TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャルドラマ 坂の上の雲 第12話

'11,12,18放送  NHK総合

「坂の上の雲」 第12話「敵艦見ゆ」感想
前回の二〇三高地占領に続き、今回は黒溝台(こっこうだい)会戦、奉天会戦
が描かれるということで、好古の大活躍か、と期待していましたが。
あんまし活躍しませんでしたねえ(笑)。
毎回毎回、冒頭で「最強のコサック騎兵を打ち破る」と語られてたのに、結
局は防衛戦の成功、そして慎重すぎるクロパトキンの撤退で終わってしまっ
た。まあ打ち破った、と言えば打ち破ったことにはなりますが。

本作では秋山兄弟と正岡子規の3人が主人公であるから、好古の活躍シーン
もそれなりにある、と思っていましたがどうやら違ったようです。
「主人公は、あるいはこの時代の小さな日本ということになるかもしれない」
という語りもあったことですし、特にこの第3部では群像劇として描かれて
いますね。ですから観る側が、誰が主人公とこだわることも無いでしょう。
パノラミックに展開する歴史ドラマを満喫するのみです。
好古がどこにでも現れ大活躍!という訳にはいきません。
重大イベントや要人の臨終の時にはいつも顔を出すシエじゃないんだから。

と、自分に言い聞かせてます。
でも、もうちょっと好古の「凄さ」を描いて欲しかった思いは残りますね。



既にドラマとしては、海軍に軸が移ったようです。バルチック艦隊との日本
海海戦を控えた連合艦隊。ひと時の休日。そして敵ルートを巡る参謀たちの
論争。焦り。
ついに来たバルチック艦隊。東郷ターン!うおーー!
続く。

うひゃあ。
いいとこで終わらせやがりましたねえ。
後半の海軍パート、特に敵発見からの盛り上がりは異様なほど。

休暇の自宅シーンや、焦り、耐える真之などの「静」の部分もよかったです。
味わいのあるアクセントになっていました。
任務に戻る真之を見送る妻・季子と母が、「いってらっしゃい」のみなのも
良かった。イマドキのオリジナルなバカ脚本なら、あそこで「生きて帰って
来て」とか「戦争なんて!」とか言わすでしょーね(笑)。
辛抱の末に敵艦発見、思わず小躍り「シメタ、シメタ!」は笑ってしまいま
した。どうやら史実らしいです。目撃者がいたそうで。


さあ、いよいよ来週は最終回。日本海海戦です。もうこれで終わってしまう
のが残念でなりませんが、素晴らしいエンディングとなることを期待してい
ます。予告を観ると、けっこう戦後も描かれるみたいで蛇足にならないか、
少々心配ですが。。。



では。
今回の放送で登場したいくつかの点を、知ったかぶりで恐縮ですがご案内。


バルチック艦隊
ロシア海軍がバルト海において保有していた艦隊。極東方面に展開していた
旅順艦隊の応援のため、第2・第3太平洋艦隊として送り出された。
スエズ運河は大型船が通航できず、主力艦はアフリカ大陸南端の喜望峰をま
わる長距離航海となったが、日英同盟によりイギリスの植民地では寄港出来
ず、中立国の港でもイギリスの圧力により補給・点検が難しい状況だった。
約7ヶ月の航海で乗組員は疲弊し、士気は下がっており、艦船の整備も不足
している上での海戦はバルチック艦隊にとって大きく不利でした。


水兵が敵艦シルエットのお勉強。
「国親父座ろう」「呆れ三太」とか言ってましたね。これは旗艦「三笠」の
砲術長である安保清種が、砲撃指揮において水兵たちにロシアの艦名を覚え
させるために、ロシア語では覚えにくいので似た日本語を当てて覚えさせた
そうです。
「国親父座ろう」=バルチック艦隊旗艦、戦艦クニャージ・スワロフ
「呆れ三太」=戦艦インペラートル・アレクサンドル3世
「蟻寄る」=戦艦アリョール
「ゴミ取り権助」=装甲艦ドミトリー・ドンスコイ
などなど。


信濃丸、敵艦発見「タタタタ…」
「タタタ」と連送する「タ連送」は、「敵艦隊見ゆ」の意味。海軍では通信
(電信)において、こういった略号を用いていました。
後の太平洋戦争における真珠湾攻撃にて、出撃した攻撃隊全機に打電された
のがト連送「全軍突撃せよ」であり、攻撃後に有名な「トラ・トラ・トラ」
=我、奇襲に成功セリ、が攻撃隊より司令部宛に打電されました。


旗旒用意!Z!揚げ!
Z旗。その名の通り、アルファベットのZを表す旗です。船舶において他船
との意思疎通の為にAからZ、0から9の国際信号旗が定められています。
このZ旗には一字信号では「引き船を求める」という意味が一般的にはある
のですが、Zは最後、もう後が無い、ということで日本海軍は、日本海海戦
においてこの旗を旗艦三笠に掲げ、
「皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ」
という意味を込めました。この名文は秋山真之起草と伝えられています。


丁字戦法
艦隊を丁の字に似た体勢にとる戦法。日本海海戦の場合、横棒が日本海軍、
縦棒がバルチック艦隊となります。
当時の砲艦は、前後に旋回式の主砲、両サイドに副砲を装備していました。
側面を敵に向けて迎撃すれば、より多くの砲門を稼働出来ます。対する敵艦
は前方の火砲しか使えません。こうして味方艦隊の全火力を敵の先頭艦に集
中させ、敵艦隊の各個撃破を狙う訳です。

この日本海海戦の場合は、バルチック艦隊のウラジオストックへの進路を絶
対に遮ることが重要であり、その為に東郷平八郎は敵前大回頭(Uターン)と
いう奇策にでます。これが後に世界中に「トーゴー・ターン」として知れ渡
る、丁字戦法です。この場合は丁の字より、イの字に近い感じです。

なお回頭の際、ダンカン扮する伊地知艦長が「とーりかーじ、いっぱい!」
と奇妙に思える発声で指令を出していました。
進行方向左に舵を転ずる「取舵」は「とーりかーじ」、
進行方向右に舵を転ずる「面舵」は「おもーかーじ」と発声します。
これは指令が強風等でも聞き違いされないように、わざとイントネーション
をはっきりと変えて発声しているのです。


最後に。
日本海海戦における、旗艦三笠の艦橋を描いた有名な絵画があります。
東城鉦太郎:「三笠艦橋の図」
http://ja.wikipedia.org/wiki/東城鉦太郎




===坂の上の雲 第12話キャスト===

【秋山家】
秋山真之(さねゆき):本木雅弘
 …幼名は淳五郎。海軍にて連合艦隊参謀を務め、日本海海戦における作戦を
  立案、バルチック艦隊を壊滅させ、日露戦争を勝利に導いて行く。
秋山好古(よしふる):阿部寛
 …真之の兄。日露戦争時は陸軍少将、騎兵第1旅団長。「日本騎兵の父」。
秋山 貞(さだ):竹下景子
 …好古、真之の母。
秋山多美(たみ)(佐久間多美 → 秋山多美):松たか子
 …好古の妻。
秋山季子(稲生季子→秋山季子)(すえこ):石原さとみ
 …宮内省の書画鑑定士、稲生真履の三女。真之の妻となる。
与志子:新井優歌
 …好古・多美の長女。
健子:松浦愛弓
 …好古・多美の次女。
信好:小山颯
 …好古・多美の長男。
秋山久敬(ひさたか):伊東四朗(回想)
 …好古、真之の父。旧伊予松山藩の下級藩士。

【正岡家】
正岡子規(まさおか しき):香川照之(回想)
 …俳人、歌人。真之の幼なじみ。日本の近代文学に多大な影響を及ぼす。

【陸軍関係者】
児玉源太郎:高橋英樹
 …陸軍大将。陸軍大学校初代校長。日露戦争では、満州軍総司令部総参謀長。
大山 巌(おおやま いわお):米倉斉加年
 …西郷隆盛のいとこ。日清戦争では第二軍指令。日露戦争時は満州軍総司令官。
乃木希典(のぎ まれすけ):柄本明
 …日清戦争では第一旅団長。日露戦争では第三軍司令官として旅順要塞を攻略。
井口省吾(いぐち しょうご):堤 大二郎
 …好古と陸軍大学校で同期。日露戦争時には陸軍少将、満州軍総司令部参謀。
松川敏胤(まつかわ としたね):鶴見辰吾
 …陸軍大佐。満州軍作戦参謀。
黒木為禎(くろき ためもと):清水紘治
 …陸軍大将。第一軍司令官。
野津道貫(のづ みちつら):宗近晴見
 …陸軍大将。第四軍司令官。
奥保鞏(おく やすかた ):伊吹剛
 …第二軍司令官。
田中国重(たなか くにしげ):嵐芳三郎
 …満州軍総司令部参謀。
津野田是重(つのだ これしげ):永井浩介
 …第三軍参謀。大尉。
中屋新吉 (なかや しんきち):辻輝猛 
 …騎兵大尉。好古の副官。
栗原幸衛:市瀬秀和
 …好古の副官。
清岡真彦:末宗慎吾
 …好古の副官。
永沼秀文(ながぬま ひでふみ):永澤俊矢
 …騎兵第八連隊長。秋山支隊に配属、露軍背後にて活動する永沼挺身隊を編成。

【海軍関係者】
東郷平八郎(とうごう へいはちろう):渡哲也
 …元帥海軍大将。日清戦争では「浪速」艦長。日露戦争時は連合艦隊司令長官。
島村速雄(しまむら はやお):舘ひろし
 …参謀長として旅順港封鎖に参加。封鎖作戦後、第二艦隊第二戦隊司令官に転任。
加藤友三郎(かとう ともさぶろう):草刈正雄
 …連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長として日本海海戦に参加。後に総理大臣。
鈴木貫太郎(すずき かんたろう):赤井英和
 …駆逐隊司令。後に二・二六事件にて襲撃される。太平洋戦争終戦時の首相。
伊地知彦次郎(いじち ひこじろう):ダンカン
 …日露戦争では、連合艦隊旗艦「三笠」艦長。
永田泰次郎(ながた やすじろう):頼三四郎
 …日露戦争中は東郷平八郎の幕僚副官となり参謀部につく。
飯田久恒(いいだ ひさつね):蟹江一平
 …日清戦争では少尉候補生として「愛宕」に乗艦。日露戦争時は第一艦隊参謀。
成川揆(なるかわ はかる):田中要次
 …「信濃丸」艦長。哨戒中にバルチック艦隊を発見し「敵艦見ユ」と送信。
森山慶三郎(もりやま けいさぶろう):高杉亘
 …第二艦隊参謀。
山田彦八(やまだ ひこはち):石井洋祐
 …日露戦争開戦時「朝日」艦長。日本海海戦には第三艦隊司令官として参加。
伊東祐亨(いとう すけゆき):山野史人
 …日清戦争では連合艦隊司令長官、日露戦争では軍令部長として大本営に勤務。
財部 彪(たからべ たけし):飯田基祐
 …広瀬武夫の同期。日露戦争時は、大本営作戦参謀。
松井健吉:中村圭太
 …第一艦隊第一戦隊参謀。日本海海戦において戦隊旗艦「日進」艦上にて戦死。
佐藤鉄太郎:杉山文雄
 …第二艦隊参謀。「秋山か佐藤か」といわれた逸材。
山路一善(やまじ かずよし):内倉憲二
 …日本海海戦には第一艦隊第三戦隊参謀として参加。
清河純一(きよかわ じゅんいち):小林高鹿
 …第一艦隊参謀。東郷の幕僚副官。
安保清種(あぼ きよかず):土平ドンペイ(エンドロールでは清隆と表記。誤植か)
 …旗艦である戦艦「三笠」の砲術長。
長谷川清:宮下裕治
 …「三笠」乗員。艦橋において測距儀操作を担当。
今村信次郎(いまむら のぶじろう):伊東潤
 …日本海海戦には「三笠」乗組で砲術長安保清種付として参戦。
枝原百合一(えだはら ゆりかず):瑞木健太郎
 …「三笠」航海士。
布目満造(ぬのめ みつぞう):大窪晶
 …「三笠」航海長。
玉木信介(たまき しんすけ):磯野正一
 …「三笠」伝令。
山崎厳亀(やまざき げんき):明石鉄平
 …「三笠」伝令。
三浦忠(みうら ただし):神野崇
 …「三笠」伝令。
野口新蔵(のぐち しんぞう):増山耕平
 …「三笠」伝令。

【政財界関係者・皇族】
明治天皇:尾上菊之助
山本権兵衛(やまもと ごんべえ):石坂浩二
 …海軍大将、政治家。第16、22代内閣総理大臣。日露戦争時は海軍大臣。

【ロシア】
ロジェストウェンスキー:アレクサンドル・チューチン
 …バルチック艦隊司令長官。
クロパトキン:セルゲイ・パールシン
 …極東の陸軍総司令官として日本軍と戦う。
イグナチウス:アレクサンドル・ポリシューク
コロン:ダリウス・メスカウスカス
セミョーノフ:アンドリュス・ジューアウスカス
スウェントルジェッキー:アレクセイ・スカトフ

【その他】
宗像繁丸(むなかた しげまる):藤木勇人
 …宗像大社の神職。
佐藤市五郎(さとう いちごろう ):宮坂健太
 …福岡・沖ノ島の少年。

=== スタッフ ===
原作/題字:司馬遼太郎(『坂の上の雲』より)
脚本:野沢尚、加藤拓、柴田岳志
脚本監修:池端俊策
脚本諮問委員:山折哲雄(国際日本文化研究センター所長)、
       鳥海靖(東京大名誉教授)、宮尾登美子(作家)、
       松原正毅(国立民族学博物館教授)、松本健一(評論家)、
       関川夏央(作家)、遠藤利男(元NHK放送総局長)
音楽:久石譲
メインテーマ:『StandAlone』 
   作曲:久石譲
   作詞:小山薫堂
   歌:麻衣(第3部)
語り:渡辺謙
エグゼクティブ・プロデューサー:西村与志木、菅康弘
制作統括:中村高志、藤澤浩一
演出:木村隆文(9,12話担当)
   柴田岳志(1、2、3、4話担当)
   一色隆司(5話担当)
   佐藤幹夫(6、7、8話担当)
   加藤拓(10,11話担当)
   
========================

← 『坂の上の雲』第11話へ『坂の上の雲』第13話へ →





テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/415-168c0cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。