TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 華和家の四姉妹 第1話

'11,7,10 放送(20分拡大)  TBS系列

「華和家の四姉妹」 第1話「女の幸せはイス取りゲームだ!!」感想
「Jin -仁- 」が終わって、大きな楽しみが無くなってしまったような感じで
すが、後枠で「華和家の四姉妹」が始まりました。
原作は柴門ふみ。一時期は安心のブランドでドラマ化されまくってましたが、
ここ最近では久しぶりですね。ウィキペディアで調べてみたら12年ぶりとの
こと。

個性豊かな四姉妹が恋愛、仕事、家庭でトラブル・アクシデントを体験しな
がら成長していくということで、柴門ふみならストーリー的には充分に安心
期待出来そうです。


私たち各自が持っている個性・キャラクターというものは、得てして自分が
こうありたいと憧れ、理想に思うものとはかけ離れていることはよくある事
で、そんな自分に嫌気がさし、自己嫌悪に陥ることも多いものです。
また、近い存在の人がどうにも性格が合わず、衝突を繰り返すことも至る所
で起きているでしょう。

そんな各自のキャラもそれまでの経験、環境が大きく作用している訳で、四
姉妹のなかで中心的存在となる次女の竹美がトラブルメーカー、ゴーイング
マイウェイな性格であるのも、少女時代の体験が作用しているような描写が
チラッとありました。

集団の中でも個を押し通す。自分自身のスタイルとして。
特にこの日本ではそんなキャラは周りと衝突する可能性大です。周囲と上手
くやるためには自分を殺して周りに合わせる、そんな方が殆どなのではない
でしょうか。

「自分勝手に生きれていいよねー」
周りはそう思うかもしれませんが、当の本人は決して生きやすい道では無い
のかも知れませんね。決してそういう性格になりたかったのではないのかも。


また、更にいうならば「あの人はああいう人」との周りの意見は、果たして
本当にその人の性格、キャラを見抜いているのか?
それはイメージ・勝手にレッテルを貼付けただけなのかも?
その人の本質は違うところにあるのかもしれないのに。
そんな「見かけ」はその人にとって自分を守る「鎧」なのかも知れない。

あるいは家族・兄弟でさえ、一度フィルターがかかるとそこから抜け出せな
いのかも。


そんなことを考えさせられながら、この1話を見終わりました。
ま、そんな考えこまなくても、キレイな女優さん達を観ているだけでも充分
に楽しいんですが(笑)。

適度にお気軽、適度にマジメ。
日曜の夜にはいいドラマではないでしょうか。
多分、今後も視聴することになりそうです。
1話は三女・桜子の働く会社が主な舞台で「ショムニ」を思わせる展開でし
たが、今後はどういう感じになるのかな?


1話ゲストで、支店長にセクハラを受ける受付の女性を演じていた女優は、
木村文乃という方。今ドコモのスマートフォンのCMで、サザン桑田と一緒に
雨宿りしたりして共演している子ですね。
和風美人で、今後が期待出来そうな女優さんでした。



【 華和家の四姉妹 キャスト 】
▼華和家
華和(山根)竹美(31):観月ありさ…次女。バツ2で3人の子持ちのシングルマザー。
華和桜子(25):貫地谷しほり…三女。ウィッグメーカーOL。お人好しで堅実派。
華和うめ(19):川島海荷…四女。美大の彫刻科1年、恋愛経験はゼロ。潔癖症。
華和藤子(32):吉瀬美智子…長女。雑誌「with」副編集長。
華和幸子(54):宮崎美子…華和家の母。母であるよりも女であることが最優先。
華和大悟(56):遠藤憲一…華和家の父。浮気の常習犯だが、妻と娘を愛している。
華和あやめ(9):川島鈴遥…竹美の長女。
華和一平(5):小野伶広…竹美の長男。
華和克平(3):加藤憲史郎…竹美の次男。

▼竹美の周辺人物
山根克彦(39):田中哲司…竹美の2番目の元夫。IT企業の社長。
森綾子(27):森脇英理子…山根の秘書。山根に好意を持っている。

▼桜子の周辺人物
益子正三郎(26):加藤成亮(NEWS)…フリーカメラマン。女性の経験は豊富。
堀内佳奈(28):田中美保…桜子の同僚。美脚が自慢である。
峯岸亜紀(21):野村麻純…桜子の同僚。天然キャラ。
高橋マリ(29):井上佳子…桜子の同僚。大食いキャラ。

▼日の出美術大学
吉安コージ(22):勝信…うめが通う大学の、立体アート研究会の先輩。
沼崎千絵(19):本田緑…うめの親友。
福島万希(20):福田彩乃…うめの親友。ボーイズラブをこよなく愛す。
畑野ゆかり(22):鈴木ちなみ…日の出美大のミスキャンパス。コージと交際中。

▼with編集部
前田友(28):松尾敏伸…「with」編集部員。
大島敦美(31):梅宮万紗子…「with」編集部員。
板野友紀(24):若松春奈…「with」編集部員。
高井優子:村岡希美…編集部と取引のあるブランド「Prani」の担当責任者。


舘ひさし:猫ひろし…竹美と顔なじみの中年刑事。竹美に好意を持つ。
柴田恭造:水上剣星…舘とペアを組む若手刑事。
嶋田支店長:神保悟志…桜子の働くウィッグショップの支店長。
相本美弥 :木村文乃…桜子の働くウィッグショップの受付嬢。
みどり:芳本美代子…竹美の婚約者の本妻
晃一:中村靖日…竹美の婚約者
ベッキー:herself …「 with 」 の30周年記念イメージキャラクター


【 スタッフ 】
原作:柴門ふみ『華和家の四姉妹』(講談社『モーニング』KC)
脚本:清水友佳子、関えり香、泉澤陽子
プロデュース:植田博樹、神戸明(東宝映画)
演出:今井夏木(第1話担当)、吉田健 ほか
主題歌:「星の果て」観月ありさ(avex tune)
制作協力:東宝映画
制作:TBSテレビ




テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/383-05b2e6cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。