TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国代表ソロ選手のコメントより

試合終了後も、いろいろ感動が更に高まるニュースや映像が出てくるなでし
こジャパン関連。

このニュースをご紹介。

………
米国のGKホープ・ソロは同国代表チームのウェブサイトで「わたしたちは
偉大なチームに敗れた」とコメント。また、「何か大きな力が日本を味方し
ていたと感じた」とし、「勝ちたかったけれど、他のチームが優勝するなら
日本が良かった」と述べた。
………
W杯決勝で敗れた米国、なでしこジャパンの粘りに脱帽:ロイター
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22243120110718



ソロ選手のコメントで胸が熱くなりました。

もちろん、この栄光はなでしこジャパンの代表の方々が自力で勝ち取ったも
のです。

でも。
今回の震災にて亡くなったサッカー少女について、報道されたと聞きました。
代表メンバーになることを夢見て、サッカーに情熱を傾けていた少年少女。
しかし、この震災にてその夢が永遠に断たれてしまった。

残念ながら、そんな少年少女が何人もいたかもしれません。

「何か大きな力が日本を味方していたと感じた」
なでしこジャパンの後ろには、そんな少年少女の魂が後押ししていた。
そんなファンタジーがあってもいいと思えるのです。

亡くなった方々からそんな空想をするのは不遜なことかも知れません。
しかし、ソロ選手のコメントを聞いて私はそう思えて仕方がないのです。

2011年に行われたワールドカップだったからこそ。




テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/388-0ddff990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。