TATEVISION

tateの観た映像、読んだ本、思った事、、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任侠ヘルパー スペシャル

'11,1,9放映 フジテレビ系列

ドラマ「任侠ヘルパー スペシャル」感想
「任侠ヘルパー」待望のスペシャル版での新作です。
「任侠ヘルパー」は、介護という現代日本社会にとってリアルでデリケート
な題材を、ヤクザがヘルパーになって働く、という予想外のファンタジーな
設定でコーティング。扱いにくい、重くなりがちな内容も正面から描いた人
気連続ドラマでした。

録画してたのを観ましたが、充分に満足出来るものでした。脚本的には正直
今イチな印象はありましたが、それも連ドラ版と比較してのことで、その他
のドラマを思えば水準以上の出来だったのではないでしょうか。
若干、駆け足な展開だったのが今イチに思えてしまったところ。2時間強の
時間枠では致し方ないかな。

また、りこと二本橋の自作自演のあれ、二人の連ドラ版でのキャラを考える
とどうもしっくりこない。あんなことするキャラじゃ無かったと思うのです
がねえ。


脚本にはそんな注文も付けたいところですが、出演者は皆いい感じ。
何より、草なぎクンの彦一をまた観ることが出来たのが嬉しいですね。本当
に彼は達者です。彦一の荒々しさと優しさを見事に演じています。空想での
乱闘シーンも凄い迫力。クライマックスの殴り込みも映像で見せて欲しかっ
た。あれはあえて見せなかったのでしょうけど。「死にに来たんだ」の台詞
に回し蹴り。カッコ良すぎです。

その、殴り込みにいく直前タイヨウでのシーン。見ていてゾクゾクワクワク
にこちらの気持ちも盛り上がり高ぶる見せ場でした。耐えていた己の思いと
肉体を解き放つ彦一。タイヨウのユニフォームを脱ぎ捨て、続く五郎。他の
仲間も決意の表情で後に続く。昭和の東映ヤクザ映画を思わせる高揚感です。
ヤクザという職業は絶対否定すべきものなんですが、こういう状況での「男」
を魅せるにはもってこいなんですねえ。


しかし。
彦一は晶を失い、死のうとしても死ねず。彼は手に入れたいモノを手に入れ
られないさだめなのかも知れません。それでも、彦一は今後もきっと、懸命
にあがき、もがき、あきらめないでしょう。何かを得る為に。

「皆な小せぇんだよ。けどよ、なんとか必死になって生きていくしかねえだ
 ろ…。大事なもん失ってもよ、生きてくしかねぇだろ…。極道だろ、あき
 らめんなよ!」
 
名セリフです。


ラストのバス停シーンもしんみりとさせるいいシーンでした。バスに乗った
彦一、「じゃあな、涼太!」と別れを告げます。
子ども店長に「涼太」と名前を呼んだのはおそらく初めてじゃないでしょう
か?今まで「おい」「クソガキ」としか呼んでなかったはず。初めて名前を
呼ぶことによって、一人の男と認めたからしっかりやれよ、という彦一なり
のエールだったのだと思います。


さて、旅立った彦一ですが、気になるのは続編があるのかどうか。鷲津組と
の決着もついていないし。

連ドラなら文句無しですが、スペシャル版パート2でもいいから是非やって
欲しいですね。映画にして一儲け・・・なんていうのは考えないでね。

危機に陥ったタイヨウ。連絡をうけた彦一はタイヨウを救う為に帰ってくる
・・・
なんか「ストリート・オブ・ファイヤー」みたい(笑)。
いや、昔からそういう感じでヒーローが登場するパターンは多いですし。
そんな古典的ヒーローものの展開もあり得る終わらせ方でしたもんね。また
彦一の活躍をいつか観ることが出来る、そう願っています。



【任侠ヘルパーSP キャスト】

翼 彦一:草なぎ剛 …元隼会翼興業・組長。
四方木(よもぎ) りこ:黒木メイサ …隼会四方木連合・組長。
鷹山三樹矢:薮宏太(Hey! Say! JUMP) …隼会構成員。源助の息子。
二本橋賢吾:宇梶剛士 …隼会二本橋興業・組長。
和泉零次:山本裕典 …介護福祉士。実は隼会構成員でタイヨウ閉鎖後は組に戻る。
黒沢五郎:五十嵐隼士 …元隼会構成員。今は介護の仕事に就いている。
六車雅人:夕輝壽太 …元隼会構成員。介護ビジネスの会社を立ち上げた。
鷹山源助:松平健(特別出演) …隼会9代目会長。鷹山組組長。

羽鳥 晶:夏川結衣  …若年性アルツハイマーになり、進行する病と闘っている。
日野弥生:中別府葵 …元・晶の秘書。「六車ケアマネジメント」勤務。
堀井皐月:安田美沙子 …元・晶の秘書。今は晶の世話をしている
羽鳥涼太:加藤清史郎 …晶の息子。 

園崎康弘:大杉漣 …老人介護施設「タイヨウ」オーナー。
美空晴菜:仲里依紗 …ヘルパー。今は五郎と交際している模様。
松原浩美:橘ユキコ …ベテランヘルパー
大島陽介:山田親太朗 …「タイヨウ」勤務
古賀健介:高木万平 …「タイヨウ」勤務。双子の弟
古賀康介:高木心平 …「タイヨウ」勤務。双子の兄
戸川由香:甲斐まり恵 …「タイヨウ」勤務
野村愛子 :三浦まゆ 「タイヨウ」勤務

久米武雄:田中哲司 …四方木連合若頭
  :山田明郷 …鷲津組幹部
  
米長さなえ:ミムラ …「タイヨウ」に協力するケースワーカー。
樽川 潤:北村有起哉 …「樽川コーポレーション」社長。元ヤクザ。
ミク:高橋真唯 …電話サービスのアルバイトをしていた女性。
立花浩平:ベンガル …電話サービス利用者。新生タイヨウに入所する。
竹村医師:岩松了 …晶の主治医。
  :沼田爆 …米長と同じ商店街に店を構える、ラーメン屋の常連。
米長敏夫:北村総一朗 …さなえの父。ラーメン屋店主。彦一の大家。

【スタッフ】
脚本:古家和尚、池上純哉
プロデュース:牧野 正
演出:西谷 弘



←任侠ヘルパー 最終回へ |



テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

こんにちは。

りこと二本橋の行動ですが、私は逆に痛いほどリアルだなぁ、と思って見ていました。連ドラ版では、2人とも研修に適応するのが早かったので、そんな2人だからこそ、現在の隼会の状況にも「適応してしまった」のだと思って。

彦一が涼太の名前を呼んだのは初めてですね。晶の初めての「彦一さん」と合わせて胸に来ました。

  • 2011/01/12(水) 18:45:49 |
  • URL |
  • 双子星 #ANU1TDp6
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

双子星 様 初めまして、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 状況にも「適応してしまった」
うん、なるほど。わかります。そういう解釈もありえますね。否定しません。
私の印象・イメージ・解釈が正しいと言い切るつもりは全くありませんし、
むしろ、こうして自分の考えと違う解釈を知ることが出来て嬉しいです。
こんなブログもやってた甲斐があるってもんです(笑)。

ただ、私の印象では、あの自作自演は「姑息」に見えたんですね。
連ドラ版で研修生活を体験した二人がああいうことするだろうか、と。
鷹山が皆をタイヨウへ研修に送った理由ははっきりとは提示されませんでしたが、
彼らに「任侠道」を見つめ直す機会を与えるためだった、と私は解釈しています。
理想の任侠道を見つける試練を終えた二人が、ああいう小細工、策を弄するような
ことをしては、何の為の試練だったのか、と思うのです。
鷹山は理想とする任侠道を貫き通す為なら、組が潰れることも厭わないようです。
その域まで、あの二人はまだ達してない。ということじゃないでしょうか。
以上、私の考えです。

双子星さんの考えも充分に納得出来ます。コメント頂いたことに感謝します。

  • 2011/01/13(木) 01:12:51 |
  • URL |
  • tate #7EGgl1.w
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tatevision.blog34.fc2.com/tb.php/332-2615238f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。