TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ映画20世紀Fox版 製作記者会見

はやぶさ映画:20世紀FOX版である「はやぶさ/HAYABUSA」(堤幸彦監督)
が25日のクランクアップを控え、JAXA相模原キャンパスで製作記者会見が
行われました。

竹内結子 : 女優の存在感を消して挑んだ 映画「はやぶさ」でJAXA職員演
じる
===MANTANWEB
http://mantan-web.jp/2011/05/23/20110523dog00m200018000c.html


竹内結子、地味メイクで『はやぶさ』所員になりきり「“通勤”楽しい」==
=ORICON STYLE
http://www.oricon.co.jp/news/movie/87969/full/

(前略)
 堤監督は「はやぶさプロジェクトを追体験できる映画に関われて光栄。出
 来る限り、完コピした」と断言。プロジェクトに携わった実在の人物を、
 キャスティングはもちろん、衣装やメイク、中には話し方などまで細かく
 再現しながら撮影を進めた。「かなり面白い方々が集まってこの『はやぶ
 さ』の偉業は成し遂げられた。その面白さを具体的に出したかった」と話
 した。
(以下略)


以上、マスコミ記事のご紹介。
この記者会見の詳細はGIGAZINEさんにて書き起こしされています。興味が
ある方は以下サイトへ是非どうぞ。

小惑星探査機はやぶさの帰還をハリウッドが映画化した「はやぶさ/HAYA
BUSA」製作記者会見
===GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20110523_hayabusa_kaiken/

同サイトから、会見のフォトリポート、JAXAの施設紹介の記事もリンクされ
ており、はやぶさファンには見応えあると思います。



キャスト・スタッフクレジットも公表されました。

出演:  竹内結子、西田敏行、高嶋政宏、
     佐野史郎、山本耕史、鶴見辰吾、
     筧利夫、市川実和子、甲本雅裕、生瀬勝久
     
監督:堤幸彦
企画:アグン・インク
エグゼクティブプロデューサー:玉江唯
プロデューサー:井上潔
撮影:唐沢悟
音楽:長谷部徹
VFXスーパーバイザー:野崎宏二
JAXA担当コーディネーター:市川浩哉
製作:2011「はやぶさ/HAYABUSA」フィルムパートナーズ
制作プロダクション:アグン・インク
協力:JAXA
配給:20世紀フォックス映画


ソースはGIGAZINEさんの「映画「はやぶさ/HAYABUSA」製作発表会フォト
レポート」
より。

脚本家の名前が無いのが気になります。トラブルがあってクレジットを拒否
するようなことになったのか、それとも単純に抜け落ちてるだけなのか…

主役の竹内結子は、広報兼はやぶさ運用スタッフの水沢恵役。架空の人物。

西田敏行は、宇宙科学研究所対外協力室長の的場泰弘役。モデルは当然なが
ら同室長の的川泰宣氏。NHKの「クローズアップ現代」「追跡! AtoZ」にて
ゲスト出演された方です。

また、公式サイトによると、佐野史郎がはやぶさプロジェクトの責任者との
ことで、モデルは川口淳一郎プロジェクトマネージャー。
高嶋政宏と山本耕史は主人公の先輩研究員、だそうです。

この公式サイトにある画像を見ると、ドラマチックなはやぶさの旅において
最高に劇的な展開のひとつである、イオンエンジンのニコイチ運用を生み出
した方、國中均教授は鶴見辰吾が演じてるっぽいですね。
果たして「こんなこともあろうかと」というセリフはあるのでしょうか(笑)。


なお、6月の宇宙ニュース特番では同映画のロケ現場を取材した模様。
川口PMのインタビューとかもあるらしいので要チェックです。


映画「はやぶさ/HAYABUSA」公式サイト



【当サイト内の関連過去記事】
はやぶさ映画東映版、主演は渡辺謙
はやぶさ映画20世紀フォックス版、公表されました
はやぶさ映画がイッパイあるようで・・・
探査機はやぶさ、映画化決定!




テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/371-7ee206e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。