TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ映画松竹版の主演は藤原竜也

==映画.com ====
 俳優の藤原竜也が、松竹が製作する3D映画「おかえり、はやぶさ」に主演
することが決定した。はやぶさの奇跡的な帰還のカギを握る、イオンエンジ
ン担当の新米エンジニアを演じる藤原は「たくさんの奇跡を起こして生還し、
日本国中に感動を呼んだ『はやぶさ』。このテーマを題材にした映画に参加
できて大変うれしく思います」と意欲を燃やしている。また、杏と三浦友和
の出演も発表された。

(中略)
映画は、藤原演じるJAXA(宇宙航空研究開発機構)の新米エンジニア・大橋
健人と、「はやぶさ」以前の「のぞみ」プロジェクトリーダーだった父・大
橋伊佐夫(三浦)、伊佐夫の講演に感銘し宇宙を志した新米理学博士・野村
奈緒子(杏)の関係を軸に描かれる。

健人は、火星探査機「のぞみ」プロジェクトの失敗から立ち直れない父・伊
佐夫と疎遠になりながらも、人類初の「小惑星サンプルリターン」プロジェ
クトに携わっていた。しかし、小惑星「イトカワ」に着陸した直後、はやぶ
さの姿は宇宙のヤミに消えてしまう。JAXAの全面協力を得て、家族という視
点を軸に、宇宙空間を孤独に航行したはやぶさの7年にわたる軌跡を初めて
3D映像で迫る。
(後略)
==================================
藤原竜也、松竹版3D「はやぶさ」に主演 杏&三浦友和も参戦:映画.com
http://eiga.com/news/20110615/2/


==同ニュース関連その他記事==

藤原竜也“3D参戦”「はやぶさ」3作品が対決!:スポニチAnnex
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/06/15/kiji/K20110615001020420.html

全編3D映像で贈る『おかえり、はやぶさ』の主演に藤原竜也、共演に杏、
三浦友和が決定!
:MovieWalker
http://news.walkerplus.com/2011/0618/3/




「ネタ』として被さりすぎた感のある「はやぶさ」映画。松竹版がなかなか
概要が発表されないので製作中止か?等と思っていましたが、ついに具体的
にキャスト発表がなされました。

今回の報道から見て、松竹版はドキュメンタリー性は薄く、創作された親子
ドラマと3Dで勝負する模様です・・・

これで、各社はやぶさ映画の概要が出そろいました。


◎20世紀フォックス版
 『はやぶさ/HAYABUSA』
 ・監督:堤幸彦
 ・出演:竹内結子、西田敏行、高嶋政宏、佐野史郎、
     山本耕史、鶴見辰吾、筧利夫、市川実和子、他
 ・主人公は、広報兼はやぶさ運用スタッフの”水沢恵”
 ・「はやぶさプロジェクトを追体験できる映画。出来る限り、完コピした」
  (監督談)
 ・4/13クランクイン、5/25クランクアップ
 ・2011年10月1日 全国公開予定
 ・公式サイトhttp://movies.foxjapan.com/hayabusa/index.html
  (特報映像公開中)
 

◎東映版
 『小惑星探査機 はやぶさ-遥かなる帰還-』(仮題)
 ・監督:瀧本智行
 ・脚本:西岡琢也
 ・原作:山根一眞「小惑星探査機 はやぶさの大冒険」
 ・出演:渡辺謙、他
 ・主人公は、はやぶさプロジェクトでプロジェクト・マネージャーを務めた
  川口淳一郎教授がモデルの”山口駿一郎”
 ・「はやぶさ」のプロジェクトチームと家族を描く
 ・製作費15億円
 ・5/20クランクイン
 ・2012年公開予定
 ・公式サイトhttp://www.hayabusa2012.jp/index.html
 

◎松竹版
 『おかえり、はやぶさ』
 ・監督:本木克英
 ・脚本:金子ありさ
 ・音楽:冨田勲
 ・出演:藤原竜也、杏、三浦友和、他
 ・主人公は、はやぶさのイオンエンジン担当の新米エンジニア”大橋健人” 
 ・テーマは「家族の絆」
 ・3D
 ・6/16クランクイン、8月上旬クランクアップ予定
 ・震災から1年目となる2012年3月、公開予定
 ・公式サイトhttp://hayabusa3d.jp/
 

◎角川版
 『はやぶさ HAYABUSA –BACK TO THE EARTH - 帰還』
 ・監督:上坂浩光
 ・2011/5/14 ロードショー
 ・プラネタリウムや科学館で上映された全天周映画の劇場公開版
 ・CG映像に篠田三郎のナレーション
 ・オリジナルに、はやぶさ帰還後を加えた「帰還バージョンDC版」と
  呼ばれるものと同一、46分
  (オリジナルは2009年、帰還前に公開。略称HBTTE)
 ・公式サイト
  http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/hayabusa_movie/




これだけ重なると、正直、不安の方が大きいんですが(笑)。
はてさて、どうなるでしょうか。


【当サイト内の関連過去記事】
はやぶさ、帰還1周年
はやぶさ映画20世紀Fox版 製作記者会見
はやぶさ映画東映版、主演は渡辺謙
はやぶさ映画20世紀フォックス版、公表されました
はやぶさ映画がイッパイあるようで・・・
探査機はやぶさ、映画化決定!






テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/378-a74ad36b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。