TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ映画20世紀フォックス版、公表されました

===映画.com ニュース===
7年間、60億キロもの飛行から見事帰還した小惑星探査機「はやぶさ」を、
竹内結子主演でハリウッドメジャーの20世紀フォックスが映画化することが
わかった。タイトルは「はやぶさ/HAYABUSA」で、「20世紀少年」シリー
ズの堤幸彦監督がメガホンをとる。すでに東映、松竹が「はやぶさ」の映画
化を発表しており、同じ題材で3本の映画が同時期に製作・公開されるのは、
前代未聞だ。

「タイタニック」「アバタ―」などを手掛けた20世紀フォックス。プロジェ
クトの7年間にわたる挑戦と苦闘の日々を、事実に基づき壮大なスケールで
描き、世界配給も視野に入れての映画化を決定したという。
(後略)
==================================
小惑星探査機「はやぶさ」、竹内結子主演で20世紀フォックスも映画化
http://eiga.com/news/20110429/2/



===スポーツ報知===
(略)
2003年5月に打ち上げられた「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」のサン
プルを採取、10年6月に帰還するまでの7年間を、宇宙科学研究所(現・
宇宙航空研究開発機構=JAXA)の職員たちの視点で描く。主演の竹内が
演じるのは実験助手、広報担当、カメラ班のメンバーと3つの役割で奮闘す
るヒロイン。また、西田敏行(63)が上司役で共演する。

フォックスは08年に「ハリウッド以外からも新しい映画の企画を募って製
作する」という目的で「インターナショナル・プロダクションズ」を新設。
同部門の第1号作品となる。企画は井上潔プロデューサーが昨年の帰還で話
題になる前から温めてきたもので、JAXAもスタッフの取材に応じるなど
協力。東日本大震災の影響で製作が危ぶまれたが、堤監督のメガホンのもと、
今月13日から撮影を開始した。「はやぶさ」のカプセルが着陸した豪・ウ
ーメラ砂漠など海外でも撮影を行い、5月下旬のクランクアップを予定して
いる。
(後略)
==================================
竹内結子でハリウッドが「はやぶさ」映画化…惑星探査機で世界進出
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110429-OHT1T00025.htm




20世紀フォックスの「はやぶさ映画」が正式に制作発表されました。

先日、当ブログで「はやぶさ映画がイッパイあるようで・・・」という記事
をUPしましたが、そこで予想した20世紀fox版=堤監督、はやはり当たって
いました。公開は夏はさすがに無理だったようで、10/1を予定しているとの
こと。

主演の竹内結子は「研究スタッフ兼広報要員」ということで、特定出来る実
在の人物ではないようです。記事では竹内結子・西田敏行の名前がキャスト
として上がっていましたが、他にも佐野史郎が出演しているとネット上での
情報がありました。

さあ、どんな出来になるのか、楽しみです。


hayabusa_p1.jpg



【当サイト内の関連過去記事】
はやぶさ映画がイッパイあるようで・・・
探査機はやぶさ、映画化決定!



テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/360-2f9bb7ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。