TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャルドラマ 坂の上の雲 第10話

'11,12,4放送  NHK総合

「坂の上の雲」 第10話「旅順総攻撃」感想

久しぶりの更新です。
待望の第3部がスタートした「坂の上の雲」。前日の第2部総集編、予告を
観ていてもうワクワクです。
結局、最後までウダウダだったシエのことは、もうスッパリ忘れましょう(笑)。
え?今年は大河ドラマなんて無かったですよね?
日曜のNHK夜8時?「鶴瓶の家族に乾杯」?あれは月曜でした?
さあ、日曜はなにを放送してましたっけ?

・・・・・。
と、いうわけで。
第十話では、日本陸軍第3軍の旅順要塞への第1次、第2次総攻撃の失敗が
描かれました。海軍の黄海海戦は無視されましたね。ここも描いて欲しかっ
たです。
見応えのある映像、俳優陣も気迫の演技。ストーリー展開は少々分かりにく
かった感があります。もう少し地図等を多用して戦線の展開を説明したほう
がありがたいのですが。

ロシアの旅順要塞は、ベトン(コンクリートの意)で強固に構築された近代的
要塞であり、このような近代要塞への攻城戦のマニュアルを持たない日本軍
は、攻めあぐねて多大な犠牲を払うことになります。
この戦いが、塹壕要塞への攻略という貴重なサンプルだったのに、欧州では
あまり注目されず、十年後の第一次世界大戦でも今回の第3軍の様に大損害
を出す事例が続発することになります。

原作では、乃木将軍がほとんど無能扱いだそうですが、ドラマではそこまで
愚将では無いような。ただ情があって魅力的な人間だったが、軍人としては
前時代的な、死に遅れた人であった。そんな印象です。
演ずる柄本明は乃木司令のイメージではありませんが、「坂の上の雲」的に
は苦悩してうつむいてばかりの司令官として、これもありなのでしょう。


戦争映画の定石として、最前線の将兵にある程度のセリフを持たせてキャラ
クター付けし、戦闘の激しさ、悲惨さ、非情さを浮かび上がらせる演出があ
りますが、本作では前線兵士の戦闘シーンはあるにはありましたが、それほ
ど強調はされませんでした。一つはお茶の間でゴールデンタイムに放映され
るドラマであり、刺激的な描写は避けざるを得なかったのでしょう。また、
フォーカスは軍上層部にあてられ、作戦遂行の困難さに主眼を置いた演出で
あるので、そのようなエピソードは描かれなかったと思われます。
個人的には、そういった最前線の一兵卒たちにスポットをあてたエピソード
も欲しかった感想はありますが、作品のテンポやカラーを考えると不要なの
も納得ではあります。


最前線で苦悩する乃木。
檄文を書き上げ、「乃木め!」と吐き捨てるように山県有朋。
古くからの友人として、満州軍総参謀長として「乃木を、乃木を頼みます!」
と祈る児玉源太郎。
次週、いよいよ二〇三高地の激闘です。


忘れてはいけないのが高橋是清。8月に日中戦争・太平洋戦争時の経済戦を
露にする「円の戦争」という優れたドキュメンタリーがありましたが、日露
戦争において経済的に支える重大な役割を果たしたのが高橋是清でした。
さらに、世界中の投資家が日本の外債を見向きもしなかった中、引き受けた
のがユダヤ人の銀行家シフだった、彼にはロシアの反ユダヤ主義への闘争と
して日本を支える考えがあった、というのが興味深かったです。
これは日露戦争の見つめる上で、とても重要な点だと思われます。


===坂の上の雲 第10話キャスト===

【秋山家】
秋山真之(さねゆき):本木雅弘
 …幼名は淳五郎。海軍にて連合艦隊参謀を務め、日本海海戦における作戦を
  立案、バルチック艦隊を壊滅させ、日露戦争を勝利に導いて行く。
秋山好古(よしふる):阿部寛
 …真之の兄。日露戦争時は陸軍少将、騎兵第1旅団長。「日本騎兵の父」。
秋山 貞(さだ):竹下景子
 …好古、真之の母。
秋山多美(たみ)(佐久間多美 → 秋山多美):松たか子
 …好古の妻。
秋山季子(稲生季子→秋山季子)(すえこ):石原さとみ
 …宮内省の書画鑑定士、稲生真履の三女。真之の妻となる。
与志子:新井優歌
 …好古・多美の長女。
健子:松浦愛弓
 …好古・多美の次女。
信好:小山颯
 …好古・多美の長男。

【正岡家】
正岡 律(りつ):菅野美穂
 …子規の妹。
正岡子規(まさおか しき):香川照之(声)
 …俳人、歌人。真之の幼なじみ。日本の近代文学に多大な影響を及ぼす。

【陸軍関係者】
児玉源太郎:高橋英樹
 …陸軍大将。陸軍大学校初代校長。日露戦争では、満州軍総司令部総参謀長。
大山 巌(おおやま いわお):米倉斉加年
 …西郷隆盛のいとこ。日清戦争では第二軍指令。日露戦争時は満州軍総司令官。
乃木希典(のぎ まれすけ):柄本明
 …日清戦争では第一旅団長。日露戦争では第三軍司令官として旅順要塞を攻略。
伊地知幸介(いぢち こうすけ):村田雄浩
 …陸軍中将。日露戦争では乃木大将の第三軍参謀長を務める。
長岡外史(ながおか がいし):的場浩司
 …好古と陸軍大学校第一期生で同期。日露戦争では大本営陸軍参謀次長。
豊島陽蔵(てしま ようぞう):川野太郎
 …日露戦争で第3軍砲兵部長として旅順攻囲戦では第3軍の全砲兵を指揮。
井口省吾(いぐち しょうご):堤 大二郎
 …好古と陸軍大学校で同期。日露戦争時には陸軍少将、満州軍総司令部参謀。
黒木為禎(くろき ためもと):清水紘治
 …陸軍大将。第一軍司令官。
野津道貫(のづ みちつら):宗近晴見
 …陸軍大将。第四軍司令官。
有坂成章(ありさか なりあきら):矢島健一
 …参謀本部技術審査部長。銃砲開発に多大な業績を残す。
藤井茂太(ふじい しげた):宮内敦士
 …好古と陸軍大学校で同期。第一軍参謀長として司令官の黒木を補佐.
奥保鞏(おく やすかた ):伊吹剛
 …第二軍司令官。
落合豊三郎(おちあい とよさぶろう):伊藤祥三郎
 …第二軍参謀長。
大庭二郎(おおば じろう):千葉哲也
 …第三軍参謀副長。
白井二郎(しらい じろう):谷川昭一朗
 …第三軍参謀(作戦主任)。
田中国重(たなか くにしげ):嵐芳三郎
 …満州軍総司令部参謀。
松川敏胤(まつかわ としたね):鶴見辰吾
 …陸軍大佐。満州軍作戦参謀。 
津野田是重(つのだ これしげ):永井浩介
 …第三軍参謀。大尉。
佐藤鋼次郎(さとう こうじろう):浜田学
 …第三軍砲兵中佐。
筑紫熊七(つくし くましち):ヨシダ朝
 …砲兵中佐。大本営幕僚付として旅順攻略に参加。
後藤秀四郎(さとう ひでしろう):田上晃吉
 …騎兵中尉。好古に敵地情報を持ち帰った斥候。
小林環(こばやし たまき):片岡暁孝
 …騎兵少尉。好古に敵地情報を持ち帰った斥候。
中屋新吉 (なかや しんきち):辻輝猛 
 …騎兵大尉。好古の副官。
奈良武次(なら たけじ):佐久間哲
 …第三軍攻城砲兵司令部員
一戸兵衛(いちのへ ひょうえ):西田聖志郎 
 …少将。歩兵第六旅団長。

【海軍関係者】
東郷平八郎(とうごう へいはちろう):渡哲也
 …元帥海軍大将。日清戦争では「浪速」艦長。日露戦争時は連合艦隊司令長官。
島村速雄(しまむら はやお):舘ひろし
 …参謀長として旅順港封鎖に参加。封鎖作戦後、第二艦隊第二戦隊司令官に転任。
有馬良橘(ありま りょうきつ):加藤雅也
 …日露戦争で2度の旅順港閉塞作戦を立案、作戦に参加。東郷の側近中の側近。
岩村団次郎(いわむら だんじろう):山口馬木也
 …陸軍第三軍へ派遣された連絡将校。
伊地知彦次郎(いじち ひこじろう):ダンカン
 …日露戦争では、連合艦隊旗艦「三笠」艦長。
永田泰次郎(ながた やすじろう):頼三四郎
 …日露戦争中は東郷平八郎の幕僚副官となり参謀部につく。
加藤友三郎(かとう ともさぶろう):草刈正雄
 …連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長として日本海海戦に参加。後に総理大臣。

【政財界関係者・皇族】
高橋是清(たかはし これきよ):西田敏行
 …真之、子規らの英語の先生。日露戦争時、日銀副総裁として戦費調達に奔走。
山縣有朋(やまがた ありとも):江守 徹
 …元帥陸軍大将。政治家。日本陸軍の基礎を築き「国軍の父」とも称された。
深井英五(ふかい えいご):渡部賢治
 …ジャーナリストから日本銀行に入行。日露戦費の外債募集で高橋是清に随行。

【ロシア】
ニコライ2世:ティモフィー・ヒョードロフ
 …ロシア帝国最後の皇帝。皇太子時代に来日、大津事件で負傷する。
ロジェストウェンスキー:アレクサンドル・チューチン
 …バルチック艦隊司令長官。
クロパトキン:セルゲイ・パールシン
 …極東の陸軍総司令官として日本軍と戦う。
コンドラチェンコ:リュボミラス・ラウチェービチュス
 …シベリア第7狙撃兵師団長。旅順要塞防衛の陣頭指揮にあたる。
シタケリベルグ:リマス・モルクーナス
 …首山堡の守将。
アレクサンドロビッチ:アレクセイ・シェフチェンコ
ミハイロウィッチ:ゲオルキー・シュベチコフ

【アメリカ】
ヤコブ・シフ:レオン・リセック
 …ユダヤ人金融家。日露戦争の際に日本の戦時国債を購入する。

【イギリス】
シャンド:デビッド・クウィルター
 …イギリスの銀行支店長。


=== スタッフ ===
原作/題字:司馬遼太郎(『坂の上の雲』『殉死』より)
脚本:野沢尚、加藤拓、柴田岳志
脚本監修:池端俊策
脚本諮問委員:山折哲雄(国際日本文化研究センター所長)、
       鳥海靖(東京大名誉教授)、宮尾登美子(作家)、
       松原正毅(国立民族学博物館教授)、松本健一(評論家)、
       関川夏央(作家)、遠藤利男(元NHK放送総局長)
音楽:久石譲
メインテーマ:『StandAlone』 
   作曲:久石譲
   作詞:小山薫堂
   歌:麻衣(第3部)
語り:渡辺謙
エグゼクティブ・プロデューサー:西村与志木、菅康弘
制作統括:中村高志、藤澤浩一
演出:加藤拓(10話担当)
   柴田岳志(1、2、3、4話担当)
   一色隆司(5話担当)
   佐藤幹夫(6、7、8話担当)
   木村隆文(9話担当)
   
========================

← 『坂の上の雲』第9話へ『坂の上の雲』第11話へ →





テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/413-df07b029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。