TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 リトル・ミス・サンシャイン

'11,9,3 深夜放送  関西テレビ

「リトル・ミス・サンシャイン」(2006) 感想
オリジナル100分、放映時間110分、放映本編時間94分。
アリゾナ州に住むオリーヴの夢は、美少女コンテストで優勝すること。小太
りの眼鏡っ子にもかかわらず、ミスコンのビデオを研究し、おじいちゃんの
エドウィンとダンスの特訓。そんな彼女に予選の繰り上げ優勝により、カリ
フォルニアで行われる「リトル・ミス・サンシャイン」コンテスト出場資格
が訪れる。独自の成功プログラムを売り出すことに夢中の父リチャード、引
きこもりで誰とも喋らない長男ドウェーン、ヤク中で老人ホームを追い出さ
れた祖父エドウィン、そんな一家を懸命にまとめる母シェリル。そこにシェ
リルの兄で自殺未遂を起こしたゲイのフランクが加わり、ワーゲンバスに乗
り込んでカリフォルニアへ800マイルの旅が始まる。





映画好きを自称しつつ、ここ数年はそれほど熱心に新作チェックをしていな
かったので、この作品もノーチェック。たまたまテレビ放映していたので録
画して観たのですが。

いや、良かった。
思わぬ拾い物で得した気分です(笑)。

ロードムービーで、バラバラで崩壊寸前の家族の再生を描く、となれば過去
にもありふれた感じですが、いかにもな感動ストーリーにまとめることなく、
奇跡が起こることも無い。そこがいいですね。

でも、人生は続いていく。家族は一緒にいる。
それには努力し、協力することも必要なのだ。
壊れたミニバスを押しがけして発車させるように。


「勝ち組」「負け組」と最近は日本でもよく言われますが、勝利する、とい
うことに関してアメリカってかなりこだわる印象があります。勝者に対する
リスペクトは異常なほどに高い様な。
でも勝者は、ほんの一握りで殆どは敗者な訳です。
肝心なのは、チャレンジしたのか?そして、負けても又、立ち上がれるか?
わかっているけど、負けたときは辛いもんね。。。

「負け犬ってのはな、負けるのが怖くて何にもやらない奴のことだ。最初か
らな。だがお前は違うだろ?」
グランパ・エドウィンの劇中のセリフです。名言だと思います。
おじいちゃんが言うから深いんですよね。若い奴が言うのと重みが違う。

エドウィン役はアラン・アーキン。ちょっと下品で言いたい放題だけど孫思
いなグランパを見事に演じ、本作でアカデミー助演男優賞に輝きました。
他には「シザーハンズ」ではジョニー・デップ扮する主人公エドワードが人
間社会で共に暮らすボッグス家のパパ・ビル役、「ガダカ」ではベテラン刑
事を演じた人。若い頃に「暗くなるまで待って」でオードリー・ヘプバーン
を狙う悪党三人組のリーダーを演じていました。


フーヴァー一家はグランパ以外も皆、印象的で巧いですねえ。幼女オリーヴ
も素晴らしい。兄に指示されての母親へのハグ。その後、2度目のハグシー
ンがあるのですが、映像的にも美しくてしびれる名シーンです。
演じたのはアビゲイル・ブレスリン。あの小太りはコットン製のファット・
スーツだったそうで。
シャマラン監督の「サイン」でメル・ギブソンの娘役にてデビューした彼女、
本作では10歳。活躍は続き、今では若手売れっ子女優の一人です。


フーヴァー家に加えて、重要な家族の一員と言いたくなるのがワーゲンバス。
正確にはフォルクスワーゲン・タイプ2ですが、この愛くるしい車はいろん
な映画に登場してます。少し前までは街でもちょくちょく見ましたが、最近
は少なくなったかな?。
途中でクラッチが壊れ、押しがけしないと動かないのですが、その行為こそ
が実は家族がまとまる重要な処方箋になっています。


インディペンデント系の低予算映画ですが、色彩も美しく撮影、編集も丁寧。
安っぽさは全く感じません。未見の方にはお勧め出来る作品です。
ドラマ「24」ファンにはクロエ役のメアリー・リン・ライスカブがチョイ
役で出てるのにニヤリ、としてしまうでしょう。
本作でも彼女、睨んでます(笑)。笑顔もあるよ。



【 リトル・ミス・サンシャイン キャスト(声の出演) 】

▼フーヴァー家
オリーヴ …アビゲイル・ブレスリン:永田亮子
リチャード(父) …グレッグ・キニア:内田直哉
シェリル(母) …トニ・コレット:田中敦子
フランク(叔父) …スティーヴ・カレル:岩崎ひろし
ドウェーン(兄) …ポール・ダノ:小野大輔
エドウィン(祖父) …アラン・アーキン:松井範雄

医者 …マーク・タートルトーブ
ジョシュ(フランクの元教え子) …ジャスティン・シルトン
ラリー(ジョシュの彼氏) …ゴードン・トムソン
スタン・グロスマン(リチャードの契約相手) …ブライアン・クランストン
ジェンキンス(ミスコン受付・審査員) …ベス・グラント
カービィ(ミスコン受付・音響担当) …ウォレス・ランガム
ミスコンスタッフ …メアリー・リン・ライスカブ
ミス・カリフォルニア …ローレン・シオハマ
ミスコン司会 …マット・ウィンストン
会場のバイカー親父 …ジェフ・ミード
自動車整備士 …ジュリオ・オスカー・メチョソ


【スタッフ】
監督:ジョナサン・デイトン / バレリー・ファリス
脚本:マイケル・アーント
撮影:ティム・サーステッド
音楽:マイケル・ダナ
『リトル・ミス・サンシャイン』LITTLE MISS SUNSHINE (2006)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/401-4127dd4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。