TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ JIN -仁-完結編 第9話

'11,6,12 放送  TBS系列

TBS開局60周年記念番組「Jin-仁-」 第9話「坂本龍馬、暗殺」 感想
まずは、あらすじを。

・恭太郎、上役に龍馬暗殺を命ぜられる。咲と栄を人質に取られたような状態
・仁、咲と佐分利を連れて京へ。龍馬の命を救う為に。それを影で見つめる三隅
・佐分利ならこの時代の人だから、龍馬の命を救うのに歴史の修正力は働かない筈
・京への道は遠い。焦る仁。ある宿では地元の民を診ることになる
・その宿で仁たちの前に現れる恭太郎。心中に期するものがあるようだ…
・薩摩藩邸で西郷らに新政府綱領九策、新官制擬定書を見せる龍馬
・綱領の「○○○自ら盟主となり…」の伏せ字は誰のことかと詰問する大久保
・巧妙に大久保から慶喜公の名前を出させ、それがいい、とトボケる龍馬
・後は任せた、と立ち去る龍馬に、西郷が官制に龍馬自身の名前がないことを問う
・もう身を引きたい、世界の海援隊をやろうと思う、と言う龍馬に唖然とする西郷
・龍馬退出後、怒る大久保を「(龍馬暗殺は)ならん!」と制す西郷
・自由に生きようとする龍馬に、東はずっと護衛をする、と微笑む。肩を抱く龍馬
・仁たち、寺田屋に到着。お登勢が出迎える。以前送った暗殺警告の文は未着だ
・江戸ではペニシリン製造の免許状(偽造か?)を手にし、不敵に微笑む三隅が…
・京の町で龍馬を探しまわる仁たち。恭太郎が尾行しているのには気付かず
・仁友堂を怒りの群衆が囲む。何が起こったのか分からない医師たち
・ペニシリンに関して山田が奉行所に捕えられた。物陰でほくそ笑む三隅
・龍馬が見つからず途方に暮れる仁、偶然に東に会い、龍馬に会わせる様に頼む
・そして近江屋。龍馬と再会した仁、急ぎ京を出ようと懇願。近江屋を出る
・寺田屋で軍鶏を囲む龍馬たち。中岡は鍋をいらん、また明日、と席を立つ
・夜道を行く中岡、覆面の侍に道を塞がれる。「おまん!?』斬られる中岡
・「おまんの言うとおり、食ってけば良かったが…りょう、ま…」中岡、死す
・表を見てくる、と席を立つ東。外では恭太郎が監視していた。見つめる東
・日付が変わった。ホッとする仁。その様子を見て、龍馬は咲に席を外すよう頼む
・外では東、恭太郎を問い詰める。二人、抜刀し切り合う
・龍馬、昨日に殺される筈だったのかと問う。貴方を守ると約束した、と答える仁
・先生は道しるべだったが、もうここらで手を引こうと思う。その言葉に仁は…
・こんなもんを持ち歩く暮らしもコリゴリ。懐のピストルを畳に置く龍馬
・別れの言葉の様に思え、龍馬に思いを伝えようとした仁を頭痛が襲う
・龍馬は咲を呼び、階下へ水を汲みに降りる。外が騒がしい。「ほたえな!」
・格子窓から外を見ると、東が何者かと斬り合っている
・東を加勢しようと飛び出した龍馬、しかし懐にピストルが無い。しまった!
・龍馬に突きつけられた刀は恭太郎。東は別の刺客に抑えられ龍馬を守れない
・仁を抱きかかえ降りて来た咲も恭太郎に気付く。兄上!
・龍馬の説得も恭太郎には届かず。「御免!」恭太郎の刀が振りかざされた
・その時、別の刺客を振り払い、東が恭太郎の一撃を防いだ
・しかし次の一撃を加えんと刺客が龍馬に駆け寄る。東、決意の表情で目をつぶる
・東の横に払った刀が龍馬の額を切り裂いた。飛び散る血潮が仁の目に入る
・龍馬、ドウと倒れる。「龍馬さん!」仁、龍馬の姿を探し、絶叫・・・



ついに、坂本龍馬暗殺の日を迎えました。
龍馬暗殺実行犯は、史実では京都見廻組であるというのが定説になっていま
す(完全に確定してはいませんが)。黒幕は不明。いるとしても、まあ諸説
いろいろあります。会津、桑名、薩摩、長州、紀州、などなど。
これも龍馬には敵が多かったからこそ、なんですが、見廻組が実行犯なら、
彼らは警察組織ですから黒幕がいなくてもおかしくはないですね。
「仁」でもやはり、見廻組が龍馬を捜索していました。そして居所をタレ込
んだのは薩摩の大久保(笑)。うーん、あり得そうです。

そして「十津川郷士」を名乗り近江屋を襲撃。しかし、仁の行動で近江屋は
もぬけの殻。悔しがる見廻組。歴史は変わりました。
ですが映画「ファイナル・デスティネーション」じゃないけど、死は簡単に
は逃れられないようです。歴史の修正力ってやつですね。

寺田屋に場所を変えた龍馬たち、史実では食べられなかった軍鶏鍋をつつい
ています。ここで、中岡、帰っちゃいました。

仁センセ、歴史に疎いから。
龍馬暗殺イコール、中岡暗殺であることを仁センセは知らなかったようです。
一人、夜道を京へ戻る中岡慎太郎。覆面の男たちを目撃します。
ちょっとゴニョゴニョして聞き取りにくかったのですが、覆面たちは薩摩弁
を喋っているように聞こえました。
覆面の一人を見て、「おまん!?」と声を上げる中岡。目だけで誰か分かっ
たようです。私は判別出来なかったのですが、あれは大久保?

おそらく大久保を始めとした薩摩の者たちにて、中岡は暗殺されました。近
江屋ではなく、路上にて。


そして龍馬は。

東はやはり、兄に関連して龍馬を狙っていたぽいですね。龍馬が「この手で
殺めてしもた長州藩士もおった」と言った時の、東の顔を捉えたショットが
意味深な感じでした。

志半ばで倒れた兄の代わりに果たしたいことが一つあったが、坂本さんの大政
奉還の建白を読んだ時、もう良いのでは、と思った。この国にもう一度生まれ
て来たい、きっと兄はそう思っています。

そんな東の言葉が印象的でした。いい表情です。佐藤隆太が好演。
そうして龍馬の暗殺を断念した東が、結局は龍馬を斬ることに。
ああ。

あのシーンの演出構成が、ちょっと分かりにくかったんですがねー。

東は、恭太郎と面識はない。だが龍馬と恭太郎の会話、咲が「兄上!」と叫
んだこと等から、おおよその事情は理解した模様。

・このままでは追撃をかわし切れそうにない
・恭太郎たちが龍馬を斬ったなら、その後恭太郎は自害するだろう
・兄の為に龍馬を狙った東にとって、家族の為に龍馬を斬ろうとする恭太郎
の気持ちは理解出来る

そこで、東はあえて自分で龍馬を斬った。即死レベルの深傷ではなく、重傷
だが医者の仁なら手術で治せるだろう程度の傷を負わせて。

と、いうことだと見てて解釈したのですが、気になったのが東が目をつぶっ
たこと。ギリギリで死に至る傷は避けるなら、目をつぶって斬りつけるか?
目をつぶったのは、もう観念して殺すつもりだった?

東がどういうつもりだったのか、判断しかねますね。展開としては、生かす
つもりだったとは思うのですが…



さて、今回龍馬が西郷に示した文書は「新政府綱領八策」と「新官制擬定書」
です。「新政府綱領八策」は前回の「船中九策」と同じく、仁の保険の話が
加わっていますので、ドラマ中では「新政府綱領"九"策」となっています。

「新政府綱領八策」は船中八策を元にした政体案です。あの伏せ字部分には
誰の名前が入るのか、山内容堂説、徳川慶喜説、三条実美説などがあります
が現在も不明です。
「龍馬伝」では福山龍馬が「みんなあ、が入るがじゃ」と言ってましたね。

新政府綱領八策:資料にみる日本の近代ー国立国会図書館
http://www.ndl.go.jp/site_nippon/kensei/shiryou/simage/Gazou_5_1.html


「新官制擬定書」は新政府の人事案、ですね。龍馬が戸田雅楽などに相談し
て作成したものです。これはオリジナルが無く、様々な人が書き残した資料
にその記録が残っています。で、どうやらここには龍馬自身の名前も実際は
あったらしいみたいです。
近江屋遭難が無ければ、龍馬が明治新政府の国政に関わった可能性もあるわ
けですね。

西郷に「世界の海援隊でもやりますか」と言ったという有名な逸話ですが、
陸奥宗光(陽之助)の創作である可能性が高いようです。



さあ、次回はいよいよ龍馬を救えるか、手術が行われるようです。
今回は「息継ぎせいや」とお登勢にツッコみ、「甘露、甘露!」と酔っ払う
お笑い担当だった佐分利が活躍するのでしょうか?

仁しぇんしぇい、また手術中に頭痛みたいだけどどうなる?

最終回前編、楽しみです。



【 JIN-仁- 第2期(完結編)第9話 キャスト 】

南方仁:大沢たかお…脳外科医。幕末の江戸にタイムスリップする。
橘咲:綾瀬はるか…恭太郎の妹。仁のもとで看護婦として医療を手伝う。
坂本龍馬:内野聖陽…土佐の脱藩浪人。仁の親友となる。

友永未来:中谷美紀(特別出演)…仁の婚約者。仁の手術で昏睡状態になる
野風:中谷美紀(二役・特別出演)…元・吉原の花魁。ルロンと結婚。
橘恭太郎:小出恵介…仁に命を救われた侍。勝の元で働いている。
橘栄:麻生祐未…咲と恭太郎の母。武家の誇りを重んじる厳格な女性。
佐分利祐輔;桐谷健太…華岡流の麻酔術を学んだ若き医師。仁の片腕となる。
山田純庵:田口浩正…西洋医学所の医師。仁友堂にてペニシリン製造を担当。
福田玄孝:佐藤二朗…もと医学館の医師。胃を仁が手術した縁で仁友堂の一員に。
八木:斉木テツ…仁友堂の一員。
横松:中江大樹…仁友堂の一員。
勝海舟:小日向文世…龍馬・恭太郎の師。仁の医術に深く興味を抱く。
三隅俊斉:深水三章…野風が身請けされる予定だった某家門の藩医。今は奥医師。
東修介:佐藤隆太…長州藩士。龍馬・仁に命を助けられ、以後、龍馬の護衛役に。
西郷吉之助[隆盛]:藤本隆宏…薩摩藩士。禁門の変の後、仁の診察を受ける。
大久保一蔵[利通]:眞島秀和…西郷らと倒幕運動を推進、新政府の基礎を固めた。
中岡慎太郎:市川亀治郎…土佐藩出身の志士。龍馬と共に薩長の和解に奔走する。
恭太郎の上役:中原丈雄
武士:津田寛治…恭太郎に同行して龍馬を狙う幕府側の刺客
武士:趙民和…恭太郎に同行して龍馬を狙う幕府側の刺客
無医村村人:伊藤幸純
お登勢:室井滋…寺田屋の女将


【スタッフ】
原作:村上もとか『JIN-仁-』(集英社「スーパージャンプ」)
プロデュース:石丸彰彦、中井芳彦
脚本:森下佳子
演出:山室大輔(第6,9話担当)
   平川雄一朗(第1,2,3,7,8話担当)
   那須田淳(第4,5話担当)
音楽:高見優、長岡成貴
主題歌:平井堅 「いとしき日々よ」
時代考証:山田順子
制作著作:TBS
==============================

← JIN-仁-(完結編) 第8話へJIN-仁-(完結編) 第10話へ →





テーマ:JIN-仁- - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/375-f550e253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

jin-仁-2

<原作ネタバレ>JIN-仁-で分からないところがあります。包帯男についてです。 今J... <原作ネタバレ>JIN-仁-で分からないところがあります。包帯男についてです。 今JINを観ています。そして原作も読んでいませんが、おおまかな流れは知っています。 ですが、どうして

  • 2011/06/14(火) 11:16:31 |
  • 特ダネ!ニュースダイジェスト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。