これを2時間ちょいのド
ラマにするには、かなり無理をしなければなりません。それは分かっている
んですけどねえ。


「理由」は過去に大林宣彦監督により映像化されている(2004年にWOWOW
にて放映、同年劇場公開。2005年に日テレヴァージョンが地上波放映)ので
すが、この劇場版はアタリ、といっていい良作です。原作者も大のお気に入
りとのことで、上映時間は160分とかなり長尺ですが、むしろ、あの複雑に
入り組んだ原作ストーリーを、大きく改変すること無く160分によくもまと
めきった大林監督の手腕には感服です。

主人公は存在せず、キャストが100人を越える群像劇で、出演者はほぼノー
メイクで事件の目撃者、関係者として登場するドキュメンタリータッチの異
色作。今回のTBS版を観てガッカリの方、ぜひ劇場版をご覧下さい。

なお、日本テレビ系列にて放映された、「理由=日テレバージョン」は全く
別物です。160分の作品をそのまま放映するのに無理があり、大林監督自ら
地上波放映用に再構成したもので、作品で描かれている殺人事件を実際の事
件として、架空の報道特番にて紹介していくという形式がとられています。

その結果、劇場版の情感がほとんど消え去ってしまい、ワイドショーの興味
本位でしか無い「いやらしさ」や「あざとさ」の方が前面に出てしまった様
に記憶しています。
この日テレバージョンしか観ていない人も、ぜひ劇場版を、とお勧めしたい
ですね。


と、いうわけで、今回の記事の趣旨はドラマ版「理由」でガッカリの方は、
劇場版「理由」を観てみましょう。。。なのです。

でも、これじゃTBS版について、あまりに触れてないのでもう少し。


TBS版では、原作に無いキャラクター「吉田刑事」を主役に据えています。
そのこと自体には異議はありません。複雑なストーリーを少しでも簡略化す
る為に、ガイド役として設定したのは一つのアイデアでしょう。

しかし、彼の家族(当然これもオリジナルキャラ)や娘の婚約者などのエピを
それなりの時間を取って描くことで、増々原作にあったエピは削ぎ落とされ
てしまっています。これでは原作ファンに受け入れられない可能性は増すば
かりです。
原作では、うろ覚えですが占有屋の4人のエピなどは興味深かった記憶が。


更に、ミステリーに主人公が刑事となったならば、それなりに推理や捜査で
活躍して欲しいものですが、そういう描写はほんの僅か。むしろ重要な関係
者は自ら出頭して来てばかりです。本作は「刑事もの」ではないので、優秀
な刑事の捜査を描く必要はないのでしょうが、ちょっとご都合主義に感じて
しまいます。


原作は、数多くの登場人物が丹念に描かれ、そこからそれぞれの家族が抱え
る問題点、いびつさ、高層マンションにおける人間関係の希薄さなど、現代
の人と人との繋がりについてを炙り出していました。
今回のTBS版は、そんな原作のエキスを「家族」のワンワードだけに頼って、
薄めに薄めた果汁数%のジュースもどき、って感じです。

数多くの無名な市井の人々が次々と語る。そこから見えてくる事件の本質。
現代日本の家族の、社会の有り様。そこがこの原作のキモなのに、登場人物
を絞ってしまえば、作品の魅力が激減してしまうのではないでしょうか?

そもそも、この原作は映像化に向いてないのでは?
映画版は、大林監督だからこそ奇跡的に成功した作品なんだなあ、と改めて
思った次第。


なお、キャストについては石田役の杉本哲太がバツグン。いい味出してます。
犯人をかばうわ、凶器を捨てるわで無罪放免はありえないと思いますが(笑)。
沢村一樹は予想外のキャスティングでしたが、好演していましたね。



【 理由 キャスト 】

吉田達夫:寺尾聰 …警視庁荒川北署刑事。
立花啓太:永山絢斗 …警視庁荒川北署刑事。吉田の相棒。
小西美穂:香里奈(友情出演) …吉田達夫の娘。ある事件が元で車椅子の生活。
小西貴子:麻生祐未 …吉田達夫の元妻。
朝倉和也:福士誠治 …美穂の婚約者。自動車整備士。
小糸信治:堀部圭亮 …ヴァンダール千住北ニューシティー2025号室の元住人。
佐野利明:山上賢治 …ヴァンダール千住北ニューシティー管理人。
宝井綾子:吹石一恵 …定食屋「宝食堂」の娘。
宝井翔太:今野陽斗 / 赤間玲奈 …裕二・綾子の息子。
八代裕二:速水もこみち …綾子の恋人。
宝井康隆:菅田将暉 …綾子の弟。
宝井睦夫:平田満 …定食屋「宝食堂」の店主。
宝井敏子:りりィ …睦夫の妻。綾子の母。
石田直澄:杉本哲太 …運送屋。片倉ハウスに身を潜めている。
石田由香利:橋本愛 …直澄の娘。高校生。
石田直己:永江祐貴 …直澄の息子。大学生。
石田キヌ江:江波杏子 …直澄の義母。由香利・直己の祖母。
砂川信夫:岩松了 …占有屋。15年前に借金を抱え失踪する。
砂川里子:美保純 …信夫の妻。
秋吉勝子:あめくみちこ …失踪した弁当屋で働いていた女性。
秋吉克之:中村扇雀 …勝子の兄。印刷業経営者。
三田ハツエ:    …5年前に老人ホームから行方不明になった老女。
片倉義文:沢村一樹 …簡易旅館「片倉ハウス」を営む。
片倉信子:荒川ちか …義文の娘。父子家庭で育つ。

【スタッフ】
原作:宮部みゆき「理由」
脚本:高橋麻紀
監督:山本剛義
プロデューサー:津留正明、渡辺良介、塚原あゆ子
制作協力:大映テレビ
製作著作:TBS




テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/432-1caa0139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。