TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 妖怪人間ベム 第1話

'11,10,22放映  日本テレビ系列

ドラマ「妖怪人間ベム」第1話
  『悪を倒し闇に隠れ生きる妖怪が今甦る! はやく人間になりたい』感想
アニメの「妖怪人間ベム」といえば、繰り返し再放送もされた古典的名作で
あり、ご覧になった方も多いと思います。そんなアニメの実写化。
「止めとけよなぁー」
というのが事前の正直な気持ち。ただ、脚本家がやはり有名なアニメ作品の
「怪物くん」をドラマ化して予想外に好評だった、西田征史ということで気
になって視聴しました。

うん。
これはアリ、です。

ひょっとして、大化けするかも。


冒頭、「それは、いつ生まれたのか誰も知らない。 ~」とオリジナル同様の
ナレーション(担当はオリジナルのベムの声、小林清志! )が始まったときには
思わずニヤリ。現代風にアレンジされていますが、あのOP曲もちゃんと流れ
て来た時には何か嬉しくなってきました(笑)。

妖怪人間のモンスター時の特殊造形は、今の技術ならもっとリアルな効果を
出すことは可能だとは思いますが、あのぐらいが丁度いいかも。このご時世、
「子供が怖がる!」とクレーム殺到するかも知れませんからね。


オリジナルでは、いかついオッサンだったベムを演じるのが亀梨和也。実は
このキャスティングが一番の懸念でした。視聴率的にジャニーズが主人公と
いうのはやむを得ないでしょうが、ベムは違うだろー、、、と。

オリジナルとは全く違う雰囲気のベムですが、これはこれでアリだったのが
想定外の驚きでした。

銀髪に伏し目がちなその表情は、妖しげな色気をも感じさせます。ホメ過ぎ
かな(笑)。
ベロに箸の持ち方を教える描写や、相合い傘で自分の肩が濡れても、他人の
為に傘を持つ手を差し出す夏目刑事に思わず涙する描写など、ドラマ版ベム
独自のキャラ造形が興味深かったです。


ベラの杏も好演。ベロの「怪しい者じゃないよ」とおなじみのセリフが出ま
したので、是非ベラも「あたしのムチは痛いよ!」と鞭で戦って欲しい(笑)。


怪しげなキャラで出演することの多い北村一輝は、今回は心の優しい善人な
刑事というのも面白いキャスティング。恐らくベムたちとの交流を深め、友
情をも抱くのだが…、という悲劇的展開が予想されます。ドラマ独自のキャ
ラであり、このキャラが物語が面白くなるかどうか、重要な鍵となる予感。


夏目の先輩刑事、畑山は「名の無い男」の緑色の体液?を目に浴びて、心の
奥深くに隠していた悪意を増幅されました。ベロは畑山の涙に触れたことで
人間になると思ったようですが、この「名前の無い男」からの液体こそが作
用するものであるのでしょう。外見はオリジナルのベムに近い「名前の無い
男」、彼が何者なのかも今後の楽しみです。


音楽もなかなかいいですね。サキタハヂメは、のこぎり奏者としても世界的
に活動しているミュージシャン。そう、あの悲哀に満ちた効果的なBGMは、
のこぎりから生まれているのです。
大阪人としては、横山ホットブラザーズの「お~ま~え~は~あ~ほ~か~」
を絶対に連想してしまいますが、こんなにも哀しげな音楽を生み出すことが
出来るんですね、のこぎりって。
演奏には、「ミュージックソー」という切る作業には使えない、演奏専用の
ノコギリを用いているようです。



古今東西、「モンスターもの」の名作はいろいろありますが、名作の多くに
共通していることは、モンスターの怖さ、おどろおどろしさしか描かないの
では無く、「人に非ざるもの」ゆえの哀しみ、切なさ、悲劇をしっかり描い
ていることだと思っています。
オリジナルの「妖怪人間ベム」も、人間から忌み嫌われ、時には石もて追わ
れながらも人間になりたいと願い、人間の愚かさ、悪意に絶望しながらも、
それでも人間を信じようとするベム・ベラ・ベロが描かれていました。

ドラマ版「妖怪人間ベム」が、オリジナルのマインドを継承していることは
まず間違いないでしょう。
オリジナルのアニメ版を観ている方も未見の方も、楽しめるドラマになりそ
うです。



【妖怪人間ベム 第1話 キャスト】

ベム:亀梨和也(KAT-TUN) …人間になる方法を探し求め続けている。
ベラ:杏 …思ったことは口に出る、少々過激な性格だが温かい心を持っている。
ベロ:鈴木福 …すぐ単独行動に走り、事件に巻き込まれがち。

夏目章規:北村一輝 …刑事。心優しいがゆえ、職場ではバカにされがち。
夏目菜穂子:堀ちえみ …夏目刑事の妻。笑顔で家族を支えている。
夏目優以:杉咲花 …夏目刑事の娘。ベロにとってお姉さんの様な心優しい少女。
(幼少期:小西舞優)
夏目まこと:林遼威 …夏目刑事の息子、幼いときに他界。
緒方浩靖:あがた森魚 …生物学の大学教授。ベムと同じステッキを所持している。
緒方小春:石橋杏奈 …緒方の孫。祖父が飼うリスザルが苦手。
町村日出子:広田レオナ …緒方家の家政婦。ベムたちを不審に思っている。

名前の無い男:柄本明(特別出演)
辻尚樹:永岡佑 …浅津警察署、夏目の後輩刑事。
岡田:中村倫也 …屋上から吊るされた男。
松下哲:笠井しげ …岡田と高校の同級生、遺書を残し飛び降り自殺する。
畑山孝則:兒玉宣勝 …畑山刑事の息子。高校生の時、同級生のいじめで自殺。
畑山悟:光石研 …夏目の先輩刑事。夏目を可愛いがっていた。
少女:吉村唯 …冒頭、強盗犯から妖怪人間に助けてもらう。

【スタッフ】
原作: アサツー ディ・ケイ
脚本: 西田征史
音楽: サキタハヂメ
主題歌:「BIRTH」 KAT-TUN
撮影: 迫 信博
シニアチーフクリエイター: 櫨山裕子
プロデューサー: 河野英裕/大倉寛子/原藤一輝(ジェイ・ストーム)/
        小泉 守(トータルメディアコミュニケーション)
演出: 狩山俊輔(1話)/佐久間紀佳
==================================

妖怪人間ベム 第10話(最終回) へ→




テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/412-e061abd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。