TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報:小松左京氏

「日本アパッチ族」「日本沈没」などの作品で知られ、文明評論家としても
評価されたSF作家の小松左京(こまつ・さきょう、本名・実=みのる)さ
んが26日午後4時36分、肺炎のため死去した。80歳だった。大阪市出
身。告別式は親族で済ませた。

京都大学文学部イタリア文学科在学中から作家の高橋和巳らと交流し、文学
活動に参加。卒業後は業界紙記者、土木工事の現場監督、漫才の台本作家な
どさまざまな職業を経験した。昭和36年に『地には平和を』で「SFマガ
ジン」の第1回コンテストで努力賞。SF作家としてデビューした。
…(略)

地殻変動で日本列島が水没し、日本民族は国土を失うという設定の「日本沈
没」(48年)は広範な知識に裏づけられた巧みな空想力が話題を呼び、4
00万部の大ベストセラーに。日本推理作家協会賞を受賞したのをはじめ映
画、テレビ・ラジオドラマ、劇画にもなった。また60年には「首都消失」
で日本SF大賞を受賞した。

文明評論家としても知られ、45年には国際SFシンポジウムを主宰。平成
2年、大阪市で開催された「国際花と緑の博覧会」の総合プロデューサーを
つとめたほか、昭和59年公開の映画「さよならジュピター」では脚本・製
作・総監督をこなすなど多彩な行動力が持ち味だった。
==================================
「日本沈没」SF作家・小松左京さん死去 80歳:MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110728/bks11072815590000-n1.htm




もう、訃報ニュースを記事にするのは止めよう、と思っていたんですが。
テレビでニュースを観て、「えーっ!」と思わず声を挙げてしまいました。

最近のお写真を拝見し、その変わりようにショックを受けたのは去年だった
でしょうか。もう小松先生の新しい科学小説を詠むことは出来ないのですね…


日本SF界の巨人、と呼ぶに相応しい方でした。絶えず煙草を手にした印象。
とり・みきの似すぎな似顔絵イラストもありましたね。

「さよならジュピター」を大阪梅田の映画館に観に行った時、館内でお姿を
発見し、サインを頂いたこともありました。レンタルビデオ店が近所に初登
場した時に、初めて借りたビデオも「さよならジュピター」だった。その店
のレンタル代設定は価格の一割。レンタル代は1480円。高かったなぁ。
あの映画の出来は…ですが(笑)、小説は無茶苦茶おもしろかった。日本SF映
画の為に、といろいろ奮闘された当時の愉快なエピソードを昔、どこかで読
んだなあ。あれ、なにで読んだのでしょう?も一度読みたいな…


「復活の日」「日本沈没」などの長編が有名ですが、短編でも面白い作品を
多数書かれています。「くだんのはは」は傑作。むっちゃ怖いですよ。

謹んでご冥福をお祈り致します。



テーマ:訃報 - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/391-85e60e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。