TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ JIN -仁- 完結編 第1話

'11,4,17 放送  TBSテレビ系列

TBS開局60周年記念番組「JIN-仁-」 第1話 感想
「時空を超えた愛と命の物語~完結編始動!! 歴史の針が今、再び動き出す…
 人は人でしか救えない 」
 
待望のドラマ「JIN-仁-」の続編がスタートしました。第1期が好評であり、
公開前から世界各国での放映が決まったのも異例なことです。

JIN:続編が海外80カ国放送決定 龍馬、西郷を世界へ発信:毎日jp
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20110413mog00m200001000c.html


放映前からハードルが高くなっていた「JIN-仁-」の完結編、第1話は2時間
5分スペシャルでしたが、長さを感じさせること無く、堪能出来ました。
脚本、演出、演技、どれもハイレベルでしたね。

平均視聴率23.7%(ビデオリサーチ調べ・関東版)を記録し、2009年の第1
期の初回視聴率16.5%を上回る好スタート。多くの方が期待していた様です。

ざっと第1話のあらすじ。

・咲の母、栄が脚気に。咲は勘当されており帰れない
・仁、ビタミンBを取れる菓子「道名津(ドーナツ)」を考案
・栄に食べてもらう為、喜市に届けてもらう
・龍馬が仁を訪問、京へ重傷の佐久間象山を救いに行くことに
・京では長州藩が武装蜂起しようとしていた(禁門の変)
・象山、仁とは逆に未来に行った者、だった。仁にメッセージ残し死亡
・薩摩勢が長州を一掃、長州の屋敷に火が放たれ、京は火の海に
・久坂玄瑞、失意の自害。龍馬にメッセージを残す
・民衆の手当を行う仁たち。ある長州藩士を手当
・新選組が仁を連れ去る。薩摩の西郷を診察しろと。
・西郷は虫垂炎、仁は手術を行い西郷を救う
・被災者がいる臨時診療所に戻るが、ペニシリンも底をつき、死者多数
・死者を見送るのみの仁、無力感
・江戸に戻った仁、栄のもとへ急ぐ
・栄、喜市の説得で道名津を食し、脚気は治っていた。
・栄、仁に感謝し、咲を励ます
・仁、象山の持っていた小袋を開けると中には平成22年の十円玉が



まー色々と盛り沢山な展開でした。スタッフもキャストも力が入っているな
と感じさせる内容。今年の大河ドラマよりよっぽど時代劇してます(笑)。

主役の仁(大沢たかお)・咲(綾瀬はるか)は変わらずの安定感。内野龍馬も素晴
らしい。ちょっと老けてるのを除けば(笑)、個人的に龍馬のイメージ通り。

脇役も魅力的でした。佐久間象山を演じる市村正親はさすが。あれだけの出
演なのが勿体ないぐらい。クセのある象山先生を見事に演じていました。

病床の栄かあさんも実際に減量したのでしょうか、病人にしか見えないやつ
れよう。あっぱれな武家の母親ぶりでした。

久坂玄瑞の林泰文もがんばってました。大林宣彦監督作品で常連の子役でし
たが、彼もすっかり成長して悲運の壮士を演じ切りました。
「尊藩(土佐藩)も弊藩(長州藩)も滅亡しても大義なれば苦しからず」と
史実でも武市宛の手紙に記し、龍馬に預けたと言われています。龍馬の脱藩
に大きく影響を与えた人物であり、惜しまれる早すぎた死でした。


今回、一番印象に残ったのは藤本隆宏演じる西郷隆盛。感じ出てたなー。
NHK「坂の上の雲」にて広瀬中佐を魅力的に演じたことは記憶に新しいです
が、この西郷さんも実に魅力的。この役の為に体重増やしたそうで、カゴマ
弁のイントネーションも、配下の藩士とともに鹿児島人も納得では。
100%鹿児島弁では他地域の人は分かりませんからね(笑)。ドラマの鹿児島
弁としては文句なしのレベルだと思います(昔、井上ひさし原作のドラマで
鹿児島弁を字幕付きでNHKがやってましたが(笑))。

子役の喜市も変わらず達者。「もう見送るのはやだよ」のシーンは多くの方
の涙腺を緩ませたのではないでしょうか。いいシーンでした。


今、このドラマを観ている視聴者は、大震災をそれぞれの立場で体験し、目
撃した人たちです。京の町で多くの被災者が苦しんでいる光景は放映するに
あたり、勇気がいったかも知れません。私も現実を思い起こして、ちょっと
観ていて辛くなりました。
ですが、今だからこそ、あのシーンも必要だったとも考えられます。

「神は乗り越えられる試練しか与えない」
第1期から繰り返し語られたこのセリフも、東日本大震災の後では更に強い
メッセージになった様に感じました。

絶望、無力感、運命を呪う。
でも、前に進まなきゃならない。
今の状況をより良くしなきゃならない。

これは試練。乗り越えられるんだ。

前進するには、そう信じないと・・・


龍馬の言葉に胸が熱くなりました。
「死んでいった者らに報いる方法は一つしかないち。
   もっぺん生まれてきたい、そう思える国にすることじゃき」

今こそこのメッセージが多くの日本人に必要な時です。
多くの人の心に響いたのではないでしょうか。



もう第2話が待ち遠しいです。十円玉の謎も解明されるのでしょうか?
薩長同盟の伏線もバッチリ張られました。
来週は皇女和宮が登場。さてどーなる?



【 JIN-仁- 第2期(完結編)キャスト 】

南方仁:大沢たかお…脳外科医。幕末の江戸にタイムスリップする。
橘咲:綾瀬はるか…恭太郎の妹。仁のもとで看護婦として医療を手伝う。
坂本龍馬:内野聖陽…土佐の脱藩浪人。仁の親友となる。

友永未来:中谷美紀(特別出演)…仁の婚約者。仁の手術で昏睡状態になる
野風:中谷美紀(二役・特別出演)…元・吉原の花魁。今は横浜で手習いの塾を。
橘恭太郎:小出恵介…仁に命を救われた侍。勝の元で働いている。
橘栄:麻生祐未…咲と恭太郎の母。武家の誇りを重んじる厳格な女性。
佐分利祐輔;桐谷健太…華岡流の麻酔術を学んだ若き医師。仁の片腕となる。
山田純庵:田口浩正…西洋医学所の医師。仁友堂にてペニシリン製造を担当。
福田玄孝:佐藤二朗…もと医学館の医師。胃を仁が手術した縁で仁友堂の一員に。
八木:斉木テツ…仁友堂の一員。
横松:中江大樹…仁友堂の一員。
多紀元琰:相島一之…医学館の奥医師。仁の存在を危険視している。
勝海舟:小日向文世…龍馬・恭太郎の師。仁の医術に深く興味を抱く。
佐久間象山:市村正親…蘭学者。自他ともに認める天才思想家。勝海舟の義弟。
西郷吉之助:藤本隆宏…薩摩藩士。禁門の変の指揮を執った際、仁の診察を受ける。
東修介:佐藤隆太…長州藩士。龍馬・仁に命を助けられ、以後、龍馬の護衛役に。
久坂玄瑞:林泰文…長州藩尊皇攘夷派の中心人物。第1期で龍馬に刺客を送る。
近藤勇:宮沢和史(THE BOOM)…新選組の局長。
茜:橋本真実…黒豆いなりを売っている茶屋の娘。大やけどを仁が治療した。
喜市:伊澤柾樹…母の怪我を仁が治して以来、仁と交流のある少年。

(第2話以降の出演)
松本良順:奥田達士…西洋医学所頭取助。亡き緒方洪庵の遺志を継ぎ、仁に協力。
浜口儀兵衛:石丸謙二郎…醤油醸造業を営む実業家。仁をバックアップする。
新門辰五郎:中村敦夫…町火消。浅草十番組「を組」の頭。
澤村田之助:吉沢悠…美貌の女形として人気の歌舞伎役者。仁のよき理解者。
皇女和宮:黒川智花…孝明天皇の妹。14代将軍・徳川家茂に嫁ぐ。
中岡慎太郎:市川亀治郎…土佐藩出身の志士。龍馬と共に薩長の和解に奔走する。


【スタッフ】
原作:村上もとか『JIN-仁-』(集英社「スーパージャンプ」)
プロデュース:石丸彰彦、中井芳彦
脚本:森下佳子
演出:平川雄一朗(第1話担当)、山室大輔、那須田淳
音楽:高見優、長岡成貴
時代考証:山田順子
制作著作:TBS
=========================

JIN-仁-(完結編) 第2話へ →




テーマ:JIN-仁- - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/355-ba7ef63b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペニシリン 抽出方法

----[PR]--------------------------------------------------なんかこれってタダで見れちゃいけないものな気が(汗)ネットを使って稼ぐ方法が→ 流出?------------------------------------------------[PR]------TATEVISION ドラマ JIN -仁- 完結編 第1話 西郷は虫...

  • 2011/04/19(火) 05:44:17 |
  • 芸能界のあれこれ情報!時事ネタ盛りだくさん

佐久間象山 吉田松陰

TATEVISION ドラマ JIN -仁- 完結編 第1話 咲は勘当されており帰れない・仁、ビタミンBを取れる菓子「道名津(ドーナツ)」を考案・栄に食べてもらう為、喜市に届けてもらう・龍馬が仁を訪問、京へ重傷の佐久間象山を救いに行くことに・京では長州藩が武装蜂起しようと

  • 2011/04/19(火) 12:06:45 |
  • トレンドニュース速報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。