TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災していない私たちに出来ること

今回の震災では全く被害の無かった、ここ大阪でも町の話題はやはり地震、
津波、原発のことが殆ど。
で、会話の流れで出てくることが多いのが「何か出来ることないかなあ」。
みんな、やはりただテレビを観ているだけでいいのだろうか、と歯痒い思い
があるようです。

私は、皆それぞれの立場、職務で出来ることをする。各自の日常生活を粛々
とこなしていくしかないだろうと思っています。

残念ながらプロではない私たちに、被災地という特殊な状況において役立て
ることなどそうありません。

阪神大震災の時にも、訓練を受けていない、中途半端なアマチュアが被災地
にボランティアとして行っても、迷惑になるだけな場合が多かったと聞いて
います。
通常生活の社会で、老人ホームの慰問や町内を掃除するのとは訳が違います。


今、被災地に様々なエネルギーを注入しなくてはいけない。
それには、被災しなかった地域がいつも通り平和で安定した社会であること
が一番です。自衛隊・警察・消防が全国から応援に向かい、奮闘されていま
す。各地の自治体職員や被災地に営業所、工場がある会社の社員でも応援に
向かう方がおられるでしょう。
そんな方々が安心して出発できるよう、こちらは日常を維持しておく。

震災直後、初期の混乱時にはプロにまかせ、どうしてもボランティアがした
い、お見舞いに行きたい人はもっと落ち着いてから行く。
それでいいと思います。

先の記事で、私は祈ることしか出来ない、と書きました。
被災された方々に哀悼の意を抱き、救助に奮闘されている方々に敬意の念を
持つ。その上で、日常を維持する。
不必要な買いだめはしない。
デマ、噂、流言飛語を流す側に廻らない。

さらにもう一歩、というなら、募金、献血。

間違っても千羽鶴や古着を送ろうとは思わないように。
阪神大震災で見聞きしましたが、これらはゴミでしかありません。
ゴミを処理する人員・費用が余計に増えるだけ、復興の邪魔です。


あと、日常を維持する、という点で付け加えるなら、必要以上な自粛も避け
るべきだと思います。
ツタヤの東京某店がツイッターで「テレビは地震ばっかりでつまらない、そ
んなあなた、ご来店お待ちしています!」とつぶやき、顰蹙をかって炎上し
たそうで。
これは仕方がないでしょう。不特定多数の人が見るネット上でこんなことを
書いちゃあね。
でも、阪神大震災の時にも、大喪の礼の時にもレンタルビデオ店が大盛況で
あったのは事実。誰もが心の中では思ったのでは?。またレンタルビデオが
流行るだろうな、と。

気心の知れた友人・知人と地震をネタにした少々ブラックなユーモアを話す
ことだってあるでしょう(ネットで書いちゃダメだけど。)
日常には笑いも娯楽も必要です。

テレビもお笑い番組、スポーツ中継、アニメ番組が、もう直に放映できるよ
うになるでしょう。被災された方々にこそ、必要だとも言えます。

社会人のマナー、としての自粛・配慮は必要。
でも、必要以上に非日常を継続させる威圧的な自粛ムードは避けるべきでは
ないでしょうか。



テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/343-3cee1841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。